Main | December 2004 »

2004.11.30

ハケの道

先週の土曜日(27日)、地図サークルのM.A.Pの会(まっぷのかい)の月1の例会でJR南武線の谷保駅から西国立駅まで歩いてきました。
このあたりは長い年月をかけて多摩川が浸食を繰り返し、北側から南側へ数段に分けてなだらかに傾斜する段丘と呼ばれる地形をつくりました。そして各段丘の端を段丘崖線といい、一般的にはハケと呼びます。ハケからはいたる所で水が湧き出し、湧水池や小川(国立付近の矢川、小金井付近の野川が有名)をつくり、生活や農業用水として利用され人々の生活を潤しました。今回歩いた場所は一番南側(多摩川寄り)の青柳段丘(青柳崖線)とその北側の立川段丘(立川崖線)が交差する辺りで、水辺の自然が豊かに残る地域です。ハケはこの辺りから東側は武蔵野段丘(国分寺崖線)の小金井・三鷹のあたりまで見られ、「ハケの道」としてよくハイキングの本などに紹介されています。
hake.jpg
この日はとても気持ちのいい晴天で、10時半に最初の目的地の谷保天神に向けて谷保駅を出発しました。谷保天神は駅から南へ5分ほど歩いた交通量の多い国道20号線(甲州街道)沿いにありました。ここは都内では湯島や亀戸に並ぶ天神様で「野暮天」の語源になったことでも有名です。
20号線に面した鳥居をくぐり、少し傾斜した参道を進むと階段がありました。階段からは黄色く色づいた銀杏の葉の間から富士山が見えていました。ちょうどこの階段の場所が立川段丘の段丘崖面にあたり、本殿は階段を下ったハケ下にあるという珍しい天神様です。現在ハケ上を通る甲州街道は江戸時代以前はハケ下を通り、谷保天神を南側へ迂回していたようです。しかし江戸初期に甲州街道を真直ぐにするため、街道をハケ上に持っていって、参道が上で本殿が下にあるという珍しいかたちになったようです。
谷保天神の隣にはハケ下によく見られる湧水池がありました。常盤の清水(由来からすると常磐のような気がするが案内板にはこう書かれていた)と呼ばれています。規模はとても小さいのですが、富士の湧水で有名な柿田川や忍野八海を思わせる清らかな水がこんこんと湧いていました。
<左:谷保天神、すぐ右が立川段丘崖線 右:常盤の清水>
hake2.jpg

谷保天神を後に、住宅と田んぼが混在し、傍らを小川が流れるのどかな小径を城山公園(じょうやまこうえん)へと向かいました。城山公園は中世豪族の三田氏の居城があったことからこう呼ばれているそうです。公園はコナラなどの雑木林と竹林の鬱蒼とした森でした。しかしかなりの部分が個人の所有だそうです。公園の南側がハケになっていて、ハケ下には移築された江戸後期の古民家(旧柳沢家住宅)がありました。古民家の庭では月1回の催物の日だったようで餅つきをやっていました。係の女性に訊ねたところ、500円で餅つきを体験でき、搗き立てのお餅とケンチン汁などを頂けるとのことでした。お餅がおいしそうでしたが、お弁当を用意していたため、古民家の裏手の湧水池に木製のテラスを張出した小公園で昼食にしました。黄葉を通した柔らかな日差しの中で昼食をとりながら、水辺に集まる鳥(ゴイサギやキセキレイなど)の名前を鳥に詳しいメンバーに教えて貰いました。
<左:ハケ下の小川の道からの富士山 右:富士山の拡大写真>
hake3.jpg

昼食後は青柳崖線に沿った「ハケ下の径」の木道をゆっくり歩き、「ハケ上の径」と合流する先にあるくにたち郷土文化館に向かいました。ハケ上にあるくにたち郷土文化館はガラス張りの明るい建物で、近辺で発掘された遺跡と昔の民具などが展示してありました。入口の前の道からはハケ下の府中用水と中央高速が見えていました。
この後、すぐ北側の南養寺の門前にあった水準点を観察し、矢川いこいの広場へ向かいました。再び国道20号線を渡り直ぐに右折すると再び矢川が現れます。川の片側は住宅になっていて、ほとんどの家が川に面して階段状の洗い場を設けていました。こんなきれいな水が生活の一部としてある暮らしをうらやましく思いました。両側にベンチが置いてあり、夏は子供の水遊びの歓声で賑わいそうな矢川いこいの広場で一休みし、最後の目的地の矢川緑地保全地域に向かいました。矢川緑地保全地域は広い湿地でその中を木道で渡ります。傾いてきた太陽の光に湿地の水がキラキラ光ってきれいでした。木道を渡り終えると西国立駅へ通じる大きな道路の壁に突き当たり、ここで今日の楽しかった散策も終わりです。また矢川もこの先で暗渠(あんきょう)となって地下を流れます。
<矢川の流れ>
hake4.jpg

今日は絶好のハイク日和で、時折見える富士山と歩いたほとんどの道の傍らを流れていた清らかな水に大満足した一日でした。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.11.28

サンダーバード

TSUTAYAに行ったら実写版「サンダーバード」のDVDがあったので借りてきて観ました。小学生の頃「サンダーバード」と、同じくNHKでやっていた「タイムトンネル」は夢中で観ていました。
TV版「サンダーバード」は最近までNHK教育で再放送していてほとんど観ました。今観るとメカ・デザインが古くさいですね。サンダーバード各メカの外観のデザインは別として内部の装備は。コンピュータもなさそうで手動で操作しているし、ディスプレイもなくて窓から外を見ているし、警報装置はみんなでっかい電球だし、データの保存もテープだし。国際救助隊の設立が2065年のはずなのにあまり未来的な感じがしません。もう少し後に製作された名画「2001年宇宙の旅」とは大違い。まあ莫大な資金で製作されるハリウッド映画と比べるのは酷でしょうが。でも私はこのレトロな感じが嫌いではありません。かえっていい味になっていると思います。

またベストセラーになった柳田理科雄さんの「空想科学読本」などでサンダーバードの矛盾点が指摘されていますが、私も不思議に思っていることがあります。下の写真は上段が第8話「死の谷(END OF THE ROAD)」に出てくるトレイシーアイランドの唯一の等高線入りの地図で、下段がほぼ毎回出てくるトレイシーアイランドの全景です。
私の推測ではこの等高線からは下段のような島の形にはなりえません。全景では左端にピークがひとつ見えていて、右側は平らなスカイラインになっていますが、地形図ではピークが2つあり、あのような平らな線はどうしても出てこないと思います。今後じっくり検証したいと思っています。
TB.jpg

さて実写版「サンダーバード」ですが、映画公開時も映画館で観ています。実写版はTV版の以前の設定で、末っ子のアランはまだ正式な隊員でなく、そのアランの成長と家族の絆を描いています。そう思います。アランがまだ隊員ではないので、TV版では座ってばかりいるトレーシーパパもメカを操縦したり、ペネロープとパーカーのコンビも割りと違和感がなかったりと面白いこともあります。でもストーリーがいけません。余計なストーリーより手に汗握る救出シーンやメカをもっと詳細に見せて欲しかった。それと名優ベン・キングスレー演じる悪玉フッドの登場もいけません。私はもともとTV版でも悪玉フッドが登場する話はあまり好きでなかったからもしれませんが。純粋に空想科学ドラマとして観ていたかったのだと思います。

ところでこの映画ではトレーシーパパに反抗するアランですが、めでたく隊員になったのでTV版と同じく何事にも「はい、パパ」といういい子になってしまうのでしょうか?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.11.20

JR最南端の駅 -西大山駅-

JR指宿枕崎線の西大山駅(鹿児島県揖宿郡山川町)は鉄道マニアの間では有名な駅です。朝夕を中心に1日8往復しかなく、駅舎どころか駅前にもほとんど建物もないこの無人駅が何故有名かというと、「日本最南端の駅」(北緯31度11分)だからです。
最近JRの各駅にジパング倶楽部のポスターが貼ってあるのですが、そのポスターは老夫婦が最北端駅の稚内駅と西大山駅に立っているものです。
そのポスターを見て「あれ?」と思いました。昨年の夏(2003年8月)に田舎に帰省した際に、30年ぶりくらいに西大山駅まで行って写真を何枚か撮ってきました。駅は昔と変わらず畑の中にポツンとある時代に取り残されたような寂しい駅でした。ちょうど枕崎方面から来た2両編成の汽車(電車じゃない)が駅に止まると、中から3人の若者が飛び出してきて、ホームを行きつ戻りつして写真を撮っていました。彼らが撮っていた有名な標識は枕崎側のホームの端に、端正な開聞岳を背に立っています。私も同じように開聞岳をバックにその標識を撮りました。家に帰ってその写真を見るとポスターの写真との違いが分かりました。
<上:昨年 下:今年のジパング倶楽部ポスター>
nisioyama.jpg

去年は「本土最南端の駅」だった標識がポスターでは「JR日本最南端の駅」に変わっています。
調べたところ、昨年(2003年)の8月に沖縄にモノレールが出来て、最南端の駅が沖縄都市モノレールの赤嶺駅になったためらしい。さらに昔の写真を見ると、この標識は「日本最南端の駅」であったことが分かりました。私が訪れた時は既に最南端駅ではなくなっていたようです。したがって私が見た標識は既に沖縄のモノレールの誕生を機に変更されたものだったようです。でも、さらに「JR日本最南端の駅」に変更したのは何か不都合でもあったのかなあ。「本土最南端の駅」でもいいような気がするのですが。

ちなみに東西南北の端っこの駅は、
 東端=東根室駅(北海道:JR根室線)
 西端=たびら平戸口駅(長崎県:松浦鉄道西九州線 JRでは佐世保駅)
 南端=赤嶺駅(沖縄県:沖縄都市モノレール JRでは西大山駅)
 北端=稚内駅(北海道;JR宗谷本線)
のようです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.11.19

眠れる電車の人々

フリーのPDA専用のお絵かきソフト「幻彩2」はとてもよく出来たソフトで、有償版との違いは複数のアンドゥが出来ない程度で、軽快かつ気軽にお絵かきができます。私は朝夕の通勤時の暇つぶしにこのソフトを使って、眠りこけている乗客をたまに描いています。
[Sleepers in Train]
nigao2.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

My PDA Life その2

私のPDA(Personal Digital Assistant)活用方法の第2弾です。

③の「メモ、スケジュール」は標準添付のソフトを使用して、普通の使い方をしています。

④の「音楽や写真、動画の鑑賞」の音楽については、携帯用のデジタル・オーディオ・プレーヤーで聞くことが多いのでPDAではめったに聞きません。写真についてもデジカメで撮ったものをたまに確認用に見るぐらいです。よく使うのは動画(映画)の鑑賞です。HDD&DVDレコーダーに録画したものの見る時間がなくてレコーダーに溜まりぱっなしの映画を通勤時によく見ています。
方法はDVD-R⇒母艦PC⇒PDA用にエンコード⇒ActivSyncあるいはカードリーダーでPDAへという手順です。
DVD-Rから母艦PCへのリッピングはDVDDecrypter(日本語化はこちら)というフリーソフトを使います。2時間程の映画で15分程かかります。こうして母艦PCへコピーされたDVDビデオファイルをDaViDeo4 Proという市販ソフトを使ってPDA用にエンコードします。この時、画像サイズとメモリーカードの容量を指定します。指定したメモリーカードの半分強のサイズに収めるようです。小さなPDAの画面で字幕も判るようにするには画像サイズは最大の320×240、メモリーカードサイズは512MBを指定すればいいようです。こうして出来た映像ファイルをカードリーダー等経由でPDAのメモリーカードに移し、添付のPocketMediaPlayerでフル画面をヨコにして見ます。
不満はPDA用のエンコードが映画の時間と同じ程度の時間がかかることと古くなったためかPDAのバッテリーが1時間も持たないことです。

⑤の「PDAナビ」は地図にアルプス社のMobileAtlasかゼンリンのits-moNavi PDA。GPSはI-O DATAのCFGPSを使用してカーナビ代わりにしています。アルプス社のMobileAtlasは母艦PCから必要な範囲の地図を切出して使用します。GPS機能はルート検索機能などはなく、現在位置を表示するだけです。もうひとつのゼンリンのits-moNavi PDAは必要な地図はゼンリンの地図サーバーに接続してダウンロードします。(1年間の使用料は1980円)したがって最新の地図を使えます。地図サーバーに接続した状態ではルート検索機能も可能です。この検索データをPDAにダウンロードし、カーナビとして使えます。複数の経由地の登録、有料道路・一般道路の優先、直進優先などの指定が可能で、交差点近くになると交差点の拡大表示をするなど音声案内がないぐらいで通常のカーナビの機能はあります。
不満はCFGPSが最初の衛星補足に時間がかかること。(最新のCFGPS2はどうなんでしょうか?)CFスロットをGPSで塞ぎますので、GPS使用時は地図のダウンロードができないこと。道を外れた場合のリルート検索機能がないことです。でも総額7万円ほどでカーナビ代わりになるのですから結構なことです。
また近日中に、マップネット社のグランマップ・ナビやマイタック・ジャパンのMio Mapなど音声ナビを備えた魅力的なPDA用のナビソフトが出そうなので楽しみです。
<左:ナビ画面 右:交差点拡大画面 ともにits-moNavi PDA>
navigamen.jpg

⑥の「お絵かき、辞書検索」ですが、辞書は「国語辞典」「カタカナ辞典」「漢字辞典」「英和辞典」「和英辞典」の5つの辞典がセットになった辞典の杜という辞書ソフトで英単語の綴りや字句の意味を調べたりしています。
お絵かきはフリーのPDA専用のお絵かきソフト「幻彩2」を使って似顔絵などを描いて遊んでいます。一番描くのは通勤の電車内で眠っている人をよく描きます。次回、幻彩2を使って描いた絵をご紹介します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.18

チャーリーズ・エンジェル

映画「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」をTVで観た。大学時代TV版「チャーリーズ・エンジェル」は毎週のように観ていました。ファラ・フォーセット・メジャーズは大ブームになりました。ファラの抜けた後に参加したシェリル・ラッドは名画「シェーン」のアラン・ラッドの息子の元嫁さんで、キュートで可愛かったです。でも私が一番好きだったのはケリー役のジャクリン・スミス。この人だけが全シリーズに出ていたような。今回の映画版でも失意のドリュー・バリモアを酒場で励ますシーンに元エンジェル役でちょこっと出ていましたね。少しお年を召しましたが相変わらずきれいでした。

この映画、ちょっとお下品な気もしますが、ノーテンキで観る分には楽しいです。観てて「あれ?」というシーンがありました。3人のエンジェルが修道院へ行ってシスター?(スター・ウォーズのレイア姫のキャリー・フィッシャー)に話を聞くシーンです。このシーンは名作「ブルース・ブラザーズ」(キャリー・フィッシャーはこっちにも面白い役で出ている)で出所したばかりのジョン・ベルーシと弟役のダン・エイクロイドが自分たちが育った孤児院に行って、院長のシスターに説教されるシーンのパロディですね。窮屈なそうな机や、やたらにムチをふるうシスターとか。そうやって観ると出だしのヘリコプターで脱出するシーンも最近の「007」に似たようなシーンがあったような。敵役のデミ・ムーアが水着姿で初登場するシーン、車が爆発して3人がスローモーションで吹っ飛ぶシーン、ネオンサインの屋上で格闘するシーン、髪の毛フェチの殺し屋(バック・トゥ・ザ・フィーチャーのマイケル・J・フォックスのパパ)等なんかのパロディのような気がするのだが思い出せない。

パロディといえば、名作「ブルース・ブラザーズ」も上記の孤児院を訪ねて階段を上がっていくシーンは「エクソシスト」のパロディですよね。それと出だしのジョン・ベルーシが刑務所の門から出てくるシーンは「未知との遭遇」で宇宙人にさらわれた人たちが宇宙船から出てくるシーンのパロディだと思うのですが、いかがでしょうか?

またエンジェル役のひとりのキャメロン・ディアスが出ていた「バニラ・スカイ」でトム・クルーズと彼女が寄り添って歩くシーンは、ボブ・ディランの名盤「フリーホイーリン」のジャケットでディランと恋人のスーズ・ロトロがニューヨークの街を寄り添って歩くシーンにそっくり。この映画はやたら心理描写のシーンが多いのだけど、このシーンは何か意味があるのかな。それとも監督の遊び心?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.16

My PDA Life その1

私の愛用のPDA(Personal Digital Assistant)は3年ほど前に購入した東芝の初代Genio-e550無印です。外出時はほとんど携帯するほど重宝しています。PDAの電源を入れると普通は面白みのない「Today」画面が表示されますが、私は代わりにフリーソフトのSQ Pocketが起動するようにしています。SQ Pocketはタスクスイッチャーと言われるソフトですが、壁紙・カレンダー・時計・電池残量・メモリー状況の表示や画面のキャプチャーなど多機能のソフトで、このソフトのおかげで各ソフトの起動が楽になるし、見た目も自分好みにカスタマイズできます。
<私のDeskTop画面>
PDA01.jpg

私の主な使用目的は、
 ①メールチェックおよびインターネット閲覧
 ②日記
 ③メモ、スケジュール
 ④音楽や写真、動画の鑑賞
 ⑤PDAナビ
 ⑥たまにお絵かき、辞書検索 などです。

①についてはNECのCF型のデータ通信カード(AH-N401C)+AirH”(エアーエッヂ)で外出時のメールチェックやインターネット閲覧をしています。AirH”は「ネット25」(128kパケット方式)という1ヶ月25時間以内なら固定料金のプランで契約をしています。月額基本使用料は税込5,670円ですが、いろいろな割引がついて現在4,400円程を毎月払っています。お小遣い生活者としてはちょっと高いのですが、外でのメールチェック等が必要なもので我慢しています。使用ソフトは添付のポケットIE、ポケットOutLookです。
速度的にはメールは全く問題なし。ただHP閲覧はPDA専用のHPはともかく通常のHP閲覧は速度的にも画面的(QVGA 240×320)にもつらいものがあります。解像度や縦横の表示を切換えられるソフトを使ったりしていましたが、それでもつらいものがあり、現在は緊急以外のHP閲覧はしておりません。その代わりPDAコンテンツショップの@irBitwayのPDA版アサヒコム(月額525円)、日経BP(月額630円)、日刊スポーツ(月額525円)の3紙を購読し、必要な時にダウンロードしてオフライン(NewsViewerというソフト)で読んでいます。また指定された時間に指定されたHPを自動でダウンロードしてくるAUTO WEB RECORDER(2079円)というソフトを購入して、NHKやNNN24ニュース(無料)などを読んでいます。こういう使い方で今まで1回も25時間を超えたことはありません。
自宅ではCFスロットに無線LANカードを刺し、母艦PCとの連携やADSLでインターネットに接続して遊んでいます。

②についてはシェアウェアのAiMa Day Memo(630円)というソフトを使って、ほぼ毎日天気や出来事などを簡単につけています。備忘録としても役に立つし、後から読み返して「ああ、そんな事があったなあ」と面白いものです。この日記の入力に欠かせないのが、Decuma Japanese(4179円)という手書き入力ソフトです。変換スピードも変換効率も実用に耐えるものです。独自の記号を登録してそれに変換文字列をリンクさせる機能などPDAでよくぞここまでと思わせるソフトです。別に所有しているノートPCのVAIO TYPE-Uに付属する手書き入力ソフトはかなりストレスを感じますが、こちらはそんなことはなく快適です。しかし字によってはなかなか変換してくれないという変なクセもありますが。(私の場合は「東」をなかなか認識しない)

③以下については後日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.15

ふるさと富士-開聞岳-

ふるさと富士は各地で「○○富士」と呼ばれている山々のことです。津軽富士(岩木山)、出羽富士(鳥海山)、諏訪富士(蓼科山)、出雲富士(大山)など全国各地に300座以上あるようです。
「おらが富士340座」(中島信典著、山と渓谷社、1993年8月、税込1631円 アマゾン等で購入可)などふるさと富士を扱った本も各種あります。
私の「ふるさと富士」は薩摩富士と呼ばれる開聞岳のことになります。開聞岳は薩摩半島の南東端に位置し、924mと千メートルに満たない山ですが、深田久弥の「日本百名山」にも入っている端正な山容を持つ山です。ちなみに千メートルに満たない山で「日本百名山」に入っている山は他には茨城の筑波山しかありません。開聞岳はその姿が富士山に似ているだけでなく、麓には開聞岳をご神体とする枚聞(ひらきき)神社があるなど信仰の山でもあります。
数あるふるさと富士の中でも私は開聞岳が最も富士山に似ていると思っています。富士山と同じく休火山であること、独立峰であることなどがありますが、最大の理由は等高線がきれいな円を描く完璧な円錐形の山であることです。このため登山道も山をグルリと一周するという珍しいコースになっています。見る位置によっては富士山に見えなくなる山が多い中で、開聞岳はどこから見ても富士山と同じ形をしています。東側の長崎鼻、西側の番所鼻公園、北側の千貫平自然公園などどこから見ても美しい山です。しかし私が一番好きな場所は枕崎市坊津町を結ぶ国道226号線にある耳取峠からの眺めです。段々畑と枕崎市街、右には東シナ海が広がりその奥に海上からすっと立ち上がる凛とした開聞岳が眺められます。天気のいい日はさらにその奥の日本本土最南端の大隈半島の佐多岬も見えます。

<耳取峠からの朝焼けの開聞岳>
kaimon01.jpg
kaimon03.jpg

耳取峠は昔この場所が刑場で、罪人の耳を削ぎ落としたと言われていることからこの恐ろしげな名前がついたと言われています。しかし名前とは正反対で実際は段々畑(昭和40年台までは春先は菜の花で黄色の絨毯となった)と東シナ海の明るい風景が広がる峠です。226号線を車で走って来てこの峠に差しかかると開聞岳と東シナ海に浮かぶ三島村の竹島、硫黄島、黒島の眺めに息をのみます。本当に運がよければ竹島と硫黄島の間に横たわる屋久島を見ることが出来るでしょう。

<耳取峠手前からの竹島(左)と硫黄島(右)、2島の間にかすかに屋久島>
kaimon02.jpg

(注)国土地理院は平成13年に開聞岳の標高をそれまでの922mから2m高くして924mとしました。従来の三角点があった場所より高い場所があるという登山者の指摘を基に再測量した結果のようです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.11.09

ダイヤモンド富士 in 文京区役所

ダイヤモンド富士とは、日の出や日の入りの太陽が富士山にかかることをいいます。しかし一般的には夕日が富士山の山頂に沈むことを指すようようです。
今日はダイヤモンド富士が、都内屈指の大展望が得られる文京区役所25階の展望ラウンジから見られるとのことで、夕方会社を抜け出して出かけて見ました。ここの展望ラウンジは南側の一部が遮られるものの、新宿の高層ビル群越しの富士山と大山から筑波山までの大展望が得られます。条件さえ良ければ南アルプスの悪沢岳(確認済み)、苗場山、谷川岳(未確認)、男体山(確認済み)なども見ることができます。
さて今日のダイヤモンド富士は夕方の16時26分頃。何故事前に分かるかというと、DAN杉本さん作のフリーソフトで3D地図ナビゲータであるカシミール3Dでダイヤモンド富士の場所と時間をシュミレーションできるからなのです。この素晴らしいカシミール3Dについては後日ご紹介したいと思います。
展望ラウンジに着いたのは16時少し前でしたが、既に立派な機材を持ったカメラマンの方が30名ほど富士山にカメラを向けていました。慌てて私も端っこに場所を確保しました。2日前の日曜日にも予行練習の積もりで来たのですが、その時は数名のカメラマンしかいませんでしたので、やはり皆さんダイヤモンド富士が目当てなのでしょう。しかし今日の天気も晴れてはいるものの霞がかかっていて富士山はおろか東京近郊の山の姿さえ見えませんでした。でも時間が経つにつれ太陽が輪郭のはっきりとした真っ赤な円となってきて、少し期待を持たせます。この頃には一般の見物客も多くなり、歓声を上げていました。
16時25分頃から次第に太陽が山頂にかかりだし、山容は依然として見えないものの山頂をくっきり浮かびあがらせながら徐々に山頂に隠れていきました。すっかり太陽が見えなくなるまであっという間でしたが、この間カメラのシャッター音がバシャ、バシャと響いていました。私も夢中でシャッターを切りました。300mmの望遠レンズを持って行ったのですが、ファインダーの中から富士山の山頂がはっきり見えました。
<ダイヤモンド富士。右の2つの塔は東京都庁>
DiaFuji2.jpg

今日のダイヤモンド富士は富士山の山容が見えずに今ひとつでしたが、まあ日曜日よりはマシで山頂が見えただけでも良しとしましょう。来年の春に期待です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Main | December 2004 »