« リトル・ロマンス | Main | 気になる二人 -その2- »

2005.09.30

気になる二人

 前回の「リトル・ロマンス」の二人はその後どうなったのだろう。「サンセット・キスの伝説」を実現したろうか。気になるところである。でもそれ以上に気になる二人がいる。

 映画「卒業」のベンジャミンくん(ダスティン・ホフマン)とエレン(キャサリン・ロス)の二人である。いわゆる略奪愛の元祖。彼女の結婚式に乱入して、ガラス窓を激しく叩きながら「エレーーーン」と叫ぶベン。有名なシーンだ。参列者の叫び声(何故かサイレント)の中、手を取り合って教会の外へ逃げる二人。通りかかったバスを停めて乗り込む。アゼンとする乗客。

「やったネッ」 「わたしシ・ア・ワ・セ!」
graduate1

でもベンくん、彼女の母親のミセス・ロビンソン(アン・バンクロフト)といたしてたのである。それじゃうまくいくわけないよなあ。親戚付き合いだってできないし・・・・

<ミセス・ロビンソンの大人の魅力にメロメロのベンくん>
graduate2

このシーンも有名であるが、この色っぽい足はアン・バンクロフトのアンヨ? 顔も見えてないし。ずっと気になっているんだけど・・・・・
それはさておき、バスの中に戻ると。
最初は満面の笑みを浮かべている二人だが、だんだんと微妙な表情になっていく。

「これからどうするの?」                       「・・・・・・」
graduate3


「答えてよ!」                             「・・・・・・」
graduate4

映画「スピード」で、危機的な状況で結ばれたふたりはうまくいかないとサンドラ・ブロックは言っているし。何だかなあ。先々思いやられるなあ。余計なお世話だけど。

|

« リトル・ロマンス | Main | 気になる二人 -その2- »

Comments

1年ぐらい前だったか、「卒業」を見直した。そこで自覚したのは、ダスティンホフマンはすごく格好わるいということだった。背がひくくて、びくびくしててみっともないホフマンのイメージは新鮮だった。日本で見た時は、格好わるい役をやっているかっこいい俳優みたいに考えていたから。そしてキャサリンロスは凄くふつ〜で平凡なちょっとかわいい大学生だった。外国映画を見るときはこのふつ〜の視点があいまいになるよね。

Posted by: 凛々 | 2005.09.30 at 11:11 AM

 ダスティン・ホフマンって確かにハンサムでもないし、マッチョでもなし。「真夜中のカーボーイ」「レインマン」なんてのがイメージ。それに「わらの犬」もぴったりだった。
 そういえば、「スケアクロウ」「狼たちの午後」でアル・パチーノを見た時、ダスティン・ホフマンに似ていると思ったけど、今じゃ全く違うよね。

Posted by: | 2005.10.01 at 11:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/6150745

Listed below are links to weblogs that reference 気になる二人:

« リトル・ロマンス | Main | 気になる二人 -その2- »