« 陶器の町の里山ハイク | Main | DVDレンタル »

2006.02.23

リハビリ・ハイク2

 里山ハイク、1回きりじゃ何のためにもならない。なにせリハビリなのである。ということで先週に続き、19日もリハビリ・ハイクにお出かけ。場所は前回と近い栃木県の高峯。標高520mの山。前回より200mも高い。徐々にステップアップなのである。高けりゃいいというもんじゃないけど。

 朝起きると曇り空。雨は大丈夫そうなので、7時半ころ川口の自宅を出発。今回は常磐道三郷ICから友部JC経由で、益子と同じ陶器の町として有名な笠間市を抜けて、10時過ぎに登山口に到着。
登山口からいきなり階段と滑りやすい坂道の急登が続く。
takamine01

 20分ほどでベンチのある尾根道にはい上がる。ベンチで小休止していると、いきなり家族連れのマウンテンバイクの集団が現れびっくり。「歩いてきたんですか?」と聞かれ、「はい、そーです」 「それじゃ」と言って去って行った。ンン?普通歩いてくんだよ。
尾根道が栃木と茨城の県境になっている。ふらついて栃木と茨城を行ったり来たり。
takamine02

 40分ほどでパラグライダー場に着く。ここは芝生の広場になっていて、南側の展望が抜群。正面には筑波山と加波山が大きく見えていた。すれ違ったご夫婦の話によると晴れた日には富士山や浅間山がきれいとのこと。うーん、是非見てみたい。
takamine03

 パラグライダー場の裏手に林道が伸びていて、丁度パラグライダーやマウンテンバイクの企画会社の車が到着して、多くのお客さんが降りてきた。歩いてこい!
takamine04

 パラグライダー場から少し登り返すと山頂に着く。北側が少し開けているが展望はあまりよくない。登山口からここまで約50分。山頂の案内板の前で記念撮影をして、ベンチでティータイム。地図好きにはうれしい二等三角点もあった。少し歩き足りないので隣の仏頂山(431m)まで歩くことにする。山頂からは急な階段と坂道の連続。いったん峠に降り、登り返すらしい。途中で会ったご夫婦に「片道1時間くらいですよ」と励まされ、下る下る。このころから日が差し始め、汗が吹き出る。帰りを考えるとだんだんと憂鬱になる。途中で下の町から12時のサイレンの音が聞こえる。まだ道は下り一方。「そーだリハビリだったんだ。無理をしちゃいかん」と気づき、引き返すことにする。
 今度は登る登る。途中の平坦な場所で安心したのか、すれ違ったオジさんに気を取られたのか、滑ってスッテンコロリン。オジさんは笑うは、連れ合いはカメラの方を心配するは。し、失礼な!
takamine05

 よれよれで山頂に戻り着くと、先ほど励ましてくれたご夫婦がいらっしゃった。「あら、早いわね」「はあ、途中で引き返して来ました。ポリポリ」 カッコわりーぃ。
 気を取り直して、気持ちのいいパラグライダー場でランチタイム。いつものキャベツ入り「サッポロ一番みそラーメン」である。おいしいのであるが、リハビリにゃいいんかいな?
takamine06

下山は滑りやすい急坂に気を使いながらも20分で登山口着。パンツが真っ黒に汚れたが、換えのパンツを持って来てない。仕方ないので、車内泊の時にパジャマ代わりに使っているおじさんジャージにはき代える。これじゃカッコ悪くて温泉にも行けない。真直ぐ帰ることにする。そこで帰りの地図を見ていたら、筑波山の近くに富士山(152m)という地名があるのを発見。富士山好きとしては遠回りになるがこりゃ行かねばならぬ。
ウーン、富士山??
takamine07

 少し疲れていたのか、道の駅「しもつま」でひと眠りして帰ってきた。

|

« 陶器の町の里山ハイク | Main | DVDレンタル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/8790063

Listed below are links to weblogs that reference リハビリ・ハイク2:

« 陶器の町の里山ハイク | Main | DVDレンタル »