« December 2005 | Main | February 2006 »

2006.01.28

文京区役所からの山岳展望

 このところ関東は冬晴れ続きである。朝の通勤時の京浜東北線が荒川を渡る電車の中からも連日富士山を望むことができる。それだけでなんだか元気がでる。相変わらず安上がりにできているのである。この時期、山座同定(さんざどうてい)好きには格好の季節なのだ。特に今年は格別である。毎日仕事場から富士山や男体山が見えている。仕事の疲れもとれる。そんな気がする。たぶん。

 さて今の仕事場の近くに文京区役所(シビックセンター)がある。ここの25階が無料の展望ラウンジになっていて、都内屈指の山岳展望の場所になっている。休日の良く晴れた夕方など富士山を狙うカメラマンでごったがえしている。特にここでのダイヤモンド富士の日などは殺気だったムードが流れている。何だか嫌な感じ。楽しくやりましょうよ。
 富士山だけではなく、南は箱根の山から丹沢、御坂山塊、雲取山などの奥多摩の山、大菩薩の山、武甲山などの秩父の山、浅間山、草津白根山、榛名山、赤城山、武尊山、日光白根山、男体山、東の筑波山までの大パノラマが広がる。年末年始が休館になるくらいで、開館時間も9時から20時30分までと長い。土日が休館となる公共施設が多い中で、エライぞ!文京区。以下はそのシビックセンターから見える山のほんの一部である。

新宿高層ビル群越しの富士山。左に丹沢の山と、落語「大山詣り」で有名な大山。
civiccenter00

なんと約150km離れた南アルプス南部の悪沢岳(3141m)や小赤石岳(3081m)も。
civivcenter01

浅間山と池袋サンシャインビル。
civiccenter03

いつも堂々の男体山。
civiccenter04

箱根の山もこのとおり。
civiccenter05

他にスキー場で有名な苗場山も見えるそうだが、私はまだ見たことがない。まだまだ冬晴れの日が続きそうだ。お楽しみはまだまだこれからかも?なのである。

| | TrackBack (0)

2006.01.21

エリザベス・シュー

 友人の薦めで「ハイド・アンド・シーク(2005年)」を観た。ロバート・デ・ニーロとダコタ・ファニング親娘のコワ~イお話。多少ツッコミたい箇所はあるが面白く観た。デ・ニーロは「恐怖の岬(1962年)」のリメーク、「ケープ・フィアー(1991年)」でも怖かったが、こちらも怖い。さてこの映画にエリザベス・シューが出ていた。貫禄のデ・ニーロと相変わらず達者なダコタ・ファニングに挟まれて、タジタジである。

邦題は「暗闇のかくれんぼ」 何じゃそれ。
elisabeth

 初めて意識したのはテレビで「パルメット(1998年 日本未公開)」を観た時。「ブリキの太鼓(1979年)」の監督フォルカー・シュレンドルのアメリカ初監督作品。無実の罪が晴れ刑務所から釈放された元新聞記者の男が、金持ちの娘の誘拐事件に巻き込まれ、次第に追い詰められていくサスペンス映画である。映画自体は途中でネタばれのような気がしないでもないが、エリザベス・シューは悪女役でチョー色っぽいのである。露出度は決して多くないが、「氷の微笑(1992年)」のシャロン・ストーンばりなのである。そーいえばテレビ放映時の邦題は「魔性の女...」云々だったよーな。
 次に観たのは、ケヴィン・ベーコンが透明人間になって凶暴に暴れまくる「インビジブル(2000年)」の科学者役だった。この手の映画は好きなので面白く観たのだが、エリザベス・シューは「あれ?」だった。科学者役といえば、ヴァル・キルマーがハイテクを駆使する怪盗役の「セイント(1997年)」(この手の映画も大好き!)でも科学者役だった。けどこちらも印象が薄い。男、いやワタクシはやっぱり「魔性の女」がお好きなよーで。

 うかつにも、エリザベス・シューは「ベスト・キッド(1984年)」や「バック・トゥ・ザ・フューチャー2(1989年)-3(1990年)」にも主人公の恋人役で出ているのを見逃していた。やっぱ「魔性の女」でなきゃ印象薄いか?
 うかつといえば、メグ・ライアンが「ベストフレンズ(1981)」(好きだったジャクリーン・ビセットが出てる)や「インナー・スペース(1987年)」(この手の映画も好き)に出ているのも見逃していた。「トップガン(1986年)(ケリー・マクギリスが出てるので観た)にも出てるらしいけど、どんな役だったのだろう?

| | TrackBack (0)

2006.01.14

W-ZERO3が来た その2

 W-ZERO3の第2弾。昨年買ったPDA、マイタックジャパンのMio168RSはGPS機能は大満足なのだが、通信環境がなっかった。そこで人気のあるSHARPのPDA、ザウルス+手持ちのCF型通信カードを考えていた矢先にW-ZERO3が発売された。で、早速飛びついてしまったのである。

 W-ZERO3には標準で2つの通信手段が標準で付いている。ひとつはPHSで、音声通話とデータ通信が利用できる。購入時にネット接続以外の設定は済んでいるので、買ってすぐ携帯電話として使える。データ通信については、最初に「オンラインサインアップ」というアイコンをタップ(PCのクリックと同じ)するだけで、自動でウィルコム経由のネット接続の設定をしてくれる。同時にウィルコム用のメールアドレスも貰える。簡単である。ただ私の契約している接続プラン「ネット25」でこのまま使うと、使っただけパケット通信代がかかってしまう。そこで「ネット25」用にウィルコムを経由しない、自分が契約しているプロバイダー経由のネット接続の設定をする必要がある。面倒ではあるがそれ程難しい作業ではない。さて私が契約している「ネット25」だが、データ通信専用の接続プランで25時間以内の利用なら定額のプランである。私の場合は長期割引など複数の割引を利用して月額4000円弱である。高いよーな気もするし、安いよーな気もするし.....

 もうひとつの通信手段が無線LANである。以前記事に書いたライブドアの公衆無線LANサービスに加入しているので、仕事場のすぐ近くにある無線スポットを利用してインターネットに接続している。やっぱりPHSより早い。自宅でも使いたい。だが自宅ではバッファローの機器で無線LANを構築しているのだが、W-ZERO3はバッファローの「AOSS」という設定支援機能に対応していない。自宅の無線LANを「AOSS」利用しない設定に変えればいいのだが、複数のPC、プリンター、DVDレコーダーなど全部の設定を変えるのは面倒だし、安全面でも不安が残る。でも自宅でわざわざW-ZERO3でネット接続する必要もないか。残念だが許してやろう。

<2006-02-12追記>
 W-ZERO3がAOSSに対応してないため、自宅での無線LAN接続をあきらめていた。しかし、たまたまAOSSの暗号化キーの1行目(26文字)を、[ネットワークキー]に入力したら、あら不思議。いとも簡単に接続できた。これで自宅でも無線LAN接続でネットを楽しめる。

 メールは、ウィルコム端末同士専用の「ライトメール」、上に書いたオンラインサインアップで取得できる「ウィルコムメール」、そしてPCと同じOutLookメールの3つが利用できる。「ウィルコムメール」はOutLookメールと同じ機能で、しかも携帯と同じように自動着信機能や自動切断機能があるのだが、「ネット25」では別途料金がかかってしまう。しかもメルアドをみんなに再通知しなきゃいけない。ということでOutLookメールを使っている。

 ブラウザは内蔵されている「Internet Explorer Mobile」とOPERA software社のサイトからダウンロードできる「Opera Mobile for Willcom W-ZERO3」が利用できる。下の写真からも分かるようにOperaの方が高機能なのだが、その分マシンパワーを必要とするようで読込に若干時間がかかる。さらに理由は分からないがこのブログを表示しようとすると必ず途中で固まってしまう。掲示板やShockWaveのせいか。

左:Internet Explorer Mobile 右:Opera 同じサイトを表示、機能の差は歴然
W_ZERO01

 無線LANは場所を選ぶが、PHSは電車の移動中だろうと結構田舎だろうと通じてしまう。どこでもメールチェックやインターネット閲覧ができる。メールチェックならPHSでも充分な速さである。しかもワード、エクセル、パワーポイントの閲覧・編集(機能限定)ができ、PDFやMP3なども利用できる。手放せなくなってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.07

W-ZERO3が来た その1

 以前記事に書いたウィルコム(メーカーはシャープ)のW-ZERO3(ダブリューゼロスリー)をゲットした。12月14日発売で少し迷っていたのだが、どうしても欲しくなったのだ。ボーナスの小遣いも貰えたことだし.. ただ発売早々人気で品薄の状態。ヨドバシアキバに行くと予約がかなり入っていて、手に入るのは1ヶ月以上先になるとのこと。有楽町のビックカメラでも同様の状況。しかし店員さんの「でも予約していただかないと....」の一言に「そりゃそーだ」と、17日の夕方予約した。
 同時にアスキーの解説本も購入してワクワクして待っていたら、1週間もしない22日の昼携帯に品物が入荷しましたとの留守電が入っていた。オイオイ「年内は無理」って言わなかったか。iPodの時もそーだったぞ。でも悪いことじゃないのでそんなことはおくびにも出さず、翌日早速受取りに。W-ZERO3は基本的にはPDA(携帯情報端末)なのだがPHS携帯電話でもある。そのため予約時にも、今まで使っていたCF型のデータ通信カード(こちらは音声通話は不可)からの機種変更手続きなどで携帯売場でかなり待たされたのだが、今回も電話機能の設定などで30分以上待たされた。価格は機種変更で税込み39,800円。かなりお手頃な価格である。同時に外部メモリーとしてPanasonicの512MBのminiSDカード(9480円)も購入。

左:タテ表示 右:キーボードを引出すと画面が自動でヨコ表示になる
W_ZERO3_0

 W-ZERO3はPDA(携帯情報端末)、PHS携帯電話、デジタルカメラ(130万画素)機能を持ついわゆるスマートフォンと呼ばれるデジタルガジェットである。引渡し時にインターネット設定以外の設定がしてあるので買ってすぐ使える。最新のOSであるMicrosoft Windows Mobile5.0を搭載しているがPDAとしては普通のPocketPCである。したがって今までPocketPCを使ったことのある人なら難なく使いこなせる。予定表やメモ、住所録などのデータの移行も簡単である。しかも小さいながらパソコンの配列に近いスライド式のフルキーボードを装備している。このキーボードは結構使いやすくメールやメモの入力時には非常に重宝する。またバックライトが付いているので暗いところでも快適に使える。さらに液晶は3.7型VGA(480×640)で通常のPDAや携帯に比べると4倍の画面で非常に見やすい。
 携帯電話としてはチョッとデカイ。しかも液晶部分が相当の面積を占めるので、脂っこいオジさんとしては耳にあてると顔の脂が液晶にべっとりと付くのである。あまり美しくない。さらに私の場合は料金プランが[ネット25]というデータ通信専用のプランであるため携帯電話(音声通話)として使うと別途料金(10.5円/70秒)がかかる。まあ私は携帯として使う気はないのでいいんだけど。

約2週間使った感想としては、
<Good>
 ①スライド式キーボードの使いやすさ。
 ②画面の見やすさ。ただ昼間の外では最大輝度にしないと見づらい。
 ③標準で単語登録ができること。今までのPDAではできなかった。
<Bad>
 ①スタイラスペンが短い。Mio168RSのような伸縮性のペンがいい。
 ②付属のソフトケースがキツイ。出す時に相当力がいる。
 ③USB、電源アダプターの蓋がちゃちである。

肝心のデータ通信や付属ソフトについては次回で。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.01

A Happy New Year!

 あけましておめでとうございます。

 今年も富士山、地図、デジタルガジェット、映画などなど[お楽しみ]を書いていこうと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 さて今年の第一弾はおめでたい富士山24景です。
fuji24

01・大菩薩峠から 02・八ヶ岳の県界尾根から 03・編笠山(山梨県)から
04・白馬岳(長野県)から 05・横尾山(山梨県)から 06・千畳敷(長野県)から
07・入笠山(長野県)から 08・羽田上空から 09・ほったらかしの湯(山梨県)から
10・塩尻峠(長野県)から 11・精進湖から 12・高ボッチ高原(長野県)から
13・柳沢峠(山梨県)から 14・相模湾上空から 15・文京区役所から
16・文京区役所から 17・美ヶ原から 18・埼玉県川口市から
19・山梨県新府駅付近から 20・埼玉県川口市から 21・神田猿楽町から
22・埼玉県旧庄和町から 23・飯盛山(山梨県)から 24・埼玉県大利根町から

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »