« January 2005 | Main | March 2005 »

2005.02.28

不意の富士山

先週の土曜日(26日)に地図サークルのマップの会の月例会で、三ノ輪・南千住界隈を歩いてきました。senjyu
この辺りは都電が走るなど東京の下町風情が色濃く残る界隈です。歩いた場所は右の地図のとおりで、背面(うしろむき)地蔵の薬王寺を皮切りに、江戸五色不動のひとつ目黄不動の永久寺、吉原の遊女の遺体を捨てたという投込寺(浄閑寺)、彰義隊のお墓や上野寛永寺の黒門が移設された円通寺などなど最後の伊豆長八の鏝絵がある橋戸稲荷神社まで10ヶ所ほどを歩きました。

7番目に訪れた素盞雄神社でうれしい発見がありました。素盞雄神社って読めますか?ちなみに私は読めませんでしたが「すさのおじんじゃ」と読みます。ご賢察のとおりスサノオノ命さんがご神体の神社です。奥の細道の旅に出た芭蕉の矢立ての碑もあり、この界隈では氏子が一番多いそうです。その境内に神社の縁起となった「瑞光石(ずいこうせき)」と呼ばれる石を祀る約4mほどの小さな塚がありました。ご一緒したメンバーの方に指摘されて、慌ててその塚を観察すると富士塚である。入口には浅間神社の碑があり、頂上までの登山道もありました。ただ入口に棒が渡してあって登山禁止のよう。残念っ!社務所の方に「何という名の富士塚ですか」と訊ねると、「別に名前はありません。ただの富士塚です」とつれない返事。アレレ。まあ興味のない方にはそんなもんでしょう。帰ってネットで調べると「南千住富士」と呼ばれているらしい。
歩く所を事前に調べていけばいいものを、生来のナマケぐせでいつもリーダーの方に頼りぱっなし。したがって、いつも行き当たりばったりなのだが、今回はそのおかげ?で思いがけない「富士山」との出会いとなりました。

当日は風がめちゃくちゃ冷たい日で、この辺りにあった小塚原刑場で処刑された人の骨がでることから「こつ通り」と呼ばれる通りの蕎麦屋で食べた鍋焼きうどんのうまかったこと。鼻水をすすりながら食べました。でも暖かい日に行くと普通の鍋焼きうどんなんだろうな。ヤレヤレ。

<鳥居のすぐ後から登山道が右上の山頂に伸びています。浅間神社の石碑も>
senjufuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.20

天使の指あと

NHKの衛星放送でハンフリー・ボガート&ローレン・バコールの「キー・ラーゴ(1948年 米)」を観た。ほんとうに久しぶりである。
ボガートがフロリダの最南端キー・ラーゴ島でホテルを経営する戦死した部下の父親と嫁さん(バコール)を訪れる。しかしホテルにはギャングの大物ロッコ(エドワード・G・ロビンソン)一味が居座っていた。嵐が迫る中、ニセ札取引を成功させるため悪行を繰り返すロッコ。それに耐えるボカート。でも最後は・・・・。後年の健さんの東映仁侠映画を彷彿とさせます。
和田誠さんの映画の名セリフを集めた「お楽しみはこれからだ」で知ったのだと思うのですが、この映画には記憶に残るセリフがあります。ボガートが父親と戦死した息子の思い出話をする場面です。私の記憶では、

「人は母親の胎内にいる時は世界中のすべてを知っているんだ。でも生まれようとする瞬間に天使がやって来て、'誰にも教えちゃダメだよ'と口の上にそっと指を置くんだ。口の上のくぼみは天使の指の跡なんだよ」

でも今回のNHKの字幕は、

「鼻の下のくぼみが何かジョージに教えたでしょう」
「人は生まれる前すべてを知っているが、生まれる瞬間天使が訪れ、ここに指を当て口を封じる」

記憶より結構あっさりしたものでした。こっちの方が正確なんでしょうね。

20数年前の大学時代に女の子にこの話をして「似合わな~~い」と言われた悲しい?経験を持つ懐かしい映画でありました。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005.02.14

ブツブツ物欲

ブツブツ...欲しい...ブツブツMio168
まず最初は、マイタック・ジャパンのDigiWalker Mio 168RS。いわゆるPDA(Personal Digital Assistant)ですが、GPS(Global Positioning System)端末付なのが特徴です。PDAとは携帯情報端末、昔風に言うと電子手帳かな。本体のMio 168自体は既に発売されているのですが、期待しているのは新しくバンドルされる予定のMio Map(ミオマップ)の日本版。ゼンリンの道路地図を使用してPDAでナビゲーションを行うものです。Mio Mapが画期的なのはPDAでの音声ナビとルートを外れた場合のオートリルート機能です。この機能は専用カーナビでは常識ですが、カーナビ以外では私も使っているSonyのPCカーナビのNavin'You(ナビン・ユー)があったくらいです。でもNavin'Youは既に生産中止(かんべんしてよSonyさん)になって、一番大事な地図が古くなりすぎました。発売間近と噂されながらなかなか詳細が発表されないDigiWalker Mio 168RSですが、車載用のマウントも同梱し7万円を切る価格のようです。専用カーナビを買ったと思えば安いもんだし、今使用中のPDA(東芝のGENIO e550)は3年以上使ってバッテリーがいかれ気味ですので、DigiWalker Mio 168RSが発売され次第購入することになるでしょう。

everio次はビクターのデジタルビデオカメラEverio(エブリオ)。今までビデオカメラには全く興味が無く、SANYOの動画デジカメXacti(ザクティ)DMX-C1で代用していました。でもこのEverioは欲しい。何がそそられるかというと、とても小さいのです。W74mm×H56mm×D94mmという小ささです。DVテープではなく4GBのハードディスクに記録することで小型化したようです。記録形式はDVDと同じMPEG-2で、DVD画質で最高1時間の録画が可能とのこと。欲しい。でもネックがひとつ。今アニメーションをやりたいのですが、このEverioには齣撮りの機能がないんですよね。う~ん悩む。

mobaho最後はモバHO!(モバホ)端末。モバHO!とは昨年10月から始まった携帯端末用の衛星デジタル放送のことで、BSデジタルや地上デジタル放送と異なり、屋外での視聴を前提にしています。衛星デジタル放送ですので、画像が鮮明で高速で移動する電車や車の中でも映像が途切れずに見られるとのことです。番組は独自の内容で、音楽(音質はCD並み)、映像、ニュース、競馬などがあり、自分が見たいものを月極で購入して視聴します。SDなどに録画も可能なようです。東芝とシャープから出ている専用端末は5万前後、今後車載用端末や安価なPCカードタイプの端末も出てくるようです。欲しいのですが、視聴料が毎月2000円ぐらいかかりそうで、契約が各端末毎というのがネック。様子見です。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2005.02.06

ダイヤモンド富士 in 水道橋

先週は水道橋付近でダイヤモンド富士が見られました。ダイヤモンド富士とは日の出や日の入りが富士山にかかることをいいます。狭義には山頂にかかることをいうようです。
都内屈指の山岳展望のメッカ?文京区役所の25階の無料展望室からのダイヤ富士は2月1日でした。仕事の移動中に無理やり時間をつくり展望室に駆けつけました。100名以上のカメラマンが既に待機しており、皆さんの熱気で暑いほどでした。この日は晴れてはいるものの、富士山の周りには厚い雲がかかっていました。結局富士山は姿を見せず、みなさんのため息が聞こえました。
翌2日も晴れてはいるものの富士山には雲がかかっていて、この日も空振りです。翌3日は今仕事でおじゃましている水道橋の住友不動産ビルからダイヤ富士が見られる日でした。夕方まで真面目に仕事をし、直前に富士山が見えるエレベーターホールに待機しました。エレベーターに乗り降りする人に不審がられながら待つこと10分ほど、ダイヤモンド富士が始まりました。わずか2分ほどの素敵なショータイムです。。

手前は法政大学ビルです。このビルのために富士山の半分が隠れてしまいました。
Dia0203_1

残映が法政大学ビルの間から見えています。
Dia0203_3

翌4日のダイヤモンド富士です。
Dia0204_1


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.02.02

がんばれ!ジャストシステム

今朝(2日)の朝日新聞の一面は「東京地裁が一太郎の販売禁止命令を出した」というニュースでした。理由はジャストシステムが松下電器の特許を侵害したというものです。昨夜のテレビのニュースでは特許の内容が分からなかったのですが、今朝の新聞を読んで理解しました。一太郎などのソフトでヘルプのアイコン(ジャスト側はアイコンと認めていない)をクリックした後に、例えば印刷のアイコンをクリックすると印刷に関するヘルプウィンドウが出る、ということが松下の特許を侵害しているらしい。確かにメニューからヘルプ選んで、更にヘルプのメニューから印刷に関する項目を選んでいくより、こっちの方が直感的でスマートですよね。でも失礼な言い方ですが、こんなこと気の利いたソフト開発者なら誰でも考えつくことじゃないのかなあ。特許の意味や大切さは分かっているつもりですが、こんなことに特許があったなんて!というのが正直な感想です。こういうことが積もり積もって、ユーザーの利便性やコスト負担に影響を及ぼさなければいいがなあと思います。

それにしてもジャストシステム、久しぶりに聞いたニュースがこれとは。DOSの時代には表計算はロータスの「1-2-3」、データベースはアシュットン・テイトの「dBASE」、そしてワープロはジャストシステムの「一太郎」の時代がありました。でも今はワードに押されぱっなし。運営していたJust-NetもSo-netへ身売りしたし。おかげで私はSo-net会員です。
もう20年以上前、東芝のビジネスパソコン(当時はそう呼んでいた)のパソピア16にバンドルされていた一太郎の前身JSWORDの時代から、私は一太郎のファンです。判官びいきかもしれませんが、「がんばれジャストシステム」と応援したくなるようなニュースでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »