« 久しぶりの富士山 | Main | Mio168RSが来た -その4- »

2005.05.21

和田誠展

 和田誠さんは手塚治虫さんと並んで私の憧れの人である。イラスト、グラフィックデザイン、装丁、映画、音楽、落語などなど多彩な方である。映画は全て観ているし、著作もかなり持っている。特に映画の名セリフを集めた「お楽しみはこれからだ(Prat1-7)」は私のバイブルである。このブログのタイトルもこの本のもじりだ。
MrWada
 その和田さんの「和田誠のグラフィックデザイン」展が東京銀座のギンザ・グラフィック・デザインで開催中(5/9-5/30)である。先日のぞいて来た。それ程広い会場ではないが、和田さんがこれまで手掛けた映画や演劇のポスターや著作、装丁本、広告などが多数展示してある。どこかで目にしたものが多いのだが、やっぱり楽しいのだ。映画スター、ミュージシャン、作家などいろいろな人の似顔絵。あの柔らかでシンプルな線でモデルの人格を全て描いているように思う。それと和田さん独特の何とも心癒される青の色。人生「お楽しみはこれからだ」なのだ。

 今回の企画展で一番気に入ったのは映画「カサブランカ」のポスター。バーのカウンターに渋く立つハンフリー・ボガート。もちろんこちらも良いのだが、私のお気に入りはその横に描かれたピーター・ローレ。カウンターに突っ伏して、上目遣いにボガートを見ている。小心者の人の良さ、情けなさが充分に描かれている。欲しいなあ。それと富士通の一連の広告シリーズもおもしろいですよ。無料ですので是非覗いて見てください。

 <これまでの記事一覧はこちらから

|

« 久しぶりの富士山 | Main | Mio168RSが来た -その4- »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/4213069

Listed below are links to weblogs that reference 和田誠展:

« 久しぶりの富士山 | Main | Mio168RSが来た -その4- »