« DVDレンタル | Main | W-ZERO3でお絵描き »

2006.03.09

リハビリ・ハイク3 雨巻山

 先週末は天気が悪くリハビリハイクに行けず。まあ雨の中を歩くほど根性もないし。ってことで、晴れ上がった5日の日曜日、またまたリハビリハイクに行って来た。継続は力なりと申すそーで。場所は前々回の高館山(302m)と前回の高峯(520m)の丁度中間にある益子町最高峰の雨巻山(あままきさん)。と言っても533mだけど。今回も7時半ころ川口の自宅を出発。常磐道を友部ICで降りて、先々週と同じように笠間市を経由して登山口の駐車場には10時過ぎに着いた。前回は水戸方面へ向かう対向車線はガラガラだったが、今回は車が連なっていた。上々の天気で偕楽園へ梅見か?また心配していた杉花粉の飛散もなく、花粉症の連れ合いも目が少し痒い程度。ハイク続行決定。
 広い登山者用の駐車場には既に10数台の車が留まっていて、団体のバスまである。人気の山のようだ。事前に調べたガイドなどでは駐車場に詳しいイラストマップが置いてあるとのことだったが1枚も無かった。この理由は山頂で知ることになる。
駐車場にあったイラストマップの立て看板。赤字が今回歩いたコース。
amamaki00

 雨巻山は隣の足尾山や三登谷山を廻る縦走コースなど多彩なコースがある。どのコースを行こうか迷っていたのだが、登山口へ出て直ぐ右に三登谷山への分岐があり、そちらに向うことにする。杉(あるいはヒバ?)林の斜面の登山道を登って行く。少し汗が噴出した頃に尾根に出る。尾根に出てからはアップダウンを繰り返す。山頂近くの急斜面を登っていると後ろの方から何やら物音がする。こんな所に熊が出るわけはないしと思っていたら、足元を小さな生き物が走り去っていった。なんと、3匹のダックスフントだ。犬連れの登山者がいるらしい。3匹のワンちゃん、何がうれしいのか私の周りを廻っている。実はワタクシ、犬が苦手である。小さいころに噛まれたとかもない。理由はないが苦手なのだ。それを知っている連れ合いは、棒立ちになっている私を見てニヤニヤ笑っている。やがてご主人様の夫婦がやって来た。先に行ってもらうことにする。丁度いい休憩時間である。日差しは暖かくて歩いていると汗ばんでくる。着ていた薄手のフリースを脱ぎ、シャツ1枚になった。少し休んでから山頂に向かう。三登谷山の山頂は狭いがベンチが置いてあり、葉の落ちた木々の間からは益子の町並みやこれから登る雨巻山も見えていて、休息にはもってこいの場所である。でも先ほどの犬連れ夫婦がいて休まず通過。山頂を過ぎて直ぐにこの日一番の展望の開けた場所があった。ここにもベンチが置いてあったのでティータイムにする。
左:短い足で結構早かったダックスフント 右:こんな大きな犬を連れた人も
amamaki01

 後はアップダウンを繰り返しながら、よく整備された登山道を歩く。この日はすれ違う登山者も多かった。下からは真岡鉄道の蒸気機関車の汽笛や12時のサイレンが聞こえ、いかにも里山の風情である。雨巻山の手前には大きな岩場があり、その岩場を直登する「岩の道」と迂回する「階段の道」があった。元気な頃なら迷わず「岩の道」だが、今は無理しないのである。なんせリハビリだもんね。登山口から約1時間半で山頂に着いた。
左:三登谷山からの雨巻山 右:「岩の道」と「階段の道」の分岐付近
amamaki03

 広い山頂は展望は効かないものの、いくつかベンチが置いてあり、家族連れなどの登山者が思い思いにランチの最中だった。我家も空いたベンチに座り、いつものキャベツ入り「サッポロ一番みそラーメン」を用意していたら、ご夫婦の登山者に「あら、高峯の!」と声を掛けられた。前回の高峯で、歩き足りなくて隣の山まで歩こうとして引き返して来た時に、途中で会ったご夫婦である。奥様がダンナさんに、「ほら、仏頂山から途中で引き返して来た方!」と説明している。ダンナさん「ああ、あの時の」と納得している。「ハハ、どーも」と私。ポリポリ。そんな、みんなに聞こえるよーな大きな声で言わなくても。他にも地元の山の会の方に声を掛けられた。登山道の整備もやっておられるらしい。この方からは登山口にガイドマップが無かった理由を聞かされた。ガイドマップの係りの方の家に一大事があり、それどころではないらしい。早く立ち直ってくださいね。
広々として気持ちのいい雨巻山の山頂。
amamaki04

帰りは山頂から5分という「展望台」に寄り道して行く。この日は天気は良いものの春霞で、見えるという富士山や東京都心どころか近くの筑波山でさえ見えない状態。でも案内板をよーく見たらカッコ書きで「事もある!」と書かれていた。許そう!
展望台からの眺めと誰かがわざわざ訂正した?案内板。
amamaki05

 来た道を少し引き返し、「雨巻山尾根コース」を下山する。杉林の中の尾根を下って行くと、やがて沢音が聞こえてきて30分ほどで林道の終点に着く。ここからは沢沿いに平坦な林道を歩く。20分ほどで駐車場に着いた。

 帰りは下妻市の「ビアスパークしもつま」の温泉(700円)で汗を流し、併設の直売場で野菜などを買って帰った。
 

|

« DVDレンタル | Main | W-ZERO3でお絵描き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/8985911

Listed below are links to weblogs that reference リハビリ・ハイク3 雨巻山:

« DVDレンタル | Main | W-ZERO3でお絵描き »