« June 2006 | Main | August 2006 »

2006.07.25

金子常光 鳥瞰図

 腰痛やら風邪引きで体調が悪く、気がついたら3週間も更新してなかった。反省。最低1週間に1度は更新していきますので、これからもよろしく。

古書の街・神田神保町で大正から昭和初期の鹿児島関係の古書5点を購入した。
 「鹿児島市大観」 鹿児島商業会議所 大正15年3月
 「霧島国立公園」 霧島国立公園協会 昭和10年2月
 「鹿児島市土産品案内」 鹿児島観光協会
 「史と景の国 鹿児島」 鹿児島観光協会
 「皇紀二千六百年 鹿児島」 鹿児島市観光課
〆て12000円也。このうち「鹿児島市大観」と「霧島国立公園」は金子常光(かねこつねみつ)の鳥瞰図入りである。

金子常光は、以前記事に書いた「大正の広重」こと吉田初三郎の弟子だった人で、初三郎が設立した大正名所図絵社で働いていた。しかし大正11年に同社の番頭格だった人物が離反して設立した日本名所図絵社に他の弟子と共に移った。これに初三郎は立腹したようで翌年出した自叙伝の表紙は桃太郎が正義と書かれた扇を持った図柄で、離反した弟子たちを成敗する意味を込めたようだ。まあ多くの弟子を抜かれた上に、そっくりな名前の会社を作られたんじゃ初三郎ならずとも怒るわな。大正名所図絵社も日本名所図絵社も観光ポスター制作会社で、大正から昭和初期の鉄道の隆盛や観光ブームに乗って多くの鳥瞰図を制作した。下の2枚は今回購入した分で日本名所図絵社の金子の作品。

<鹿児島市大観 大正15年 H180mm×W790mm>
Birdeye1
構図的にも色彩的にも平凡。裏面には鹿児島市の名所や電車の路線などの観光案内。

<霧島国立公園 昭和10年 H145mm×W450mm>
Birdeye0
前年に我が国初の国立公園に瀬戸内海・雲仙とともに霧島が指定されたのを受けて制作されたものであろうか?
折り畳むと封筒になり、裏面は通信欄と写真入りの霧島の観光名所多数。鳥瞰図は同じ作者の作品とは思えないほど大胆なデフォルメ、色彩的にもメリハリが利いている。師匠の初三郎に勝るとも劣らない?


| | TrackBack (1)

2006.07.04

六月灯

 鹿児島のローカル紙・南日本新聞のサイトで、今年も「六月灯」が始まったとの記事を見た。六月灯(鹿児島弁ではロッガッドウ)は鹿児島県や宮崎県南部(都城など)で旧暦の6月に行われる夏祭りである。薩摩藩19代藩主・島津光久公が上山寺新照院に観音堂を造立し、たくさんの灯篭を寄進したのが始まりとのこと。やがて民間でも無病息災や五穀豊穣を祈願して各地の神社で灯篭を飾るようになったらしい。

 夏の夕暮れが濃くなり、いろとりどりの絵が描かれた灯篭に火が灯されると、家族や友達と連れ立って人が集まってくる。闇に浮かぶたくさんの灯篭が幻想的。金魚すくい、お面売り、綿菓子などの屋台では浴衣姿の子供達の歓声があがる。黄色や赤色や緑色に染めたヒヨコも売っていたなあ。夏の間毎日のようにどこかの神社でやっているので、鹿児島県人にとっては馴染みのお祭である。最大のものは鹿児島市の照国(てるくに)神社のお祭で、30万人もの人出があるらしい。でも記憶にあるのは地元の神社のこじんまりとしたお祭の方である。鹿児島を離れて30年ほど、高校時代に行ったのが最後か。いつかもう一度行ってみたいお祭である。

中高生の頃、女の子と行きたかった。でもいつもヤローとばっかり。悲しき青春。
Photo_1

手抜きで去年描いたイラストを使用。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »