« 気になる二人 | Main | 富士山 in 庄和町 »

2005.10.07

気になる二人 -その2-

 気になる二人といえばこの二人も気になる。

melody1

 映画「小さな恋のメロディ」のダニエル(マーク・レスター)とメロディ(トレイシー・ハイド)である。映画のラスト、CSN&Yの「Teach Your Childlen」が流れる中、トロッコを漕いで線路の彼方へ消えて行った二人。何処へ行ったのだろうか?トム(ジャック・ワイルド)に「クラバムで乗り換えろ」なんて言われているけど・・・・

 初めて観たのは高校生だった。当然ダニエルとメロディに感情移入して観た。「大人はなんて無理解なんだ!二人の一途が分からんのか」と。

教師に怒られ、同級生にはからかわれて雨の中行き場のない幼い二人。
melody3

 このシーンの後、メロディが両親に向かって「ただ一緒にいたいだけなの。それが悪いことなの?」と問う。絶句する父親。こんな素直な質問になんて答えてあげればいいんだろう。困ったなあ。オイラ良識あるオトナだし。

 二人が墓地でデートするシーン。ビージーズの「若葉の頃(First of May)」が流れほんとにきれいな映像である。とあるお墓の前に座りリンゴをかじる。
melody2
お墓は50年連れ添った夫婦の墓。メロディが言う。
「50年の幸福。50年って長いわね」
初めて観た時、ダニエルくんの答えがやけに印象に残った。
「休暇をのけて150学期だ」
うーん、そりゃ長い!

|

« 気になる二人 | Main | 富士山 in 庄和町 »

Comments

この映画は凄く良く覚えてる。好きだった。メロディの髪型だってまねたし。音楽も耳についてはなれない。2人の子役がいつの間にか名もなく消えたのも『いとおかし』だ。
メロディの家で?おやつ?にハムみたいなのを食べるんだけど、あれなんだったんだろう。

ところで先日『Empire falls』っていうHBOのドラマをみたら、ポールニューマン夫婦がしたたかな演技をしてた。(たぶん、1年ぐらい前のやつ)
ボールのお目目は相変わらず青かった。

Posted by: 凛々 | 2005.10.08 at 12:37 PM

 音楽の使い方がうまい。映画で食べ物ってほとんど記憶に残らないんだよね。確かに墓地のデートでの後、ダニーをメロディの家に連れて行って、家族と食事orお茶?するシーンがある。ハムとパンを食べてるね。これっておやつ?晩御飯じゃないよなあ。記憶に残ってるのはおいしそうに観えた?
 マーク・レスターはこの後何本か観た記憶があるけど、トレイシー・ハイドはこの1本だけ。でも強烈に記憶に残っている。かえって幸せかも。

Posted by: same | 2005.10.10 at 12:51 AM

あれって、ハイティーだったのかも。紅茶とサンドイッチの軽い午後の軽食(イギリスの習慣。)

あの映画だれとみにいったんだろ????サメさんじゃなかったよね。。。

Posted by: 凛々 | 2005.10.11 at 08:15 AM

ち、違うと思います。

Posted by: same | 2005.10.12 at 10:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/6284131

Listed below are links to weblogs that reference 気になる二人 -その2-:

« 気になる二人 | Main | 富士山 in 庄和町 »