« December 2006 | Main | February 2007 »

2007.01.27

Google SketchUp事始め その2

 珍しく忙しい1週間でGoogle SketchUpについては進展なし。ネットで頼んだ解説本も届かず。おーい、どーなってんだあ。以前注文した時は代金を振り込んで即配達されたのに。今回代引きにしたのが間違いだった?こんなとこで愚痴っても仕方ないんだけどね。

 前回Google SketchUpについて書いたら、友人にもう少し詳しく教えてと言われた。私と同様に以前から3Dモデリングに興味があったらしい。でも何から始めていいか分からなかったとのこと。そーだよなあ、この分野で超有名なShadeとか敷居が高いもん。その点Google SketchUpは他のソフトと比べて操作が直感的だし、無料だから挫折しても痛くも痒くもない。まあ挫折することを前提にするのもなんなのだが.......

まずソフトのダウンロード。Mac版もあり。
  http://sketchup.google.com/download.html

インストールの前に、事前に有償版であるSketchUp Proのサイトのビデオ・チュートリアルを一通り見ることをお勧めします。
  http://www.sketchupjapan.com/video1.php

またプラグインの入手先などこちらのサイトも大変参考になります。
  http://www.geocities.jp/detoni2303/index.htm

 インストールは別に問題はなし。インストール後、最初に起動すると下記のウィンドウが開きます。上の[Default View]は[Top View]に、下の[Default Units]は[Metric Millimeters]に設定してウィンドウを閉じます。この設定画面は最初の起動時だけです。次にメイン画面のメニューバーの[View]→[Toolbar]で[Getting Started][Standard][View]の3つにチェックを入れます。逆に[Large Bottuns]のチェックを外した方が画面を広く使えます。以上の設定はお好みで。慣れたら後から変更することもできますので。

Defaultsettings

 下記がGoogle SketctUpの操作画面です。実にシンプル!しかも日本語なし!でも恐れてはいけません。では手始めに[Rectangle](四角形)ツールを選択して四角形を描いてみましょう。適当な場所をクリック。そのまま任意の場所までドラッグすると四角形ができます。この時右下の入力ボックスに四角形の大きさがミリ単位で表示されます。次の操作に移る前に半角で3000,2000と入力しエンターを押下して、ヨコ3000mm、タテ2000mmの四角形にすることもできます。その状態で[View]ツールを次々とクリックすると、視点が変わりこのウィンドウが3D空間であることが分かります。またマウスの中央(ホイール)ボタンを回すと視点位置が近くなったり遠くなったりします。さらに同じマウスの中央ボタンを押さえたままマウスを上下左右に動かすと視点位置がクルクルと変わり、今描いた四角形を下から覗くこともできます。これだけでも感動モンの3Dです。

Googlesketctup1_1

 今日はここまで。次回簡単な3Dモデルに挑戦します。

Google SketchUp事始め その4
Google SketchUp事始め その3
Google SketchUp事始め

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.01.19

Google SketchUp事始め

 今年の目標!
   「Google SketchUpとRubyの習得」 と、今年最初の記事で宣言した。

 まずはGoogle SketchUpである。Google SketchUpはGoogleが提供する無料の3Dモデリングソフト。小さい頃から飽きっぽく、しかもすぐやる気を失う性格だ。有言実行。即行動ってことでソフトをダウンロードし、インストールした。(ダウンロードはこちらから) ここまでは全くノープロブレン。日本語だと順風満帆。ところがこのGoogle SketchUpは英語版の上、解説本がほとんどない。ソフトの設定の段階でつまずいてしまった。無料なのだからGoogleに文句も言えない。いきなり出だしで挫折か?と思いきや、Googleが何の前触れもなくGoogle SketchUpをバージョンアップ。そのバージョンアップ版を再インストールしたら、アララ、不明だった設定がいとも簡単にできてしまった。今年のオイラはラッキー・ガイか。ラッキー・ガイといえば、映画カサブランカで賭場で夫の窮地を救われた若妻が、ボギーに「ありがとう」と言う。するとボギーがカウンターに肘をついたまま「He's Just Lucky Guy」と名セリフを吐くのだった。たぶん。真偽のほどは別にしてそれはまた別の話。
 やる気ががぜん出てきたのである。いくつかのサイトで情報を収集し、見様見真似(決してサル真似ではない)で作ったのが下の家の3Dモデル。屋根の部分はちと苦労したが、拍子抜けするくらい簡単に出来た!オイラ天才?と勘違いさせるほどインターフェースがエクセレントだ。日本語だと、良く出来ました!二重マル。いや花マルだ。

3Dなのでグルグル廻していろんな角度から眺められる。影も自動でつけられる。それにさすがGoogle。自分で作った3DモデルをGoogle Earth上の好きな場所に置ける。やり方が分からずまだ試していないので、「らしい」。そのうち銀座に置いて遊んでみよう。
House_1

 ちなみにSketchUpには完全に日本語に対応した有償版(72,500円)があって、そのサイトのビデオ・チュートリアルが一番ためになった。
  http://www.sketchupjapan.com/video1.php
また下記サイトも大変参考になりました。感謝。
  http://www.geocities.jp/detoni2303/index.htm

さてと、次は何に挑戦しようかな。

Google SketchUp事始め その4
Google SketchUp事始め その3
Google SketchUp事始め その2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.14

GPSで絵を描く3

 地図上にGPS(Global Posisioning System)で絵を描くことを趣味としている人たちがいる。ハンディGPSを持って自転車や歩いて移動して、その移動履歴(ログ)を地図上に表示すると絵が浮かびあがるというもの。そりゃ面白そうだということで試したことがある。最初が男の人の頭部で、次が幼児が描いたUFO。そして今回が3回目の挑戦である。正月でお目出度いものをということで、地図をヨコにしたりナナメにしたりして今年の干支イノシシを探すが見当たらず。その代わりといちゃなんだが、やっと見つけたのが下の図。今回はGoogle Earth上に表示しました。何に見えます?

Ge_kingyo

 そうです。金魚!しかも左手で描いた金魚。線が震えてる。これは爆弾低気圧が接近した前日で北風がビュービュー吹いてヨタヨタ歩いたため。そんなわけないか。
 久しぶり登場のGPS付きのPDA(Personal Digital Assitant)Mio168RSを持って歩くこと2時間50分。総距離約9.8km。距離の割に時間がかかっているのは、地図を見ながら歩いたことと北風のせいにしとこ。

 さてMio168RSでGoogle Earth上に絵を描く方法だが、まず絵の元になる移動履歴(ログ)を取る。しかしMio168RSの標準の移動履歴(ログ)では絵が描けない。絵を描くためにはGPSの一般的な移動履歴(ログ)ファイルであるNMEA(National Marine Electronics Assosiation 全米船舶電子機器協会)ファイルで移動履歴を取る必要がある。それにはMio168RSの隠しコマンド?を表示する。「メニュー」から「システム」⇒「設定」とタップして設定画面の下記の部分を数回(6回?)タップすると、右に「NMEA」と隠しコマンド?が表示される。その左にチェックを入れる。これでMio168RSでもNMEA形式で移動履歴(ログ)がSDカードに保存される。
Nmea

 準備はOK。出発だ。昼時だったのでおいしそーなパン屋に寄り、東武練馬駅前の伊勢屋では天むすを買う。伊勢屋といえば吉祥寺の伊勢屋が有名だけど、各地で見る。チェーン店かな?まあいろんなお店のひやかしも散歩の楽しみのひとつ。そんなで3時間近くもかかったわけだが、終わってバッテリーを見ると残り14%の表示。3時間が限度かも。
 次は移動履歴(ログ)ファイルをPCに移し、GPSBabel(ダウンロードはこちら)というフリーのGPS関係のファイルコンバータソフトを使ってNMEA形式からGoogle Earth形式のKMLファイルに変換する。この時「Input format」は「NMEA」に「Output format」は「Keyhole Markup Language」を指定する。(下図) またGPSBabelは英語のソフトなのでファイルの格納フォルダやファイル名には日本語は使えないので注意のこと。
Gpsbabel

 そうやって出来た拡張子がkmlのファイルをダブルクリックすると、Google Earthが自動的に起動して絵が徐々に表示される。感動モンである。

次は何を描こうかな。請うご期待。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.08

ダイヤモンド富士 in 成増3

 我家からのダイヤモンド富士だった6日は先の記事のように爆弾低気圧のため雨で見られず。雨男の本領発揮?翌日は爆弾低気圧が北海道沖に抜けて朝からいい天気。平地では雨だったのが、山間部では雪になったらしく丹沢や奥多摩の山々も雪景色。周りは晴れているものの富士山には雲がまとわりついていて珍しい雲富士になっていた。天気予報でもこれからいい天気が続くらしい。楽しみにしていると、まあこんなもんだよ。人間万事塞翁が丙午。これって青島だあ~。

翌日7日のダイヤモンド富士。1日でこれだけズレる。
_diafuji0107_07
*上の黒い線は電線です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.01.06

ダイヤモンド富士 in 成増2

 今日は我家からのダイヤモンド富士の日だった。前回(12月6日)はウィークデイで連合いに撮影を頼んだのだった。今日は土曜日、ずっと楽しみにしていた。週間予報では土曜日の天気もまあまあ。デジタル1眼レフカメラのレンズを磨き、バッテリーも充電バッチリ。準備万端。でも数日前の天気予報から土曜日は曇りに変わった。ついに昨日の予報では低気圧が発達して激しい雨になるという。おいおい。でも夕方には雨も上がるらしい。かすかな期待。
 朝遅く起きると雨が降っている。連れ合いには「ヨッ、雨男!」なんて言われる。なんてことを。でも夕方には上がることを期待して待機。しかし昼を過ぎても雨脚は強くなるばかり。♪神様お願いだ~♪ショーケンばりにまた跪いた。そしてその結果がこれ↓
Diafuji1
な~んてね。
結局ダイヤモンド富士の時間までには雨は上がらず。皮肉なことにその1時間後に雨は上がった。肝心な時には外れる天気予報がこんな時に限ってバッチリ。バカヤロー。
上記の画像はくやしいので、3D地図ナビゲータのカシミール3Dでシュミレートした1月6日16時27分30秒の我家からの富士山。こんな景色が見られるはずだった。

これがダイヤ富士の時間の我家からの富士山方面。雨、あめ、アメ。
Diafuji2

明日はきっときれいな夕焼けなんだろうな。世の中そんなもんだ。フン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.04

謹賀新年2007

 正月も三が日を過ぎてなんだか、これを言っておかないと始まらない。
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

Happynewyear2007

 干支の猪でコラージュしたのだが、どう見てもブタだなあ。ブタといえば、
    月夜のブタは恥ずかしい ずんぐり影が映ってる
    ガニマタ足で坂を降り 夜空を見上げりゃ あっ、星ふたつ
    ぷっぷ~~
の「ミドリブタ」の林美雄さんを思い出す。受験勉強をしながら?雑音の混じる(鹿児島で聞いていた)林さんのTBSの深夜放送を聴いていた。ブタ型湯たんぽブーブーちゃんでおなじみの下落合本舗提供の「苦労多かるローカルニュース」は傑作だった。30年以上前の話である。その林さんも亡くなって何年経つんだろう。時の経つのは早い。

 時の経つのは早いと自覚しているのであるが、毎年毎年何もしないまま過してしまう。Selfporaitまあ人並みに元旦に何かを宣言するのだが、最近モノ忘れがひどく3ヶ月もするところっと忘れてしまう。したがって年末に後悔や反省するなんてのもない。ちっちゃい頃からの性格だからどうしようもない。我ながらいい性格である。♪こ~んなオイラに誰がした~♪ 
 でもなあ先は間違いなく短い。何かしなきゃと人並みに思うのである。でもこのままじゃいつもと同じ結果になる。絶対間違いない!請けおっていい。自分で言うのだから間違いない。そこで、ここで宣言することにした。そーすればいくら何でもな私だって自覚するだろう。たぶん。

  「今年はGoogleSketchUpとRubyを習得するぞ!おーっ!」

言ってしまった。
GoogleSketchUpとはGoogleが無料で提供する3Dソフトである。3Dで動画を作りたいというのがパソコンを始めた時からの夢である。その第1歩となるか。Rubyは日本人が開発して世界的に使われているスクリプト言語。GoogleSketchUpで作成したものを「動かす」のに使うようだ。「ようだ」というのは、まだ良く分かっていないのである。大丈夫か?キミ。さてどーなることやら。ぼちぼち紹介していこうと思う。請うご期待。

いいかげんな性格が顔に出てる?カワイク描き過ぎたな。やっぱり自分には甘い!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »