« March 2005 | Main | May 2005 »

2005.04.28

タカダワタル

 16日、コンサート先の北海道で高田渡さんが亡くなったというニュースが流れた。

wataru2 '70年代の初めに高校生だった私は、高田渡さん、加川良さん、武蔵野タンポポ団が大好きだった。特に、何の気負いもなく飄々と唄う渡さんが好きだった。詩人の山之口獏を知ったのも渡さんを通してだったと思う
 最近というかここ10年程は、坂崎幸之助さんのNHKBSのフォーク番組などにも出演していて、渡さんがでている番組はほとんど観ていた。若い時からそうだったけど、ますます仙人のようになってきていた。渡さんを観ていると幸せな気持ちになって、何だか得した気分になったものだ。
 司会者との微妙なズレ、唄の合間にボソッと語る冗談とも真実ともつかないおしゃべり。シラフなのか酔っているのか。相手の思わくなど関係なく飄々とわが道を往く。たまに唄を間違えることも。コンサートで唄の途中で寝たという伝説もある(志ん生と同じ!真実らしい)。そんなことも全て許せる!まさに「タカダワタル的」だった。テレビで「明日目が覚めたら何しますか?」の質問に、「何をするかそん時に考えるよ。明日目が覚めるから、何かしようかなと考えんだよ」と答えてた。思わず笑ってしまった。

 雑誌で読んだ「皆さんの話ではオヤジが美化されそうですが、僕にとっては夜中に電話してくる、困ったオヤジだったことも忘れないでください」という息子さんのコメントが一番印象に残った。最も正直でワガママな人だったんだろう。合掌。

これまでの記事一覧はこちらから

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.04.24

元気の出る映画 その2

 元気の出る映画は以前の記事でも書いているが、この映画も私の元気の素。それはジョン・ランディス監督、ジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド主演の「ブルース・ブラザース(1980年)」。ジョン・ランディスとジョン・ベルーシのコンビの「アニマル・ハウス(1978年)」も面白いが、この映画は最高である。。bb01

 あらすじはベルーシとエイクロイドの兄弟が生まれ育った孤児院の危機を救うべく、ブルース・ブラザースというブルース・バンドを引き連れて大活躍するというもの。特にベルーシの怪演ぶりはすごい。もうメチャクチャ。こんなヤツが周りにいたら大ヒンシュクものである
 もうほとんどドタバタ喜劇であるが、カー・チェイスもすごい。でも一番の魅力は音楽。ジョン・リー・フッカー、ジェームズ・ブラウン、レイ・チャールズ、キャブ・キャロウェイなどのブルースやR&Bの大物ミュージシャンが出演している。ジェームズ・ブラウンもレイ・チャールズも面白い役で出ていて、いきなりミュージカルみたいに歌いだす。2人のシーンは2人を知らない人でもきっと楽しめると思うのだが、私が一番好きなのはアレサ・フランクリンのシーン。ソウル・フード・カフェの女主人の彼女が、バンドに誘いに来たベルーシ達と一緒に出て行こうとする夫を「THINK」という歌を歌って止めようとする・・・。
 ミュージシャンの他にも有名人が多数出ている。謎の女役でキャリー・フィッシャー。当時スター・ウォーズのレイア姫役で人気絶頂だった彼女がこんな映画によく出たもんだと思う。他にもミニ・スカートの女王トッイギー(映画の後半のガソリンスタンドのシーン)。今や大監督のスティーヴン・スピルバーグ(ベルーシ達が税金を納めに行く役所の役人)。それとEAGLESのジョー・ウォルシュ(ラストの刑務所でバンドの監獄ロックに最初に踊りだす囚人)などなど。

 さてこの映画、「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル(2003年)」でパロディされている。エンジェル3人が修道院に行き、修道女に話を聞くシーンである。しかも話を聞く修道女がキャリー・フィッシャーなのが笑える。でもこの映画でもパロディと思われるシーンがある。まず映画の冒頭、ベルーシが刑務所から出所してくるのをエイクロイドが待っているシーン。スティーヴン・スピルバーグの「未知との遭遇(1977年)」で皆が見守る中、宇宙船から宇宙人や拉致された?人々が出てくるシーンにそっくりである。bb02
 他にも2人が孤児院を訪ねて、階段を上っていくシーンは「エクソシスト(1973年)」のパロディだと思う。他に気づいている人がいれば教えて欲しい。

 1998年に続編の「ブルース・ブラザース2000」が作られている。B.Bキングやエリック・クラプトンなどミュージシャンは更に豪華になったが、ベルーシのいない「ブルース・ブラザース」なんて!!頭のいいエイクロイドがなんでこんな映画作ったんだろう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.04.18

カーサイドリビング

 17日の日曜日、あまりの上天気に誘われて千葉の「成田ゆめ牧場」へデイ・キャンプに行ってきた。ここには有料の大きな遊戯施設もあるが、我家のお目当ては隣の広大な草地のオートキャンプ場。電源のある区割りされたエリアもあるが、ほとんどがフリーサイトで、気に入った場所にテントを張ることができる。今回は混雑を覚悟だったが人影はまばらで、愛車を駐めたのは花びらが散り始めた桜の樹の下。ラッキー。やっぱりサクラはいいなあ。日本人だ!でも窓を全開にしていたため、帰りの車内は桜の花びらだらけ。トホホ。

<右手前、右奥にもタンポポ・オオイヌノフグリが咲くサイトが広がります>
camp0

 さて最近キャンプで重宝しているのが、小川テントの「カーサイドリビング」というタープ兼テント。車高の高いミニバン用で、車の屋根に吸盤で固定して使う。設営も思いのほか簡単で、慣れれば15分ほどで設営できる。中は大人4人がゆっくりと食事したり、寝たりするほどの広さがある。車のスライドドアを開けて使うと車内と一体感ができ、さらに広く感じる。両サイドの出入口を開放し、正面のメッシュの窓も開けると風通しも抜群。

<久しぶりの設営で手間取ってしまった>
camp2
camp5

 テントとしては完全に密閉できないので、寒さ対策は充分にする必要がある。しかも中は地面である。ただ車内に寝る我家では気にならないが。タープとしては着替え時の人の目や日光、雨風をシャットアウトできるので完璧。以前はテントとタープの両方を持って出かけていたが、最近は「カーサイドリビング」のみ。ものぐさな我家にはぴったりのアイテムである。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.04.11

Mio168RSが来た -その2-

 前回紹介したMio168RSのカーナビとしての使用レポートです。

 Mio168RSの車への取付は、吸盤付のアームをフロントガラスに貼付けます。その先にMio168RSを固定するホルダーをセットし、ホルダーの中にMio168RSを差込みます。最後に電源のシガープラグをMio168RSと接続します。吸盤はかなりしっかり固定されており走行中にグラグラするようなことはありませんでした。なお本体の下にシガープラグを接続するため、私の車ではかなり高い位置に吸盤を取付けることになりました。
mio168rs3
 ルート検索は事前に「自動車」「自転車」「徒歩」の移動モード、有料道路の使用などのオプションを選択しておきます。次に「開始地点」「経由地点(最大8ヵ所)」「目的地点」を指定し、「ルート検索」ボタンをタップすると1つだけルートが表示されます。これで全ての準備は終了し、「案内開始」ボタンをタップしてルート案内をスタートさせます。
 自宅のある川口市から茨城県境町の「道の駅さかい」や渡良瀬遊水地、武蔵野市の小金井公園へのドライブに使用してみました。PDAでの音声案内やルートを外れた場合のオートリルートは感動ものです。特に画面の小さいPDAでは音声案内は不可欠だと思いました。
 国道4号線と16号線が立体交差する地点で直進すべきところをいったん側道に降り再び側道を上ったこと。小金井公園付近でオートリルートの際に一方通行の道を指示したことを除けば完璧な案内で、「なかなか使える」というのが感想です。
 
3回ほど使用しましたが、不満に思った点は、
 ①地図の拡大・縮小の操作が意外と面倒である。したがって地図上から「開始地点」
  などを探すのに時間がかかる点。
   (SonyのPCナビNavin'Youのようにスクロールバーで拡大縮小を可能にして欲しい)
 ②検索結果が保存・呼出できないため、毎回最初から操作しなければならない点。
 ③経由地点などを間違えると全てを消去し、最初から操作しなければならない点。
 ④広域表示されないため検索結果を事前に確認しづらい点。
   (Navin'Youのように開始時にルートの概略を音声で案内して欲しい)
 ⑤音声案内がワンテンポ遅れる点。
   (慣れれば問題ない)
 ⑥検索結果が1つしかない点。
特に①~④についてはバージョンアップで対応して欲しいと感じました。

<参照>
Mio168RSが来た
Mio168RSが来た -その3-
Mio168RSが来た -その4-

| | TrackBack (0)

2005.04.03

Mio168RSが来た

 ネットで注文していたマイタック・ジャパンのMio168RSが届いた。
 Mio168RSとはGPS(Global Positioning System)付きのPDA(Personal Digital Assitant)である。以前に記事にも書いているが、今年一番欲しかったガジェットである。mio168rs1
 このPDAが特徴的なのは、GPS付きで音声案内のナビソフトが標準添付している点である。そのため本体の他にMioMapというナビソフトが格納された1GBのSDカード、車載用のアームスタンド・ホルダー・充電アダプターなどが標準で付いてくる。本体は3年間使用している東芝のGenioE(写真左)と比べるとひとまわり小さく、重量も軽い。解像度はQVGA(320×240)と同じだが本体が小さいせいか画面はGenioEより大きく見える。値段はキャンペーン中で69800円である。
 早速インストールしてみた。ナビソフトのMioMap自体はSDカードを本体に指すと自動的にインストールされる仕組みで簡単である。次に母艦となるPCとデータなどの同期をとるためのActive Syncというソフトと必要な地図を切り取るためのソフトMapCutterという2つのソフトをPCにインストールする。これで準備OK。PCに地図データが格納されたCDをセットした状態で、USBケーブルでPCと本体を接続し、先程インストールしたMapCutterで必要な地図を本体に指した1GBのSDカードに転送する。今回福島県から愛知県までの地図データ(約190MB)を転送したが、Pentium4(2.4GHz)・512MB・USB1.1の環境で約45分ほどかかった。ベランダに出て、本体背面にあるGPSアンテナを起こし、MioMapを起動すると5分ほどで現在地を確認できた。最初にしてはまあまあの早さである。その後、空の開けた場所で起動すると1分ほどで衛星を捕捉する。auのEZナビウォークほどではないが満足できる結果である。
 MioMap以外の添付されるソフトはMP3Playerが目新しいぐらいでGenioEとほとんど大差ない。標準のままでは使いづらいのでGenioEでも使っていたタスクスイッチャーSQ Pocket日記ソフトAiMa Day Memoをインストールした。またPDAとしても特徴的なものは無い。拡張スロットがSD1つしかないためMioMap使用時は通信手段が確保できない。またGenioEではNECのAirH"用のCFカードを使っていたのだが、これが使えないのである。モバイルでの通信手段は今までどおりGenioEを使うかVaio Type-Uを使うしかないようである。ただGenioEはそろそろ寿命だし、Vaio Type-Uはいくら小さいとは言え、気軽に持ち運びできないしなあ。困った。
 さて肝心のカーナビとしての使い勝手は後日報告します。

<参照>
Mio168RSが来た -その2-
Mio168RSが来た -その3-
Mio168RSが来た -その4-

| | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »