« November 2004 | Main | January 2005 »

2004.12.30

EZナビウォーク

携帯を換えた。昔の人気漫画「おれは直角」の主人公石垣直角じゃないが、何事もストレート好きの私は携帯もストレート型。というわけでauのtalbyに機種変更。
家族との通話が主の私は携帯の性能にはこだわらないが、EZナビウォークだけは興味津々。しかも15日間無料で使えるとのことで早速試してみました。

EZナビウォークを起動すると1分もかからずに現在地を表示します。今までSonyのハンディGPS「PCQA-GPS3VG」とI・O DATAの「CFGPS」しか使ったことのない私にはこの速さは驚きです。EZNaviGPS衛星を捕捉できない室内などでは携帯基地局との関係から近くの場所を表示するようです。ルート案内機能を使ってJR水道橋駅からJR秋葉原駅まで歩いてみました。まずEZナビウォークを起動して現在地を表示。次にメニューから「駅」で秋葉原駅を指定するとルートを検索(1ルートのみ)し、ルート案内が始まります。進行にしたがって人アイコンが移動します。空の開けた場所では道路のどちらにいるかも分かるほど正確です。しかし高いビルが両側にある場所では数メートル離れた神田川を歩いてたりします。曲がる場所に近づくと300m手前辺りから音声案内とバイブとイラストで通知します。地図データがなくなるとサーバーからデータをダウンロードしますが、地図の切替えはスムーズで全く気になりません。途中わざとルートを外れると200mぐらいして、ルートを外れた旨の通知があり、リルートするか聞いてきます。リルートを選択すると現在地からのルートを表示します。またコートのポケットに入れて歩いたりしましたが、しっかり現在地を表示していました。

上位の機種にはあるようですがtalbyにはヘッドアップがなくノースアップしかありません。南方向に歩くときは少し途惑います。しかし起動の早さ、位置の正確さ、地図の切替えのスムーズさなど関心しました。無料期間が過ぎたら早速契約するでしょう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.12.22

架空請求書が来た!

ついにと言うべきかやっぱりと言うべきか、私のところにも架空請求書が届きました。

何々、
『貴方様が携帯電話、又はパソコンでご利用になられた有料番組』
 ★ゲッ、あのことか?
『有料番組サイト等の利用料金が、未だ未納となっており、日々延滞金が発生している状態です。』
 ★えっ、1回も請求・督促も受けていないのに期限の利益を喪失しちゃたの。そんなーご無体な。
『本日、貴方様がご利用になられた運営業者様から債権回収の依頼を正式に受理しましたので、今後、弊社がご請求させて頂きます。』kakuu
 ★へぇー、御社はサービサーだったのね。免許ある?
『未納料金や延滞金のご説明もございませんので、本書到着後、1週間以内に下記まで大至急ご連絡ください。』
 ★だから、1回も請求も督促も受けていないんだって。
『尚、個人情報保護の観点からも、必ず、ご本人様からご連絡くださいますようお願い致します。』
 ★個人情報保護の観点って?このよーな内容の文面を封入や圧着ハガキでなく、フツーのハガキで送ることが個人情報保護の観点に反しません?
『「給与差押さえ」の内容証明をご勤務先に送付させて頂きますので云々』
 ★ひぇー、そんなもん送られたら困っちゃうわ。でも債務名義取れるの?

『*弊社は、最近多発している悪質な架空請求の業者ではありません。心当たりが無くても一度でもサイトにアクセスすると、登録がなくても自動的にご料金が加算されるシステムが多発していますので、今後ともご注意ください。』
 ★どーもご親切に、ありがとーございますっ。

どこからデータが漏れたんだ?
(サムネールをクリックすると拡大写真が見られます)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.19

ダイヤモンド富士 in 川口

12月12日(日)から13日(月)にかけて自宅近くの川口市にあるショッピングモールのダイヤモンドシティ・キャラからダイヤモンド富士が見られる予定でした。ダイヤモンドと名のつく所からのダイヤモンド富士ですからほんとに楽しみにしていました。1週間前の日曜日は予行練習に夕方キャラの屋上駐車場に出かけて、きれいな富士山と夕日を撮ってきました。
dia01jpg

でも12日は朝から天気が悪く昼過ぎから小雨も振りだし、結局富士山は見えず。翌13日はきれいに晴れ上がり期待が持てました。午前中は仕事場から見える富士山にやきもき。「母がオレオレ詐欺にあった」なんて口実を作って帰ろうかな。でもこういう時に限って突然の会議。おいおい。しかも昼を過ぎたあたりから富士山にも雲がかかりだす。こうなれば早退するわけにもいかず、電話で渋る嫁サンを説得。その結果が下の写真です。かすかに富士山のシルエットが分かるような気が。
dia02jpg

帰宅して嫁サンに話を聞くと、着いた時は富士山は見えずうろうろしていたら、立派なカメラを持ったおじさんに話しかけられたとのこと。嫁サン「富士山はどっちですか?」と馬鹿なことを聞いたらしい。おじさん「今日はダメだね」と夕日が沈む前に帰ったらしいですが、やっぱり同好の士はいるんですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.11

長崎鼻から種子島

「ふるさと富士-開聞岳-」の記事におじゃる丸さんからコメントを頂きました。その中に下記のような質問がありました。

************************************
長崎鼻から佐多岬方面を望むと、大隈半島と種子島はつながっているように見えるのでごじゃるかのう。 ご存知ありませぬか?
************************************

早速調べてみました。
DAN杉本さん作の3D地図ナビゲーター「カシミール3D」というフリーソフトがあります。このソフトは各種地図の表示だけでなく、地図上の任意の場所から見える風景を描く機能を持っています。この他にもGPSとの連携など本当に多機能ソフトで私が一番利用するソフトかもしれません。下記の3枚の画像はいずれも「カシミール3D」を使って描いた画像です。

知覧町上空3500m地点から開聞岳方向を見た鳥瞰図です。この鳥瞰図からすると長崎鼻から佐多岬を望むと大隈半島と種子島は重なって見えるはずです。
nagasakibana3500

こちらは長崎鼻の上空100mから佐多岬を見た画像です。確かに佐多岬の右側に種子島が見えます。
nagasakibana100

こちらは長崎鼻に立って佐多岬を見た画像です。上記画像では見えていた種子島が消えてしまいました。何故でしょうか?
nagasakibana001

◇種子島が消えた理由
nagasakibana0
地球は丸いため遠くのものは、遠くになればなるほど見かけ上沈み込んでしまうという現象のためです。普段の生活では「地球は丸い」という事実を実感できませんが、やっぱり地球は丸いのです。
したがって結論は「種子島が見えないため大隈半島と種子島は重なっては見えない」です。

| | TrackBack (0)

2004.12.09

PDAで「鬼平」を読む

池波正太郎さんの鬼平犯化帳シリーズは大好きで、読みたい本がなくなったりするとついつい読み返したりしています。「鬼平」研究で知られる西尾忠久さんの朝日カルチャーセンターでの「鬼平」講座にも参加したことがあります。
久しぶりにPDA専用のコンテンツショップの@irbitwayを覗いたら、鬼平犯化帳シリーズが刊行されていて、週間売上のトップになっていました。1巻が2話のセットで28巻まで刊行されています。文春文庫シリーズの8冊目あたりぐらいまでです。早速、文庫の第1冊目分の8話(1巻~4巻)を購入(ダウンロード)しました。1巻が105円(税込)ですので、1冊分で420円になります。最近出た文春文庫の新装版が514円(税抜き)ですので、流通コストを考えるともう少し安くてもいいかなと思ってしまいます。
onihei
さてPDAでの読書ですが、ダウンロードしたデータ(テキスト)をT-TIMEやブンコビューアーという無料ソフトで読みます。利点は
 ◇頁めくりなどの操作を片手でできる
 ◇操作を右手か左手でやるのか自由に変えられる
 ◇フォントやサイズを自由に変えられる
   (老眼にはありがたい)
 ◇文字の縦書き、横書きを自由に変えられる
 ◇気になった箇所に栞(ブックマーク)を簡単に付けられる
 ◇電源のオン・オフで読書の中断・再開が瞬時にできる
   (電車の乗換時に便利)
逆に欠点は、小さなPDAの画面(240×320ドット)で読みますので改行が多くなり、紙の本との印象が違ってくることぐらいだと思います。

本を電子媒体で読むことに抵抗を感じる人もいると思いますが、私は全く気になりません。以前にも江戸川乱歩の「D坂の殺人」や高橋克彦さんの推理小説をPDAで読んだ経験があります。(そういえば、それらのデータは何処に保存したんだろう?) @irbitwayは綿矢りささんの「蹴りたい背中」などの話題になった本からアダルト本までかなりの品揃えになっています。電子ブックではSONYの「RIBRIe(リブリエ)」やPanasonicの「ΣBook」が有名ですが、まだまだ専用ハードまで買って読もうとは思いません。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.12.05

オマエは誰だ!

秋葉原の中央通りの路地裏に「ガチャポン会館」というお店があります。中の商品が見える透明なケースに200円ほどを入れてレバーをぐるっと回すと、カプセル入り玩具が落ちてくる通称ガチャガチャの専門店です。何が落ちてくるのか分からないので、結構ドキドキします。このお店天井近くまでガチャガチャが並び、商品の種類も豊富です。私も鉄腕アトムやサンダーバードのフィギュアが欲しくて、時々立ち寄ります。昨年懐かしのヒーローものが5種類入ったガチャガチャを見つけました。どうしても欲しくて、5種類が全部出るまで粘りました。いわゆる大人買いです。
gacyagacya.jpg
左から「エイトマン」(2種類)「スーパージェッター」「ソラン&チャッピー」です。昭和30年代生まれにとっては本当に懐かしのヒーロー達です。ん?右のオマエ、そう、黒いヤツ。オマエは誰だ!
エイトマンもジェッターもソランも今でも主題歌が歌えるオレなのに、オマエだけは知らないのだ。ヒーローにしちゃ老けた顔してるし、エイトマンと比べてもごっつい顔している。ポーズも渋いぞ。オマエは誰だ。
当時鹿児島では民放が1局しかなかったからなあ。友人に「じゃじゃ馬億万長者」を知らなくてビックリされたことあるしなあ。だって鹿児島じゃ放映してなかったんですから。今回もオレだけが知らないなんてことも。誰かコイツの正体を教えて。

| | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »