« Snow Dome | Main | ビル・ゲイツ? »

2005.06.18

Snow Dome その2

sd01 準備は万端。のはず。さあ本格的にスノードームの組立てだ。まずは簡単そうなプラスチックドームの方から。実はこれがそうではなかったのだが・・・

 バズ・ライトイヤーが乗っかった台座とプラスチック製のドームをシリコン接着剤で接着。充分に乾いてからパウダーと水の注入である。台座をひっくり返すと小さな穴が開いており、ここからパウダーと水を入れていく。sd03パウダーは2つ折にした紙を使って静かにゆっくり入れる。パウダーの量に少し迷ったがそこは適量ということで。ここまではNo Problem!次に水の注入である。マツモトキヨシで買った来た精製水(コンタクトレンズの洗浄用)のボトルを台座の裏の穴に近づけて水を入れる。ガーン!水が入っていかない。穴に水が張りついて、下に落ちていかないのである。表面張力という物理現象か?ストローを使ったり、穴を爪楊枝で突いたりするが、ほとんど水が溜まらない。結局、穴に水が張らないように一滴づつ垂らしていくことに。時間のかかること!永遠の作業かと思った。そこで、「ホントに不器用なんだから」という批判は甘んじて受けることとし、嫁さんにバトンタッチ。なんとかある程度水が溜まった。説明書には最後に洗剤を一滴入れるとある。そこで台所洗剤「ジョイ」を。アハ、一滴のつもりがいささか多めに入れてしまった。

 ここでさらに失敗を。ここまでくるとちょっと具合を試してみたいと思うのが人情というもの。台座の裏の穴にゴム製の蓋をして、試しにドームを振ってみた。まあまあじゃないかと思ったのだが、まだドーム内に空気が残っていたため洗剤の泡がいっぱい出てしまった。あとの祭り。「マッタク!」という嫁さんの批判もまた甘んじて受けて、嫁さんに泡を抜いてもらう。でも完全に抜くことは出来なかった。

 さあ、気分を変えてガラスドームの方だ。ガラスドームをひっくり返してパウダーと水と洗剤を入れておいて、ゴム製の台座をガラスドームにはめ込む。少しドーム内に空気が残っていたので、台座のゴムを摘まんでその隙間から水を足したらほとんど空気が抜けた。最後にドームをはめ込んだゴム製の台座と木製の土台をシリコン接着剤で接着して完了。なんだこっちの方が簡単だった。
 プラスチックドームは泡(空気)が残っていて、そのせいか水が少し白濁してしまった。ガラスドームはうまくいったが、中の水がレンズの役目をしてフィギアが大きく見える。説明書にも書いてあるのだが、少し小さめのフィギアを使った方が良かったかな。あとパウダーの種類か洗剤の量が足りなかったのか、パウダーの沈み方が早い。次回の反省点である。
 ところで私が欲しいスノードームは、昔土産物屋にあったような名所・名物のスノードームである。東京タワーや富士山、奈良の大仏、宮島の鳥居などなど。何処かないかなあ。

<左:プラスチック 空気が残ってしまった。 右:ガラス まあまあの出来?>
sd04

|

« Snow Dome | Main | ビル・ゲイツ? »

Comments

スノードームの富士山売ってましたよ。
www.snowdomes.jp

Posted by: かな | 2005.07.16 at 11:35 PM

早速ご紹介のお店に行ってきました。その様子は記事にします。
情報ありがとうございました。

Posted by: same | 2005.07.18 at 10:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/4602532

Listed below are links to weblogs that reference Snow Dome その2:

« Snow Dome | Main | ビル・ゲイツ? »