« あぁオールナイト・ニッポン | Main | Mio168RSが来た »

2005.03.29

元気の出る映画

 元気の無い時、気分がへこんだ時によく観る映画がある。
 ウォルター・ヒル監督の「ストリート・オブ・ファイヤー -STREETS OF FIRE-(1984)」である。感動する映画でも、心に染みる映画でもない。はっきり言ってB級作品である。でもカッコいいのだ。軽快でわかりやすいストーリー、画面の切替えのシャープさ。そして特に、冒頭で[A ROCK&ROLL FABLE(ロックンロールの寓話)]と出るように音楽がカッコいい。音楽はライ・クーダー。カッコよくないわけがない。
 水溜りに映るカラフルなネオンから始まり、いきなりヒロイン(ダイアン・レイン)のコンサートシーン。既にこの段階で70%の元気回復。コンサート会場から悪役(ウィレム・デフォー)一味にさらわれるヒロイン。昔の恋人でもあるヒロインを救うため街に呼び戻されるヒーロー(マイケル・パレ)。そして個性的な仲間とヒロインを救出し、さらにヒーローと悪役の一騎打ち。最後はヒロインのコンサート会場からそっと抜け出し、街を去っていくヒーロー。もう100%元気回復。ホーレン草を食べたポパイあるいは強化剤のタバコを喫った8マン状態である。明日もがんばるぞ!
 陳腐なストーリーではある。「シェーン」みたいである。でも何度も言うようだがカッコいいのだ。脇役もいい。悪役のウィレム・デフォー(スパイダーマンやスピード2の敵役の人)、ヒロインのマネージャーのリック・モラニス(リトルショップ・オブ・ホラーズやミクロキッズのパパ役の人)、助っ人の女性エイミー・マディガン(エド・ハリスの奥さん、フィールド・オブ・ドリームスの奥さん役の人)などいい味だしている。でも肝心のダイアン・レインが中途半端なんだよなあ。
 くれぐれもジャン・クロード・ヴァン・ダムの「ストリート・ファイター」とお間違えなきように。なお映画の中のダイアン・レインの唄は吹替えです。
Diane

|

« あぁオールナイト・ニッポン | Main | Mio168RSが来た »

Comments

めちゃくちゃにつかれていた日に、ふらっとビデオ屋に寄って、(ま、サメの言ってたのでもみて、心を休めようと)Street of Fireを探したけどなかった。ドラマで探したんだけど。。。
ここは例のキーラーゴーがあったとこで、それ以来新しくメンバーになったところなんだけど。

Posted by: 凛々 | 2005.04.17 at 04:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/3489317

Listed below are links to weblogs that reference 元気の出る映画:

» ウィレム・デフォー [GoodsRSS-有名人最新情報]
沢山の人々からのリクエストにお応えしてウィレム・デフォーのティッカーを作成しまし... [Read More]

Tracked on 2005.05.12 at 10:34 AM

« あぁオールナイト・ニッポン | Main | Mio168RSが来た »