« スパイキャッチャーJ3 | Main | ドクダミ »

2006.06.08

ポピー

 我家の連れ合いは「タダ」に弱いのである。食いホーダイ、取りホーダイ、お持ち帰り自由なんてのも好きなようである。タダほど高いものはないと内心思っているが口には出さない。北にコスモス摘み取り自由ありと聞くと群馬県まで連れて行けと言う。ガソリン代の方が高くつくと思うが口には出さぬ。どこで情報を仕入れるのか知らないが、蛇の道はヘビなんだろう。

 先週も荒川の河川敷でポピーが摘み取り自由だというので行ってきた。__1ボーナスも近いことだし、ここは言うことを聞いておいた方が得策だろう。この時期、埼玉県の鴻巣市がやっている「ポピー・ハッピー・フェスティバル」というのがあって、フェスティバルの終了後にポピーが摘み取り自由になるらしい。いい話である。ただこのフェスティバルの目的が「不当産業廃棄物防止」ってのがちょいと悲しい。会場の河川敷は見事なまでに赤やピンクや白のポピーで埋めつくされていた。駐車場もあり、タダに引き寄せられた人々、じゃなくて花を愛する人々が次々とやって来る。雲雀も鳴いてなかなかいい感じである。私にすればどれも同じに見えるが、連れ合いはあれを選びこれを選びでなかなか時間がかかるのである。ところで私は花の名前に疎いのだが、ポピーは別名ひなげしとも虞美人草とも呼ばれるとのこと。ってことはアグネス・チャンは「♪オッカの上ポピーの花が~♪」と歌い、夏目漱石は「ポピー」という名の小説を書いていたのか。へぇ~、そーだったんだ。

(無料の)ポピーに囲まれて至福のひと時。
_2
 そんなわけで、我家は台所からトイレまでポピーだらけなのである。丸い緑色の蕾が徐々に二つに割れて、丸めたティッシュペーパーみたいにしわくちゃな花が開いていく様は、まるでサナギが羽化するようで面白い。

場所はココ。今週末はまだ楽しめるかも。

36/2/44.333,139/30/19.067

|

« スパイキャッチャーJ3 | Main | ドクダミ »

Comments

ポピー=アヘン
あのアフガニスタンでも、ティッシュペーパーみたいな花がさいてるのんだろうね。

>ポピーは別名ひなげしとも虞美人草とも呼ばれるとのこと。
初耳。妖しい魅力のある花だよね。

Posted by: 凛々 | 2006.06.09 at 11:50 PM

ケシ科でも日本に咲くポピーからはアヘンは取れないそうです。当たり前か。
ひなげし=ポピーとは恥ずかしながら知らなかった。ところでスペインでは「アマポーラ」フランスでは「コクリコ」だそうです。

Posted by: same | 2006.06.10 at 10:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/10440352

Listed below are links to weblogs that reference ポピー:

« スパイキャッチャーJ3 | Main | ドクダミ »