« タカダワタル | Main | 時の鐘 »

2005.05.04

Mio168RSが来た -その3-

 手持ちのナビ・ソフトを比較してみた。Mio168RSに付属するMioMap、ゼンリンのIts-moNavi PDAそしてSonyのNavin'Youの3本である。Its-moNavi PDAはゼンリンが運営するネットワーク型の地図サービスで、必要な地図はゼンリンの地図サーバーからダウンロードして利用する。年間利用料は1980円である。SonyのNavin'YouはPDAではなくPCで利用するナビ・ソフトである。専用ナビに匹敵するナビであったが、残念ながら現在では生産中止となったしまった。
 この3本にJR京浜東北線蕨駅から東京武蔵野市の小金井公園までのルートを検索させてみた。3本とも経由地を指定せず、高速も利用しない条件である。Navin'Youは時間優先モード。国道17号バイパスで荒川を渡り、笹目通(環状8号線)に入るのは3本とも同じである。MioMap(赤)は土支田交差点で右折、土支田通-大泉通-保谷街道-武蔵境通-五日市街道のルート。Its-moNavi PDA(青)は谷原交差点で右折、富士街道-新青梅街道-武蔵境通-五日市街道のルート。Navin'You(黄)は八成橋第2交差点で右折、千川通-青梅街道-五日市街道のルート。橙色はNavin'Youで複数検索される高速利用のルート。
 私の感想ではNavin'You(黄)のルートが笹目通(環状8号線)さえ渋滞していなければ一番分かりやすい。。Its-moNavi PDA(青)のルートも分かりやすいが、谷原交差点での富士街道への入り方と富士街道に道幅が狭い所があるのが難点か。MioMap(赤)のルートは一番「抜け道」的である。大泉学園駅と保谷駅前が多少混雑するが他は割りと渋滞しない。ただし一番カーブや右左折が多いルートのような気がする。
navi

 下記は3本のソフトの機能を比較した表である。さすがにNavin'Youが群を抜いている。Its-moNavi PDAは健闘しているが音声ナビとオートリルートが無いのが痛い。MioMapは⑤の地図の縮小・拡大の操作がしづらいのが一番の難点。そのためルートポイントの設定や検索結果の確認がしづらい。他の2本はスクロールバーでシームレスに地図の縮小・拡大ができる。⑤~⑧については次回バージョンアップで是非対応して欲しい。
navi2

 地図の拡大・縮小についてnanさんより情報をいただきました。拡大・縮小の操作はボタンのタップだけではなく、本体下部のナビゲーションボタンの操作によっても可能です。このことはマニュアルにも記述があります。これによって拡大・縮小の操作は大分楽になります。訂正します。

<参照>
Mio168RSが来た
Mio168RSが来た -その2-
Mio168RSが来た -その4-

|

« タカダワタル | Main | 時の鐘 »

Comments

はじめまして。私もMio168RS(Mio168 VerUP版ですが)を使ってます。
地図の拡大縮小ですが、本体のナビゲーションスティック(本体下部の上下左右スティック)を縦横に動かすことで拡大縮小が可能ですが、それでも操作しずらいですかねぇ。。。?

Posted by: nan | 2005.05.11 at 09:12 PM

nanさん、コメントありがとございました。
仰るとおりナビゲーションボタンで地図の拡大縮小ができますね。マニュアルにも記述がありました。これで大分使いやすくなります。
ほんとにありがとうございました。記事も訂正しておきます。

Posted by: same | 2005.05.14 at 12:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/3980418

Listed below are links to weblogs that reference Mio168RSが来た -その3-:

« タカダワタル | Main | 時の鐘 »