« アジサイ | Main | 六月灯 »

2006.06.27

オズの魔法使い

 先日NHKのBSで、途中からであったが映画「オズの魔法使い」を観た。最初に観たのはいつだったか。高校生のころか。CG全盛の今の映画から比べると、特撮はしょぼいし、キャラクターの造形も何だか学芸会ぽい。でもついつい何度も観てしまう。ストーリーや登場人物の面白さ、カラーの美しさ、そしてジュディ・ガーランドが歌う「Over The Rainbow(虹の彼方に)」の素晴らしさ。

 カンザスの田舎町に住む夢見る少女ドロシー(ジュディ・ガーランド)は、Overtherainbow_1ある日愛犬のトート共に竜巻に吹き飛ばされてオズの国に着く。そこで会った脳ミソのないかかし男、心のないブリキ男そして弱虫ライオンと力を合わせて家に帰ろうとする。数々の冒険の後、やっと家に戻ったドロシーは、「何処か虹の彼方」ではなく、家族や友人のいる「家」こそが幸せの在りかだと気づくのである。映画の最後、ドロシーが歌う「Over The Rainbow」は感動的だ。この歌はアメリカ人にとっては特別なものがあるらしく、AFI(アメリカ映画協会)が選ぶ映画音楽のベストワンに選ばれていた。そういえば、数年前のエリック・クラプトン日本公演のアンコールの最後の曲もこの歌だった。でもクラプトンはイギリス人だな。

 「家」に幸せがあると気づいたドロシーを演じたジュディ・ガーランドだが、「家」に幸せを見つけられなかったのか、5度の結婚の後、薬物依存で47歳の若さで亡くなってしまう。ずっと、ここでない「何処か虹の彼方」を探していたのだろうか?

|

« アジサイ | Main | 六月灯 »

Comments

オズの魔法使いは、アメリカではすごいクラシックだけど、私は本から入った。小学校の5年生ぐらいだろうか、その不思議な世界に魅惑された。

昔のトヨエツの「危険な関係」っていうドラマの主題歌が「over the rainbow」で、話も映像も、かなり「オズの魔法使い」をもじってあった。映画との共通点を探すのが楽しかったよ。

Posted by: 凛々 | 2006.07.05 at 09:04 AM

お供のカカシ男・ティンマン・弱虫ライオンの他にも北の魔女とかイエローブリックロードとかアイテム満載だよね。

Posted by: same | 2006.07.05 at 10:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/10697233

Listed below are links to weblogs that reference オズの魔法使い:

« アジサイ | Main | 六月灯 »