« 拓郎ツアー2006秋 | Main | ALPSLAB route »

2006.11.26

エリック・クラプトン2006

 エリック・クラプトン、スティーヴィー・ワンダー、吉田拓郎。何の関連もない3人だが好きなのである。コンサートはほとんど行っている。10日の拓郎に続き23日はクラプトンの武道館コンサートに行って来た。拓郎の時はほとんどが中高年だったが、こちらは若者も多く幅広い年代に愛されていることが分かる。ここがフォークの”プリンス"とギターの”神様”の違いか。プリンスは年取ると.....神様はいつまでも神様だもんなあ。今回は3年ぶり17回目のジャパンツアーとのこと。佐川急便presentsだって。
いっぱいチッケト配ったんだろうなあ佐川さん。
Ericclapton1

 今回も拓郎の時と同じ東ウィングの2階席。ほとんど同じ席だった。ステージはかなり遠い。でも今日は前回忘れた双眼鏡を持って来た。Ericclapton2開演時間の17時を10分ほど過ぎてクラプトン登場。スニーカー、濃紺のジーンズに黒いシャツ。一時長かった髪も短く刈り込んである。縁なしメガネに無精ひげ。ラフな格好だがそれがまたカッコイイ!今回のツアーはお馴染みのネイサン・イースト(b)、スティーヴ・ガッド(ds)などのメンバーを一新。若いギタリスト2人を従えたトリプル・ギター編成だ。
 事前の朝日新聞の記事などでは昔の曲はあまり演らないとのことだった。最初の3曲はン? 2曲目の曲はどこかで聴いたような。観客も少し戸惑い気味か。3曲目が終ったとこで初めて「Thank you! ドーモ! Good Evining!」神様の声は短いのだ。4曲目のイントロでウォーッという歓声が上がる。「Old Love」である。間奏でアゴを上げ、背伸びしながら頭を振る独特のギタープレイ。「スローハンド」健在である。続いて「Motherless Childlen」。なーんだ古い曲も演るんだ。ホッ。この後アコースティックタイムになりブルースっぽい曲を数曲。最後に私の大好きな「Running On Faith」。そしてまたバックが全員が戻り、「After Midnight」など数曲を演り、皆さんお待ちかねの「Wonderful Tonght」。会場はウットリ。そして続けて、タラララララ、ラン、「Lyala」である。トリプルギター炸裂。アリーナ席は総立ち。思わず一人立ち上がった私の前のオジサン、周りを見回し恥ずかしかったのか、手拍子するでもなくじっと立ったまま。笑わせていただきました。最後は「Cocaine」とファンサービスもばっちり。神様も下々に気を使っていらっしゃる。「Cocaine」の最後は会場全体で「コカイン!」と叫んで終了。アンコールはクリーム時代の名曲「Crossroads」でした。合計17曲。お喋りも「Thanky you」「ドーモ」「アリガト」ぐらいでギター弾きまくりのあっと言う間の2時間のコンサートだった。今回のコンサートはそれなりには楽しめたのだが、なんだかあっさりした印象を受けた。
 今回の来日は大阪、名古屋、さいたまでも演り、武道館だけでも10公演。年が明けると東南アジア、豪州、ニュージーランドを廻るらしい。神様も結構忙しいのだ。そーいえば、今回で武道館公演が通算70回になり、永チャン・松田聖子に続く3番目とのこと。さすが"神様"である。

 28日(火)は東京ドームでビリー・ジョエルだ!

|

« 拓郎ツアー2006秋 | Main | ALPSLAB route »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/12822051

Listed below are links to weblogs that reference エリック・クラプトン2006:

« 拓郎ツアー2006秋 | Main | ALPSLAB route »