« November 2005 | Main | January 2006 »

2005.12.24

Merry X'mas

 しあわせな人にも、さみしー人にも、Merry X'mas!

MerryXmas2

 彼女は南のK市のK高校2年生。名前は土井米子(どいよねこ) みんなベー子と呼びます。これから時々登場するかもしれません。どーぞよろしく。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.12.18

ロボット

 先月秋葉原で開催された「アキバ・ロボット文化祭2005」という催しものに行ってきた。家庭用から癒し系、玩具まで、各種ロボットの展示・実売のイベントであった。写真左は三菱重工業の「WAKUMARU」(価格は1,575,000円+毎月10,500円)。家庭用ロボットで人間の声に反応し、ちょっとした人間との会話ができる。ただこの日は調子が悪かったらしく、案内の女性の問いかけにトンチンカンな応答をしていた。真ん中はヴイストンの言わずと知れた鉄人28号。身長は38cmで正太郎くんのようにコントローラーで二足歩行はもちろん、パンチ!、「夜のビルの街にガオーッ!」ポーズもできる。でも値段は税込み351,750円。手どころか足も出ない。右はハイテックマルチプレックスジャパンのROBONOVA-I。価格は税込み98,000円でひょっとしたら?買えるかもという値段。もちろん二足歩行OK。でも数ミリの段差でコケルあたりはご愛嬌。いかにもメカ然としていて今回一番興味を覚えたロボットである。

robot

 私の年代でロボットというと、鉄腕アトム・鉄人28号・エイトマンだろう。特にアトムが大好きで、我家はアトムグッズで溢れている。アトムの誕生日は2003年4月7日。既に過ぎてしまったが、二足で時速約6kmで走れる?ようになったホンダのアシモが最先端のロボットである。アトムのような自分で考えて行動するロボットは夢のまた夢。
 アトムといえば最近では「勧善懲悪」として批判されがちである。しかし「人に危害を与えてはならない」「人の命令に従わなければならない」などの有名なロボット三原則に従うアトムは「人間」と「ロボット」の間に立ち苦悩する。有名なエピソード「青騎士」では人間とロボット双方から疎外されるアトムが描かれる。子供心にアトムのジレンマに共感していたのかもしれない。robot2
 もうひとり(いや一体か?)好きなロボットがいる。その名はガロン。もともとはアトムの1敵キャラとしてデビューしたのだが、やがて「魔人ガロン」として一本立ち。宇宙の平和を脅かす存在となった人類の調査のために操縦者のピックと共に地球に送り込まれたロボットである。この設定は後の「W3(ワンダースリー)」と同じ。ガロンはアトムのように自分で考えて行動しない。しかも暴れだすと破壊の限りをつくすのである。顔もアトムの艶っぽさはなく、いかにもな悪役顔。アトムとガロン。「いい子」と「わるい子」。子供ながらに自然とバランスを取っていたのかも。それにしてもアトムもガロンも昔のプロレスラーのような黒いパンツはどーしてなんだろう?

◇追記(2005-12-19)
 鉄人28号のところで「夜の街にガオーッ」と書いたが「ビルの街にガオーッ」ですね。
 「♪ビルの街にガオーッ!、夜のハイウェイにガオーッ!....♪」と続きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.11

livedoor Wireless

 2度の延期があったが12月1日に公衆無線LANサービスのlivedoorWirelessが正式スタートした。livedoorWirelessの特徴は、NTTなど既存の公衆無線LANサービスが駅やホテル、カフェなど点の展開なのに、こちらは山手線内の約80%をカバーする面の展開であること。月額利用料金が525円と格安であることなどである。さらに12月末までの申込みなら1050円の初期費用も無料となる。 今までの公衆無線LANサービスは利用できる場所が限られるので躊躇していたのだが、料金が安いこともあり早速初日に申込んだ。月にコーヒー2杯を我慢すればOKなのだ。

公園にて愛機VAIO Type-UでlivedoorWireLessに接続してインターネットを楽しむ
livedoor1

 専用サイトで調べると仕事でお邪魔している水道橋付近でも何ヶ所かのAP(アクセスポイント)が既に設置してある。livedoor2
右の写真の上段はJR水道橋駅から神田神保町付近の9日時点のサービス対応状況。ピンクの円内が確実にアクセス可能場所。申込みの1日の時点では数ヶ所しかなかったAPがかなり増設されている。最終的に2000ヶ所に設置するという。下段は仕事場の向いの電柱に設置されているAPの写真。livedoorのロゴが確認できた。
 さてその繋がり具合だが、写真のAPの道路の向かいにある仕事場の入口付近ではPCの電源を入れただけで自動的に認識される。速度もストレスを感じないほど速い。12階の仕事場の自席ではAPは認識されるものの接続は難しい。APのある道路に面した窓際では電波状態は「弱い」ではあるが、接続できて速度も充分である。また今まで通信手段のなかった愛用のPDAのMio168RSでも、宝の持ち腐れであったC-guys(シイガイズ)SD型無線LANカード(SD-Link11b)を指すことでlivedoorWirelessに接続できた。Mio168RSはいつも持ち歩いているのでモバイルでのメールチェックに重宝する。
 ホリエモンが好きになれなくても、都内で無線LAN内蔵のノートPCやPDAを持ち歩いている人には値段も安いのでお薦めだ。コーヒー2杯あるいはタバコ2箱の値段である。また簡単接続ツールも公開され、接続方法や接続可能かを知るのも容易になった。
インターネットの速度を計測するサイトで測った最高速度を上げておく。ただあくまでもご参考値ですので......
◇APの道路向かい 4236kbps
◇APに面した12階の窓際 1113kbps
◇APから200mほど離れた公園 3806kbps
◇自宅フレッツ光(マンションタイプ) 6197kbps

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.12.04

観光地スノードーム

 スノードーム専門店「SNOWDOMES」のホームページを見ていたら、国内の観光地のスノードームが掲載されていた。このお店は表参道のハナエモリビルの裏手のビルの1階にあって、2坪程の小さなお店。扉を開けるとスノードームが所狭しと並べられている。前回行った時にお店番の若い女性に、「東京タワーや奈良の大仏さんや宮島などの観光地のスノードームを出して」とリクエストした。彼女は「国内の観光地も企画しているので必ず出します」と言ってくれたのだった。

 営業日が土日と祭日だけなので、ホームページで確認して23日の勤労感謝の日に行ったのだが閉まっていた。お店番の方が遅いお昼に出かけたのかと、若い人で溢れる表参道をブラブラした。しばらくして戻ってきても閉まったまま。あきらめて帰ってきた。でもどうしても欲しくて次の土曜日、休日出勤の合間をぬって再度表参道まで行ってきた。今度はお店が開いており、いつもの若い女性がお店番をしていた。お目当ての国内観光地のスノードームは「TOKYO」「KYOTO」「MIYAJIMA」の3個。
kanko_snowdome

 「TOKYO」は東京タワーと二重橋と高層ビル。「KYOTO」は舞妓さんと金閣寺と大文字焼き。「MIYAJIMA」は鹿と厳島神社と後ろの山は弥山か。以前買った「富士山」は609円だったが、こちらは各840円。「富士山」と大きさは変わらないが、雪の量が多くて、振ると豪快?である。東京タワーの作りや舞妓さんの顔などが安っぽい。しかし逆にこのチープな感じがいいのである。どこか郷愁をさそうのだ。

 お店番の女性に他の観光地もリクエストしておいた。彼女の話によると「富士山」が一番人気らしい。やはりと言うべきか。他にも季節柄かクリスマス関係のものが売れているようだ。変わりものでは、ドームが四角いものや電池で中の建物が光るものなどを紹介してもらった。写真の3個以外にも欲しいものはたくさんあったが、今回は彼女推薦の天使の四角のスノードームと小物を10個ほど追加して帰って来た。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »