« 歩いて行ける富士山 | Main | M★A★S★H »

2006.08.29

怪談噺 -怪談 乳房榎-

 まだまだ少し蒸し暑いようで、怪談噺をひとつ。
 前回の記事の上赤塚富士があるのは赤塚4丁目の氷川神社。以前にも書いたが大宮が本社の氷川神社は全国にあり、関東では特に荒川流域に多い。何故か?いつか調べたいと思うが、それはまた別の話。Keyaki1近所の氷川神社である。この神社参道が長く、ケヤキや桜の大木が多い。春には桜並木になるとのことで今から楽しみ。でもそれもまた別の話。この参道の入口の近くに樹齢1750年余という榎の大木があり、傍らに「乳房榎(ちぶさえのき)大明神」の碑が立っている。ん?乳房榎?何だか聞いたことがあるぞ。最近は脳細胞の死滅のスピードが早くて物忘れがひどいのである。オッパイにも縁ないし。ん?オッパイ?思い出した。数年前に地図サークルで目白・早稲田界隈を歩いた時に神田川近くの南蔵院というお寺で、「名作怪談乳房榎ゆかりの地」という案内を見た。確か写真も撮ったはず。
 怪談榎乳房は明治の大名人・三遊亭圓朝(以前記事に書いている)が作った噺である。圓朝作の怪談噺にはこの他に「怪談牡丹灯篭」「真景(しんけい)累ケ淵(かさねがふち)」がある。この噺も長い噺で前半と後半に分かれて演じらることが多い。あらすじは、

 江戸の絵師・菱川重信は美人の妻おきせ、赤ん坊の真与太郎と幸せに暮らしていた。Keyaki3重信に高田の南蔵院から天井画の依頼があり、下男の正介と泊りがけで出かける。
 その留守中、おきせに横恋慕していた弟子の磯貝浪江は、従わなければ真与太郎を殺すと脅して無理やり関係を持つ。2度、3度と重なるうちにおきせも浪江に好意を抱くようになり、浪江は重信殺害を決意する。
 南蔵院へ出かけた浪江は、正介を脅して仲間に引き入れる。そして渋る重信をホタル見物に誘い出して、その帰り道で殺害する。南蔵院に戻った正介は重信の亡霊が絵を完成させて落款を入れるのを見て仰天する。
 やがて浪江と再婚したおきせは浪江の子を身ごもる。そうなると真与太郎が邪魔になった浪江は、再び正介を脅して真与太郎殺害を命じる。やむなく正介は真与太郎を滝つぼに落として殺す。すると真与太郎を抱いた重信の亡霊が現れ「今までの罪は許すから真与太郎を育てろ」と命じる。改心した正介はツテを頼って赤塚村の松月院前に真与太郎を連れて隠れ住む。その松月院には乳房の形をした榎の大木があり、その滴は乳代わりになるので乳の出ない母親たちの信心を集めていた。それを聞いた正介はその滴を乳代わりに真与太郎を育てた。
 浪江の子を出産したおきせであったが、乳が出ずにその子死なせてしまう。しかも乳房に腫れ物ができるようになり、また重信の亡霊も現れて狂い死にしてしまう。その葬儀で正介と真与太郎が生きていることを知った浪江は2人を殺害するため松月院に出向く。しかし5才になった真与太郎と正介は重信の亡霊に助けられて浪江を討ち、仇うちを果たす。

 ほら、寒気がしてきたでしょう。えっ、オマエの文章の方がオサムイって。でもね、名人で聞く怪談噺ってほんとコワイんですよ。もう20年以上前に、先代の馬生師匠(志ん朝師匠の実兄で池波志乃さんの父親)で聞いた「真景 累ケ淵」の前半部分「豊志賀の死」の真に迫っていたこと。広い紀伊国屋ホールで背筋がゾクゾクとした。そう言えば最近落語聞きに行っていないなあ。

|

« 歩いて行ける富士山 | Main | M★A★S★H »

Comments

よく覚えてたね〜〜。でも、ってことは菱川師宣(じゃなくて重宣)が殺害されたことは事実なのかな?

まったく関係ありませんが、結構クールなスノーボールをゲットしたよ。楽しみにしててね。

Posted by: 凛々 | 2006.09.04 at 11:56 PM

クールなスノードーム。そりゃ楽しみだ。今スターウォーズものを購入しよーか迷ってる。ちょっと高価なもんで。

Posted by: same | 2006.09.05 at 11:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/11601560

Listed below are links to weblogs that reference 怪談噺 -怪談 乳房榎-:

« 歩いて行ける富士山 | Main | M★A★S★H »