« JR最南端の駅 -西大山駅- | Main | ハケの道 »

2004.11.28

サンダーバード

TSUTAYAに行ったら実写版「サンダーバード」のDVDがあったので借りてきて観ました。小学生の頃「サンダーバード」と、同じくNHKでやっていた「タイムトンネル」は夢中で観ていました。
TV版「サンダーバード」は最近までNHK教育で再放送していてほとんど観ました。今観るとメカ・デザインが古くさいですね。サンダーバード各メカの外観のデザインは別として内部の装備は。コンピュータもなさそうで手動で操作しているし、ディスプレイもなくて窓から外を見ているし、警報装置はみんなでっかい電球だし、データの保存もテープだし。国際救助隊の設立が2065年のはずなのにあまり未来的な感じがしません。もう少し後に製作された名画「2001年宇宙の旅」とは大違い。まあ莫大な資金で製作されるハリウッド映画と比べるのは酷でしょうが。でも私はこのレトロな感じが嫌いではありません。かえっていい味になっていると思います。

またベストセラーになった柳田理科雄さんの「空想科学読本」などでサンダーバードの矛盾点が指摘されていますが、私も不思議に思っていることがあります。下の写真は上段が第8話「死の谷(END OF THE ROAD)」に出てくるトレイシーアイランドの唯一の等高線入りの地図で、下段がほぼ毎回出てくるトレイシーアイランドの全景です。
私の推測ではこの等高線からは下段のような島の形にはなりえません。全景では左端にピークがひとつ見えていて、右側は平らなスカイラインになっていますが、地形図ではピークが2つあり、あのような平らな線はどうしても出てこないと思います。今後じっくり検証したいと思っています。
TB.jpg

さて実写版「サンダーバード」ですが、映画公開時も映画館で観ています。実写版はTV版の以前の設定で、末っ子のアランはまだ正式な隊員でなく、そのアランの成長と家族の絆を描いています。そう思います。アランがまだ隊員ではないので、TV版では座ってばかりいるトレーシーパパもメカを操縦したり、ペネロープとパーカーのコンビも割りと違和感がなかったりと面白いこともあります。でもストーリーがいけません。余計なストーリーより手に汗握る救出シーンやメカをもっと詳細に見せて欲しかった。それと名優ベン・キングスレー演じる悪玉フッドの登場もいけません。私はもともとTV版でも悪玉フッドが登場する話はあまり好きでなかったからもしれませんが。純粋に空想科学ドラマとして観ていたかったのだと思います。

ところでこの映画ではトレーシーパパに反抗するアランですが、めでたく隊員になったのでTV版と同じく何事にも「はい、パパ」といういい子になってしまうのでしょうか?

|

« JR最南端の駅 -西大山駅- | Main | ハケの道 »

Comments

サンダーバードいいですよねぇ
ワタシ的には、レトロな感じがしてTV版のほうが好きですね。
古いだけに、つっこみどころがいっぱいあるところも好きなトコです。

PDAの使い方とか参考になりそうなので、リンクさせてもらいました。よろしく~

Posted by: バウム | 2004.11.28 at 11:53 AM

バウムさん、コメントありがとうございます。
サンダーバードは本当に夢がありますよね。

PDAもVAIOのTYPE-Uを買ったので、これっきりかと思ったのですが、VGA対応とかグランマップやMioMapなど魅力的なものが出てきて迷っています。でもMioMapが出たら買い換えてしまいそうです。

Posted by: same | 2004.11.28 at 10:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/1996518

Listed below are links to weblogs that reference サンダーバード:

« JR最南端の駅 -西大山駅- | Main | ハケの道 »