« May 2005 | Main | July 2005 »

2005.06.25

ビル・ゲイツ?

 同居人が好きなハリーポッターの3作目「アズガバンの囚人」(2004年 米)のDVDをおつき合いで観ていたら、ルーピン先生役の俳優さんに引っかかる。どこかで見た俳優さんだなあ。でも直ぐには思い出せない。なんか最近観た映画に出てたなあ。若い時ならすっと思い出せたのだが、最近はもどかしいのである。そこで休憩。他のことをしていたら、突然思い出した。つい最近WOWOWで観た「タイムライン」(2003年 米)に出てた俳優さんである。
TimeLine

 映画「タイムライン」は、フランスでの遺跡発掘中に主人公の父親が15世紀から発したヘルプメッセージが見つかり、巨大ハイテク企業が開発中のタイムマシン?に乗って、父親を救出に百年戦争真っ最中の15世紀フランスに向かうというトンデモなお話。原作は「ジュラシック・パーク」(1993年 米)のマイケル・クライトンである。この人はハイテク産業絡みのお話がお手のものだが、それはまた別の話。さてルーピン先生である。この俳優さん、デイビッド・シューリスという名前の俳優さんである。ネットで調べるとベルトリッチの「シャンドライの恋」(1998年 伊)でシャンドライに恋する孤独なピアニストを演じていた俳優さんである。あー、そういえばと微かな記憶。最近はとんと頼りないのだ。ベルトリッチはあまり好きではないが、この映画だけは面白く観た。しかしそれもまた別の話。「タイムライン」の話である。この手の映画は嫌いではないので面白く観たのだが、心に残る映画ではない。では何故覚えていたかというと、デイビッド・シューリス演じる巨大ハイテク企業社長のためである。この社長、会社(自分?)のためなら人の命など屁とも思わない、思いっきり悪役に仕立てられている。しかもどこから見てもビル・ゲイツ氏である。ちょいとあからさま。ビル・ゲイツってそんなにヒールなのか。どこの国でも成功者は妬まれる?日本でいうと、ホリエモンかナベツネってとこか。でもこの二人じゃスケールが違いすぎ。

 ところでビル・ゲイツ氏もアップルのスティーブ・ジョブス氏も、日本だと西和彦さんも私と同じような年齢である。みなさん既に中学生の頃からコンピューターに触れる環境があったらしい。その頃私はマンガ本を読み耽り、日曜7時(いわゆるタケダアワーである)の「柔道一直線」は毎週欠かさず見、夏休みは毎日海で泳ぎ、コンピューターというものがこの世にあることさえ知らなかった。コンピューターに触ったのは既に社会人になっていた1982年ごろ。しかも電卓に毛が生えたようなSHARPのポケット・コンピューター(通称ポケコン)だったもんなあ。エライ違いである。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.18

Snow Dome その2

sd01 準備は万端。のはず。さあ本格的にスノードームの組立てだ。まずは簡単そうなプラスチックドームの方から。実はこれがそうではなかったのだが・・・

 バズ・ライトイヤーが乗っかった台座とプラスチック製のドームをシリコン接着剤で接着。充分に乾いてからパウダーと水の注入である。台座をひっくり返すと小さな穴が開いており、ここからパウダーと水を入れていく。sd03パウダーは2つ折にした紙を使って静かにゆっくり入れる。パウダーの量に少し迷ったがそこは適量ということで。ここまではNo Problem!次に水の注入である。マツモトキヨシで買った来た精製水(コンタクトレンズの洗浄用)のボトルを台座の裏の穴に近づけて水を入れる。ガーン!水が入っていかない。穴に水が張りついて、下に落ちていかないのである。表面張力という物理現象か?ストローを使ったり、穴を爪楊枝で突いたりするが、ほとんど水が溜まらない。結局、穴に水が張らないように一滴づつ垂らしていくことに。時間のかかること!永遠の作業かと思った。そこで、「ホントに不器用なんだから」という批判は甘んじて受けることとし、嫁さんにバトンタッチ。なんとかある程度水が溜まった。説明書には最後に洗剤を一滴入れるとある。そこで台所洗剤「ジョイ」を。アハ、一滴のつもりがいささか多めに入れてしまった。

 ここでさらに失敗を。ここまでくるとちょっと具合を試してみたいと思うのが人情というもの。台座の裏の穴にゴム製の蓋をして、試しにドームを振ってみた。まあまあじゃないかと思ったのだが、まだドーム内に空気が残っていたため洗剤の泡がいっぱい出てしまった。あとの祭り。「マッタク!」という嫁さんの批判もまた甘んじて受けて、嫁さんに泡を抜いてもらう。でも完全に抜くことは出来なかった。

 さあ、気分を変えてガラスドームの方だ。ガラスドームをひっくり返してパウダーと水と洗剤を入れておいて、ゴム製の台座をガラスドームにはめ込む。少しドーム内に空気が残っていたので、台座のゴムを摘まんでその隙間から水を足したらほとんど空気が抜けた。最後にドームをはめ込んだゴム製の台座と木製の土台をシリコン接着剤で接着して完了。なんだこっちの方が簡単だった。
 プラスチックドームは泡(空気)が残っていて、そのせいか水が少し白濁してしまった。ガラスドームはうまくいったが、中の水がレンズの役目をしてフィギアが大きく見える。説明書にも書いてあるのだが、少し小さめのフィギアを使った方が良かったかな。あとパウダーの種類か洗剤の量が足りなかったのか、パウダーの沈み方が早い。次回の反省点である。
 ところで私が欲しいスノードームは、昔土産物屋にあったような名所・名物のスノードームである。東京タワーや富士山、奈良の大仏、宮島の鳥居などなど。何処かないかなあ。

<左:プラスチック 空気が残ってしまった。 右:ガラス まあまあの出来?>
sd04

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.13

Snow Dome

 突然スノードームが欲しくなった。
スノードームというのは、小さな水の入ったガラス玉の中に風景などのミニチュアが置いてあって、ひっくり返して元に戻すと雪が舞ったように見えるやつである。ペナント、方言が書いてある暖簾と並んで観光地の3大お土産だった。と私は思っている。どこの家にも必ず1つや2つあったと思う。あるお店で見かけて「いいなあ」と思ったのである。特に理由などない。ただ欲しいのである。
 周りに聞くと「そういえば昔あったなあ」と皆言うのだが、「名前なんだっけ?」と聞く始末である。質問しているのは私の方だ。そんな時友人がスノードームのサイトを見つけてくれた。いろいろなスノードーム他に、作成キットも販売している。早速、プラスチック(735円)とガラス(2520円)のドームとパウダー(262円)を申込んだ。

 中身はクレイ粘土で自作するか、既成のフィギアを使えとのこと。自慢じゃないが不器用である。自作なんて夢のまた夢。秋葉原のラジオ会館に行く。通称ラジ館は昔はマイコンの館だったのに、チョコエッグで有名になった海洋堂が入って以来、フィギアの館になってしまった。フィギアがよりどりみどりである。ウルトラセブンとモロボシダン、映画「トイ・ストーリー」のキャラ、バズ・ライトイヤーをゲット。
snowdome1

 さあ、組立てだ。組立ての動画があるサイトを参考にしてと。何?ジェル状の瞬間接着剤やシリコン接着剤が必要だ?水も水道水じゃなく精製水を使え?全て我家にはなし。東急ハンズへ直行。「すみません、シリコン接着剤って何処にあります?」「シリコン接着剤?風呂場に使う?」「はい」「シロートがやらない方がいいよ」「はあ?私頼まれたモンですから」「プロに任せた方がいいと思うけどね」なんてわけのわからないやり取りがあったが、一応全てをゲット。
 今度こそ組立てだ。大きさなどからプラスチックにはバズ・ライトイヤー(写真右)、ガラスにはウルトラセブンとモロボシダン(写真左)に決定。まず台座とフィギアを瞬間接着剤で固定する。よく乾かさないとドームの内側が白濁することがあるとのことで、数日待つことにする。
【 To be Continued 】

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.07

Shark Island

 私の苗字は英訳すると「Shark Island」である。昔テレビのバラエティ番組で「一番結婚したくない苗字」にメデタクも選ばれたこともある。ちなみにその時の「一番結婚したい苗字」は英訳すると「White Bird」さんだった。嫁さんには「よりによって」なんて言われるし。思えば「柔道一直線」の桜木健一扮する主人公にいつも、「覚えてろよ、一条」と言って去っていく中学生のくせに口ひげを生やしたヤツも同じ苗字だったなあ。でもこの苗字、すぐ覚えてもらえるし、みんなに「Shark(日本語で)ちゃん」と可愛いがられもするのだ。

 てなわけで、私のPCのデスクトップ画面はSharkとIslandなのである。一番上はフリーの3DCGソフト[POV-Ray]で描いたもの。映画「ジョーズ」のパロディのつもりです。下の2つは手描きしたものをスキャナーで読取り、Adobeの[PhotoShop Elements]で加工したものです。

☆大海原をIslandチャンが一人漂っていると、突然
same3D

☆2人で楽しく遊んで。でもIslandチャン調子に乗りすぎて
samesurf

☆Sharkチャンに追っかけられる
sameokkake

これまでの記事一覧はこちらから


| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.06.01

NSBasicを使う -その2-

 今時はビジュアル系がチヤホヤされる。フン。外見より中身よと言ったところで、負け犬の遠吠えにしか聞こえない。同様にPCでのプログラミングもビジュアル指向である。でもこちらは大歓迎。何もかもコーディングするのではなく、オブジェクト(部品)の配置などはオブジェクトをマウスでドラッグして画面の好きな位置に置けば完了である。そしてそのオブジェクトの各種プロパティを設定したり、イベントを記述することでプログラミング完了。昔に比べるとほんと楽チンになった。

 さてNSBasicである。こちらも一応ビジュアル指向である。「Visual Designer」と呼ばれるツールが付属しており、オブジェクトの配置とプロパティの設定ができる。試しに「ローンの支払い展開を表示する」プログラムをつくってみる。まず「Visual Designer」で入出力用の画面イメージを作成。表示用のLabelを4個。入力用のTextBoxを3個。計算処理用のButtonを1個。最後に支払展開の表示用にGridを1個配置。(写真左) そして各オブジェクトに大きさ、フォント、右寄せ等のプロパティをセットする。すると「Visual Designer」でセットした内容がプログラムに反映される。VBやDelphiの統合環境と比べると貧弱なツールであるが、いちからコーディングすることを考えるとありがたいツールである。

 画面ができたので次は実際のコーディングである。専用のエディターに「計算ボタン」をタップ(クリック)した時の計算処理と計算結果をグリッドに表示する処理を記述していく。(写真右) 基本的にはBasic言語なので、ExcelのVBマクロが分かる人なら難しいことではない。日本語については変数名やファイル名には使用できないが、表示にはなんら問題はないようだ。
NSBasic02

 完成したプログラムを使ってみる。「借入額」「年利」「回数」を入力し(画面左)、「計算ボタン」をタップすると、グリッドに1回目から最終回までの支払内訳が表示される。(画面右)
NSBasic03

 簡単なプログラムなのに完成までに約3時間かかった。初めてなので、付属の日本語マニュアルを見ながらだったから仕方ないか。ところでこのマニュアルには全ての関数やオブジェクトの解説があるわけではない。記載のないオブジェクトはNSBasic社のテクニカルサイトを参照しなければならない。最初英文のページを参照していたが、途中で日本語のページがあることに気づき助かった。
 COMMコントロールなども実装してるようなので、GPS関係のプログラムにも挑戦してみたい。でも、いつになることやら。

これまでの記事一覧はこちらから

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »