« February 2006 | Main | April 2006 »

2006.03.31

リハビリ・ハイク5 カタクリ

 すっかり春である。休みの日はじっとしていられないのである。先週の土曜日(25日)は地図サークルの例会で桜もぼちぼち咲きだした赤坂界隈を散策。名前のとおり坂の多い街で、都心にしては古い家並みも残っていた。次の日曜日はカタクリで有名な佐野の三毳山(みかもやま)へ。忙しいのである。
 カタクリが見頃とのことで大混雑が予想される。速攻が肝心。いつものように前夜のうちに自宅を出て、東北道の羽生PAで車内泊。7時起床。レストランで和風朝定食を食す。ご飯のお代わりは自由ですなんて、朝からデブにそんな誘惑するよーなこと言わないで、ウェートレスさん。一膳でガマン。さあお腹一杯になったし出発。8時過ぎに3ケ所ある駐車場で佐野藤岡インターに一番近い南駐車場に着いた。こんな朝早いのに既に何台か駐車している。大型バスからはハイキング客がぞろぞろ降りて来ていた。

 広い駐車場を横切って登山口へ。いきなり長ーい階段が続き、いきなり汗が吹き出る。途中では寒桜が目を楽しませてくれた。鳥居をくぐり最後の石段を上がると三毳神社である。歩き始めて20分ぐらいだがかなりの高度感で、眼下に佐野の街が広がっている。家内安全・肥満解消をお願いして神社の裏手から山頂中継広場に下る。ここにあった地図でカタクリの群生地の場所を確認。少しアップダウンを繰り返し、展望のいいハンググライダー場を過ぎて急な斜面を登ると210mの中岳山頂。なかなか展望はいいが、カタクリに心が急く。Katakuriok2_1
山頂から長い急な階段を降りて行った所がカタクリの群生地の「かたくりの園」。上から見ると山の斜面が薄ピンクに染まっている。下からは東駐車場が近いようで人がぞろぞろと上がってくる。遊歩道の脇の展望台は満杯。私たちもしばらく待って記念撮影。しかし可憐なカタクリは山の斜面にひっそりとある方が風情があるような気がする。こんな大群落だと・・・・。それにカタクリの葉っぱをラーメンに入れて食べるとコリコリして美味しいんだよなと、デブの感想。
 しばらくカタクリを撮影して、また降りて来た階段を登って山道に戻る。昔の関所跡の広場を過ぎ、三毳山の最高のピーク(青竜ヶ岳、最高といっても229m)に向かう。このころからすれ違う人が多くなる。家族連れやツアーの団体などで大混雑である。急で狭い登山道のすれ違いには気を使った。低山の割りには結構なアップダウンがあり、大汗をかいて着いた青竜ヶ岳の山頂は団体で大混雑。休む場所もないので、そのままもうひとつの群生地「かたくりの里」へ向かう。ここがまた長い階段の下りで、いささか疲れたころに群生地に着いた。11時を過ぎたこともあり、ここは先ほどの「かたくりの園」より人が多い。カタクリより人が多いかも、なんて思えるほど遊歩道は人で溢れかえっていた。

朝の通勤電車と同じくらいの混雑だった。
Katakuriok4

また来た道を引き返す気力もなくそのまま下山して、麓の道を駐車場まで引き返したが、各駐車場へ続く道は車で大渋滞していた。途中とちぎ花センターへ寄り、1時間ほどで駐車場に着く。ここも次々と車が入ってくる。それじゃと佐野プレミアム・アウトレットへ向かうが、こちらへ向かう道も大渋滞。あきらめておとなしく帰ってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.26

旅の重さ

 30数年ぶりに高橋洋子主演の映画「旅の重さ」(1972年)を観た。16才の少女が母親(岸田今日子)との葛藤に疲れ、「自分探し」で四国を遍路する話だ。三国連太郎が座長の旅芸人一座との出会いなどで成長していく。監督はショーケンと岸恵子が共演した「約束」や江波杏子主演の「津軽じょんがら節」を撮った斉藤耕一。「約束」はショーケン初主演の映画でテンプターズ解散直後ではなかったか。当時面白く観たのだが、ビデオが無いようでその後一度も観ていない。是非もう一度観てみたい映画であるが、それは別の話。「旅の重さ」である。原作の小説や作者の素九鬼子のデビューのいきさつもミステリアスな話があるのだが、それもまた別の話。
 公開当時、人気絶頂だった吉田拓郎が音楽を担当したことでちょっと話題になったものだ。テーマ曲の拓郎が唄う「今日までそして明日から」より、時おり流れるオーケストラの「恋の唄」の方が効果的。当時受験勉強の真っ最中で、画面に広がる入道雲、風に揺れる青い稲穂、海の見える段々畑、山裾にへばりつくひなびた漁村の石垣など旅への思いを募らせたものだ。それと本筋とは全く関係無いが、彼女が田舎の宿屋の宿帳に蚊取線香を見たあと香取巻子と書くのを覚えていて、今回もニヤリとしてしまった。
tabinoomosa2

 ところで主演の高橋洋子はオーディションで選ばれたはずで、最後まで争ったのが若き秋吉久美子。tabinoomosa1
彼女もこの映画の後半で田舎の文学少女の役でちらりと登場する。この映画では登場したと思ったら、いきなり入水自殺してしまう。その理由も示されない。後に主演する藤田敏八監督の「赤ちょうちん」や「妹」などのエキセントリックな役柄を彷彿させる。そういえば高橋洋子は作家としてデビューして、そのデビュー作を自身で監督した。その後映画やテレビで見かけないが元気なのだろうか。何だか壊れそーな秋吉久美子より丸顔でどこか垢抜けない感じの彼女の方が好きだったのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.21

リハビリ・ハイク4 ざぜん草

 先日の土曜日(18日)、ざぜん草が見頃だというので甲州市(旧塩山市)の小倉山(おぐらやま、955m)に行ってきた。金曜日の夜9時頃に川口の自宅を出発、八王子から中央高速に乗り、11時過ぎに談合坂SAに到着。今夜はここでステップワゴンに久しぶりの車内泊。何故か自宅より車の方がぐっすり眠れる。高いびきだったよーだ。
 翌朝7時起床。天気も良く、既に周囲は車でびっしり。手早く洗顔と簡単な朝食を済ませて、7時半過ぎにはSAを出発。大月辺りでは真っ白な富士山もくっきり。ユンケルなぞ要らぬ。富士山見ただけで元気が出る。相変わらず安上がりなのだ。勝沼ICで高速を降り、国道411号経由で登山口の玉宮ざぜん草公園の駐車場には8時半前に着いた。既に10台近くの車が駐車していた。準備をしていると、おじさんが近づいて来て話しかけてくる。駐車場の入口に陣取った土産物屋のおじさんだった。目にいいよと、盛んに干し山葡萄を勧められる。おじさんを振り切って出発。帰りはどーしよう。

 駐車場から5分程でざぜん草の自生地に着く。杉林の薄暗い湿地で木道やイノシシ避けのロープで保護されている。ZAZEN01
ざぜん草はサトイモ科で、その姿が座禅を組む坊さんに似ていることからその名が付いたとのこと。開花時に30度くらいの熱を出し、周囲の雪を溶かすらしい。さらに発熱時には悪臭を出すとのことだったが、今回はくさい臭いはなかった。こんなに多くのざぜん草を見たのは初めてだったが、咲いてる場所もその姿も華やかさに欠けて結構ジミーな印象。まあ座禅僧だもんなあ。でもそんなジミーなざぜん草だが、こんな早い時間なのにカメラを向けている人が何人かいた。
 ざぜん草の自生地を抜けると直ぐに急勾配の山道になる。少し汗が出た頃に尾根に出る。右が目指す小倉山。なだらかな坂道を進み、山頂直下の急勾配を登ると山頂に着く。駐車場から40分程。山頂には立派な展望台があり、甲州市の街並みの向こうに真っ白な雪を頂く南アルプスが北から南まで勢ぞろいである。日本百名山だけでも、甲斐駒ケ岳・仙丈岳・鳳凰山・北岳・間ノ岳・悪沢岳・赤石岳・聖岳のそうそうたるメンバーである。このうち悪沢岳は以前書いた文京区役所から見える山である。いつまで見ていても見飽きない展望であるが、次々と登山者が登ってきたので、(無い)後ろ髪を引かれる思いで山頂を後にした。
ogurayama01

 しかし、まだ10時前なので上条峠まで歩くことにした。途中木立が切れて富士山がきれいに見える所があったが、天気予報どおりに雲が出てきて富士山を少し隠していた。
ogurayama02

 50分程で峠に着き、峠から駐車場へ下山した。途中にはカタクリ公園?があったが、さすがに1ヶ月は早く影も形もなし。駐車場が見えてくる。観光客で溢れていた。ああ、やっぱりあのおじさんが入口でがんばっている。でもよ-く見ると入口の反対側に小さな階段が付いていて、裏から駐車場に入れる。おじさんに見つからないように小走りで車に駆け寄る。何をコソコソしてんだろう。駐車場から出る時、おじさんと目が合った。おじさんがあっという顔をした。ゴメンね、おじさん。バイバイ。
 帰りは甲州市の日帰り温泉施設(600円)大菩薩の湯の南アルプスが見える露天風呂で汗を流して帰ってきた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.03.15

W-ZERO3でお絵描き

 昨年末に購入したウィルコムのスマートフォンW-ZERO3を大変重宝している。(記事はこちら)スマートフォンとは情報端末と携帯電話が合体したもので、PDA(Pesonal Digital Assistant)としても使えるし、もちろんPHS携帯電話としても使える。私の契約は「ネット25」(月25時間以内なら固定料金のデータ通信専用の契約)なので、別途料金がかかる携帯電話(音声)は緊急用にしか使っていない。普段は出先でのメールチェックやネット閲覧に使っている。簡単なネットでの調べものやメールチェックならPHSのデータ通信でもそんなにストレスは感じない。さらにW-ZERO3は無線LANも内蔵しているので、都内ではライブドアの無線LANサービスを利用している。こちらは以前記事に書いているが、月額が525円でJR山手線の内側ならかなりの場所で高速な無線LANでネット接続できる。でもなあ契約した途端、ホリエモンさん捕まっちゃうし。とても便利なんだけど、これからどーなることやら。今朝USENがライブドア支援というニュースが流れていた。頼みますよUSENさん。

 スケジュール、住所録、日記、備忘録なども便利に使用している。それまで使っていたGPS付きのPDAマイタックジャパンのMio168RSは全くカーナビ専用となってしまった。他にも様々なソフトをインストールしている。その中に「幻彩2」というフリーのお絵描きソフトがある。最初のPDA東芝のGenio-eから使っていて、通勤時や喫茶店(最近はカフェと呼ぶのか?)でちょこちょこと暇つぶしにイタズラ書きを楽しんでいた。(イタズラ書きはこちら) W-ZERO3の特徴に、今までのPDAや携帯の4倍の大きさのVGA(480×640)の大画面がある。「幻彩2」の有償版がVGAに対応していると知り、早速ネットから購入(税込み1575円)してインストールした。もともとフリー版もレイヤーを備えるなど優秀なソフトであるが、有償版はJpegの対応、アンドゥ(1回だけ)の対応などますます便利になった。ただVGA版はメニューがめちゃくちゃ小さくて、老眼の我が目にはツライものがあるのだが。

 以前よりも増して、空き時間を利用してイタズラ書き楽しむことが多くなった。「幻彩2」で大体を描いて、パソコンのPhoto Shop Elements(Photo Shopが欲しいよー)で仕上げるというパターンである。まだ全ての機能を使い切っていないのだが、それでもかなりのことができてしまんですよ、これが。

先日歩いた雨巻山のスナップ。人物は力入ってますが、背景は手抜き。
amamaki

My Little Home Town 彩色がイマイチ。
bou

「幻彩2」の作者、ねふぁさんに感謝

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.09

リハビリ・ハイク3 雨巻山

 先週末は天気が悪くリハビリハイクに行けず。まあ雨の中を歩くほど根性もないし。ってことで、晴れ上がった5日の日曜日、またまたリハビリハイクに行って来た。継続は力なりと申すそーで。場所は前々回の高館山(302m)と前回の高峯(520m)の丁度中間にある益子町最高峰の雨巻山(あままきさん)。と言っても533mだけど。今回も7時半ころ川口の自宅を出発。常磐道を友部ICで降りて、先々週と同じように笠間市を経由して登山口の駐車場には10時過ぎに着いた。前回は水戸方面へ向かう対向車線はガラガラだったが、今回は車が連なっていた。上々の天気で偕楽園へ梅見か?また心配していた杉花粉の飛散もなく、花粉症の連れ合いも目が少し痒い程度。ハイク続行決定。
 広い登山者用の駐車場には既に10数台の車が留まっていて、団体のバスまである。人気の山のようだ。事前に調べたガイドなどでは駐車場に詳しいイラストマップが置いてあるとのことだったが1枚も無かった。この理由は山頂で知ることになる。
駐車場にあったイラストマップの立て看板。赤字が今回歩いたコース。
amamaki00

 雨巻山は隣の足尾山や三登谷山を廻る縦走コースなど多彩なコースがある。どのコースを行こうか迷っていたのだが、登山口へ出て直ぐ右に三登谷山への分岐があり、そちらに向うことにする。杉(あるいはヒバ?)林の斜面の登山道を登って行く。少し汗が噴出した頃に尾根に出る。尾根に出てからはアップダウンを繰り返す。山頂近くの急斜面を登っていると後ろの方から何やら物音がする。こんな所に熊が出るわけはないしと思っていたら、足元を小さな生き物が走り去っていった。なんと、3匹のダックスフントだ。犬連れの登山者がいるらしい。3匹のワンちゃん、何がうれしいのか私の周りを廻っている。実はワタクシ、犬が苦手である。小さいころに噛まれたとかもない。理由はないが苦手なのだ。それを知っている連れ合いは、棒立ちになっている私を見てニヤニヤ笑っている。やがてご主人様の夫婦がやって来た。先に行ってもらうことにする。丁度いい休憩時間である。日差しは暖かくて歩いていると汗ばんでくる。着ていた薄手のフリースを脱ぎ、シャツ1枚になった。少し休んでから山頂に向かう。三登谷山の山頂は狭いがベンチが置いてあり、葉の落ちた木々の間からは益子の町並みやこれから登る雨巻山も見えていて、休息にはもってこいの場所である。でも先ほどの犬連れ夫婦がいて休まず通過。山頂を過ぎて直ぐにこの日一番の展望の開けた場所があった。ここにもベンチが置いてあったのでティータイムにする。
左:短い足で結構早かったダックスフント 右:こんな大きな犬を連れた人も
amamaki01

 後はアップダウンを繰り返しながら、よく整備された登山道を歩く。この日はすれ違う登山者も多かった。下からは真岡鉄道の蒸気機関車の汽笛や12時のサイレンが聞こえ、いかにも里山の風情である。雨巻山の手前には大きな岩場があり、その岩場を直登する「岩の道」と迂回する「階段の道」があった。元気な頃なら迷わず「岩の道」だが、今は無理しないのである。なんせリハビリだもんね。登山口から約1時間半で山頂に着いた。
左:三登谷山からの雨巻山 右:「岩の道」と「階段の道」の分岐付近
amamaki03

 広い山頂は展望は効かないものの、いくつかベンチが置いてあり、家族連れなどの登山者が思い思いにランチの最中だった。我家も空いたベンチに座り、いつものキャベツ入り「サッポロ一番みそラーメン」を用意していたら、ご夫婦の登山者に「あら、高峯の!」と声を掛けられた。前回の高峯で、歩き足りなくて隣の山まで歩こうとして引き返して来た時に、途中で会ったご夫婦である。奥様がダンナさんに、「ほら、仏頂山から途中で引き返して来た方!」と説明している。ダンナさん「ああ、あの時の」と納得している。「ハハ、どーも」と私。ポリポリ。そんな、みんなに聞こえるよーな大きな声で言わなくても。他にも地元の山の会の方に声を掛けられた。登山道の整備もやっておられるらしい。この方からは登山口にガイドマップが無かった理由を聞かされた。ガイドマップの係りの方の家に一大事があり、それどころではないらしい。早く立ち直ってくださいね。
広々として気持ちのいい雨巻山の山頂。
amamaki04

帰りは山頂から5分という「展望台」に寄り道して行く。この日は天気は良いものの春霞で、見えるという富士山や東京都心どころか近くの筑波山でさえ見えない状態。でも案内板をよーく見たらカッコ書きで「事もある!」と書かれていた。許そう!
展望台からの眺めと誰かがわざわざ訂正した?案内板。
amamaki05

 来た道を少し引き返し、「雨巻山尾根コース」を下山する。杉林の中の尾根を下って行くと、やがて沢音が聞こえてきて30分ほどで林道の終点に着く。ここからは沢沿いに平坦な林道を歩く。20分ほどで駐車場に着いた。

 帰りは下妻市の「ビアスパークしもつま」の温泉(700円)で汗を流し、併設の直売場で野菜などを買って帰った。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.02

DVDレンタル

 昔から映画が好きだった。高校や大学の頃は名画座に入り浸りだった。ジャンルなんかあったものじゃない。薄暗い映画館のションベン臭い固い椅子の上でもちっとも苦にならなかった。映画を観ていれば幸せだった。でも最近は映画館で観ることが少なくなった。小難しい映画やただただハデなだけの映画は疲れるし、愛だの恋だのの映画はこっ恥ずかしい。まあ、オジさんになって億劫になっただけなんだろうけど。

 でもたまに観たい映画がある。そんな時は駅前のTUYAYAにDVDを借りに行く。でも新しい映画はレンタル中が多いし、古い映画は見つけるのが大変。だんだんと足が遠のくのである。そんな時、たまたま雑誌でDMMという会社の広告を見て早速会員登録した。いわゆるネット上のレンタル屋さんである。借りたいDVDやCDをサイトで検索して申込むと2日ほどでヤマトのメール便で自宅に届けられる。
 左が送ってきた状態。右が返却時、左の枠の部分を切取ると切手を貼った宛名が現れるので、返却するDVDを入れてポストに投函するだけ。
DVD_rental1

 何日借りていてもいい。延滞料金は発生しない。ただし返却しない限り次のDVDが借りられないという仕組みである。料金は固定の月額1980円。借りても借りなくてもこの値段である。借りたいDVD・CDをウィッシュリストに50タイトルまで順番をつけて登録できる。ここに登録しておくと、借りていたDVDの返却が確認されると、当日あるいは翌日にウィッシュリストの順番にまたDVD・CDが届けられる。なお1回に届けられるDVD・CDは2タイトルである。
 ウィッシュリスト。上の2件が現在レンタル中のDVD。下に借りたいDVDを最大50件まで登録できる。思い出した時に直ぐに登録できるので便利。順番は自由に変えられる。ただDVDが貸出し中だと[在庫状況]が[借りにくい]なっている。下の例でDVDが返却されると、3番目の「ワイルドシングス」と5番目の「間違えられた男 特別編」が送られてくることになる。
DVD_rental2

 私の場合、週末に観て月曜の出勤途中にポストに投函。火曜日に返却確認と次の発送のメールが届く。大体は木曜日には自宅に届くので、また週末に観て月曜に投函というパターンである。発送と返却が1週間のサイクルなので1ヵ月だと約4回。1回で2タイトル送られてくるので、1ヵ月で約8タイトルのDVDを観る勘定になる。まあ月額1980円は安いと思うけど。どうなんだろう。でもずっと観たいと思っていた「タカダワタル的」や大学時代に観て気になっていたジーン・ハックマンとメラニー・グリフィス共演の「ナイトムーブス」。それに「サンダーバード劇場版」(数年前の実写版ではなくマリオネット版)が観られたのだからOK!ってことにしよう。


| | Comments (6) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »