« iPod shuffle突然の入手 | Main | あぁオールナイト・ニッポン »

2005.03.14

iPod shuffleその2

やっとiPod shuffleを使うことができました。
まず、CDのリッピングや曲の管理、iPod shuffleへ曲の転送を行うソフト「iTunes」をインストール。この時同時にiPod shuffleのフォーマットも行います。それほど難しい作業ではありません。
インストール後はPC内にあったMP3などの音楽ファイルを「ライブラリ」へ登録。この作業もフォルダー単位やファイル単位ででき、難しい作業ではありません。
iPod shuffleへの曲の転送ですが、iPod shuffleをPCのUSBスロットに指すと、自動的にiTunesが起動します。次に転送先にiPod shuffleを選択し、「オートフィル」というボタンをクリックすると転送が始まります。あっけない程簡単です。PC内にあった110曲のMP3ファイル(389.3MB)を転送しましたが、4分弱で完了しました。使った環境はPentium4の2.0GHzのメモリー512MB、USB2.0です。
1日首にかけて(写真右)使用しましたが、すごく軽いためかけていることを忘れてしまいそうです。操作はとてもシンプルです。裏面(写真中央)のスライド式のスイッチをスライドさせることでオンオフと、曲を記録されている順番どおりに聞くか、シャッフルして聞くか選択できます。表面(写真左)には円状のボタンがあり、中央が「再生/一時停止」、上下が音量調整、左右が「前へ/巻き戻し」「次へ/早送り」があるだけのシンプルさ。電源を入れると直前に聞いていた状態で再生されます。もちろん最初から聞くことも可能です。
iPodSuffle03
さて、敢えて不満な点ですが、
①スイッチが硬くていささかスライドにてこずりました。爪を立てるための小さな突起があったら良かったかな。
②付属のヘッドフォン(イヤーフォン)が硬くて私の耳には収まりが悪かったこと。その点SonyのVaio Type-Uに付属するイヤーフォンは耳にあてる部分が着脱可能なゴムでできており、しかも大中小の換えが付いてくる。音もこちらの方がいいような。さすがAVのSonyさんです。
③裏面(写真中央)のスイッチの下にバッテリーのステータスランプがあってランプの色でバッテリーの状態が分かるようになってますが、大まかなものでバッテリーの詳細が分からないことかな。

一番懸念していた液晶がないことは、転送した曲は何度も聴いている曲で曲名などを確認する必要もなかったので、全く気にならず。shuffleも却って楽しかった。付けてることを忘れるほど軽量なこと、操作のシンプルさ軽快さなど買って大満足です。

|

« iPod shuffle突然の入手 | Main | あぁオールナイト・ニッポン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/3289732

Listed below are links to weblogs that reference iPod shuffleその2:

« iPod shuffle突然の入手 | Main | あぁオールナイト・ニッポン »