« つま恋2006 その1 | Main | つま恋2006 その3 »

2006.09.29

つま恋2006 その2

 開演予定の13時を少し過ぎて、ステージにかぐや姫の3人と拓郎のバックバンド(拓郎バンドと瀬尾一三さん率いるビッグバンド)の全員が登場。全員が総立ちになり、拍手と歓声の中、拓郎が走って現れる。

Tumakoi05

そして注目のオープニング曲は
01.旧友再会フォーエバーヤング
今回のコンサートのオープニングにぴったり。
拓郎と古川望(G)、島村英二(DR)、エルトン永田(KB)などおなじみの拓郎バンドのみが残り2曲目。
02.ペニーレーンでバーボンを
興奮してて現地では気がつかなかったが、TVで放送できない箇所は録画したビデオを観ると「カヤの外」と歌っていた。
03.海を泳ぐ男
04.ひらひら
♪商売取引うまくゆくのは 本当の話じゃなくて どこかで仕入れた噂話♪
05.淋しき街
06.消えていくもの
07.ともだち
ハーモニカスタンドをつけて。
♪とてつなく広がる夢と自由とが欲しかった あてのない長い道でも 何かしら信じていたのでしょう♪
いわし雲の下で聞く「ともだち」に涙が出そうになる。結構涙線弱いんです。
08.知識
♪言葉をみんな食いあらし 知識のみがまかりとおる♪
今でも通じる詞の内容。
09.生きていなけりゃ
10.イメージの詩
えっ、この時間に「イメージの詩」? 最初にこの歌を聴いた時の感動は忘れられない。

ここで1部終了。
ここ数年の拓郎のコンサートは力みやピリピリした感じがなくなってとても楽しめるのだが、拓郎自身が言ってたように今回もすごいリラックスした感じが伝わってきた。
15分の休憩の後、白いスーツ姿のかぐや姫登場。
かくや姫にそれほど思い入れのない私は次に備えて休息モードに入る。私の隣にいたどー見ても田舎のオバチャンは拓郎の時もすごかったが、かぐや姫もノリノリ。両刀遣いか。それにしても高節のMCは面白い。それと山田パンダさんが結構持ち歌を持っていたことに驚いた。でもパンダさんの歌唱力はこれも大好きなフォークルの北山修センセーと同じくらいか?

拓郎の再登場は17時ちょっと前。大相撲中継のため中継が中断される16時から18時がメインなんだ、そこにいろんなものがあると拓郎が言っていたので期待でわくわく。
11.とんとご無沙汰
珍しい阿木曜子さんの詞。♪とんとご無沙汰 僕の恋心♪Tumakoi04
12.全部抱きしめて
最近のコンサートの定番。いつものフリでみんなで踊る。また曲の途中、巨大な10個ほどの風船が会場に投げ込まれ、オジチャン・オバチャンが無邪気に風船を飛ばしていました。
13.野の仏
この詞に出てくる「高節」は絶対あの高節じゃないなと拓郎。
14.唇かみしめて
広島弁がグッときます。
15.友あり
16.いくつになってもhappy birthday
ここで友達を紹介しますと、ムッシュかまやつ登場。そうなると次の2曲。
17.シンシア
18.我が良き友よ
酒も女もクスリもケンカもみんな教えてくれた最高の友だと拓郎。今日も相変わらず飄々としてかまやつさんカッコ良かった。
19.ファイト
連れ合いに中島みゆきの曲だよねって言われるまで拓郎のオリジナル曲だと思っていた。詞も曲も拓郎節そのもの。勉強不足。言われてみればなあ。
♪ファイト! 闘わないやつらが 闘う君の唄を笑うだろう
 ファイト! 冷たい水の中を 震えながら のぼってゆけ♪ 

ここで3部終了。
30分の休憩。その間トイレに行ったのだが、トイレにたどり着くまで時間がかかり戻ってきた時は、かぐや姫の3人のステージが始まっていた。石川鷹彦さんがゲストで登場。次の拓郎に備え休息モードだった私も「僕のお父さん」だけは参加しましたよ。

拓郎の再々登場はすっかり暗くなった19時20分頃。最近のコンサートと同じビッグバンド編成。これが最後と分かっているので最初から最後までみんな総立ちでした。
20.ああ青春
31年前のオープニング曲でした。
21.虹の魚
大好きな曲です。
♪青春とは時の流れ 激しい流れ 苦しくても息切れても 泳ぐしかない♪
22.この指とまれ
「王様達のハイキング」LIVEを思い出しました。
23.ビートルズが教えてくれた
当時、岡本おさみさんの詞が勇気づけてくれました。
24.言葉
バラードのしっとりした曲。
♪月並みなひと言だけど 他にどうにも言い方がない 静けさのあと驚く君が 時を両手で持て余してる 「愛してる」♪
25.サマータイムブルースが聞こえる
♪ギターケース抱えて歩いたよ♪というフレーズにグッとくると拓郎。
26.人生を語らず
オッチャン・オバチャン全員が拳を振り上げて♪今はまだ人生を語らず♪と大合唱。感動モンでした。
27.永遠の嘘をついてくれ
中島みゆきが拓郎に提供した曲。いきなりサビを拓郎が歌った後、ジーンズに白いシャツ姿の中島みゆきが背筋をピンと伸ばしてゆっくりと登場。すごい拍手が起こる。この曲は昔拓郎のCDで聞いた時はそれほどでもなかったのだが、今回のデュエットはすごかった。背筋がゾクゾクした。中島みゆきは♪好きでもないし嫌いでもない♪だったのだが、今度じっくり聴いてみようかなと思った。
♪傷ついた獣たちは最後の力で牙をむく 放っておいてくれと最後の力で嘘をつく
嘘をつけ永遠のさよならのかわりに やりきれない事実のかわりに
たとえくり返し何故と尋ねても 振り払え風のようにあざやかに
人はみな望む答だけを聞けるまで 尋ね続けてしまうものだから
君よ永遠の嘘をついてくれ いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ 出会わなければよかった人などないと笑ってくれ♪
Tumakoi06
28.外は白い雪の夜
定番曲です。
29.僕達はそうやっていきてきた
30.冷たい雨が降っている
31.春だったね
32.落陽
この2曲で名盤「LIVE'73」の世界へ。絶対に盛り上がります。「落陽」の時、花火が次々と打ち上げられ会場の興奮はクライマックスに。
33.a day
34.今日までそして明日から
定番中の定番。みんなで大合唱。割れんばかりの拍手と絶叫の中、拓郎深々と頭を下げ退場する。

<アンコール>
まず、かぐや姫の「神田川」。
そして拓郎登場。みんなの「もしや『人間なんて』」という微かな期待をかわすようにほとんど知られていない曲が最後の曲でした。まあ♪人間なんて ララ~ララ~ラララッ♪なんて演られたひにゃ、みんな興奮して帰れなくなるもんなあ。この曲でみんな落ち着いてきて「ああ終わったんだ」と実感できたんだと思う。
35.聖なる場所に祝福を
タイトルに拓郎の思いが込められていたんでしょう。

以上、拓郎こん身の35曲でした。

to be continued.

|

« つま恋2006 その1 | Main | つま恋2006 その3 »

Comments

そうそう。
つま恋だけど同級生で行った人居たよ。
詳細は8組に・・・
しっかしなんだな、人のこと笑えないレポじゃん!

Posted by: お米 | 2006.09.29 at 10:38 PM

知ってますよ8組の方。確かfiremanの方ですね。かぐや姫ファンなんですなあ。かぐや姫の時、休息モードだったなんて私怒られそう。ひょっとしたら同級生が他にもいたかもね。
ところで私はお米殿の足・・じゃなくて北山修教授のご講義?レポートを決して、決して笑っておるのではありません。あきれてるだけです。

Posted by: same | 2006.09.29 at 11:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/12063073

Listed below are links to weblogs that reference つま恋2006 その2:

« つま恋2006 その1 | Main | つま恋2006 その3 »