2017.04.16

尾道三部作

旅番組で尾道が紹介されていた。
ワタシは尾道が好きだ。大学時代、キレイな文学部の女の子がいて彼女は尾道出身だった。彼女を見たくて興味もない他学部の文学概論Ⅰなんて講義を大講義室でイネムリしながら聴いていた。
それもあるが、小学3年生の時、当時鹿児島と大阪を行き来していた父親が船長の貨物船に乗って大阪に行ったことがる。大阪からの帰り、瀬戸内海を航行中に台風が来るとのことで尾道港に避難した。
台風が無事過ぎて船の上から見た尾道の街に息をのんだ。港の前を電車が走り、その後は段々に続く家並み、山の上には大きなお寺。その風景を夏休みの宿題の絵に描いた。その絵がコンクールで賞をいただいたのだ。

それ以来訪れることはなかったが、社会人になって大林宣彦監督の尾道三部作を見て感激した。大林監督の尾道三部作とは
  ◆「転校生」1982年 主演 小林聡美
  ◆「時をかける少女」1983年 主演 原田知世
  ◆「さびしんぼう」1985年 主演 富田靖子
いずれも少女と少年の淡い恋がテーマ。尾道の風景は言わずもがな、脇役陣が三部作ともいいんですよ。

当時、映画的には
  ◆時をかける少女>さびしんぼう>転校生

「転校生」と「さびしんぼう」は児童文学作家の山中亘さんの原作。大学生の時に綿密な資料で戦中教育を批判した「撃チテシ止マン」などの「ボクラ小国民」シリーズを読んでいただけに山中さんの原作と知ってビックリした。
「時をかける少女」は言わずと知れた筒井康隆原作ですね。同じ原作のNHKの少年シリーズの第1作「タイムトラベラー」も面白く観ていたもんです。

女優さん的には
  ◆富田靖子>小林聡美>原田知世

当時、原田知世は角川映画の秘蔵っ子と言われていましたね。その前の薬師丸裕子に比べるとなんだか華やかさに欠ける女の子だなと思っていたが、今見るとキレイですねえ。
Photo

この後の大林監督の、尾道ではないけど瀬戸内の城下町を舞台にした鷲尾いさ子主演の「野ゆき山ゆき海べゆき」(1986年)を観た時はビックリした。いくら映画初出演だとしても鷲尾いさ子のセリフが棒読みで不自然に感じたのだ。しかしそれも演出上のことだったと後から知った。後年テレビで女性検事役をカッコよく演じた鷲尾さんですからね。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.04.07

春が来た

長かった冬も退いて、ようやく春の訪れを感じられるようになりました。
それにしても今年のサクラは気を持たせましたね。確か東京の開花宣言は21日。2日にはもう満開宣言が気象庁から発表されました。
1日と2日の週末は年度決算で花見どころではなく、今年のサクラは諦めました。ところが満開宣言がでた割には自宅の周りのサクラは満開に程遠いものでした。やっと6日に1日だけ休みが取れたので、自宅に近い赤塚城址公園や光ヶ丘公園に行ってみました。
平日とあって人出はそれほどではなかったものの、オジサン・オバサン(自分もそーだけど)のグループと子供連れのママ友のグループがやっと満開を迎えたサクラの下で花見をしてました。
天気もよく、春らしい温かな日でリフレッシュできました。

サクラは編集が間に合わなかったので、この日見かけた春の花々を。

サクラ@光ヶ丘公園
1491539825860.jpg
ショカッサイ@光ヶ丘公園
1491539827761.jpg
オドリコソウ@光ヶ丘公園
1491539829043.jpg
ハナニラ@赤塚植物園
1491540192771.jpg
ニリンソウ@赤塚植物園 板橋区の花です
1491540194225.jpg
シャガ@赤塚植物園
1491540195543.jpg
リキュウバイ@赤塚植物園
1491540196682.jpg
イカリソウ@赤塚植物園
1491540564250.jpg
シャクヤク@赤塚植物園
1491540566322.jpg
アセビ@赤塚植物園
1491540567664.jpg
ボケ@赤塚植物園
1491540569067.jpg
スミレ@赤塚植物園
1491540570275.jpg
ヤマブキ@赤塚植物園
1491540571682.jpg
レンギョ@赤塚植物園
1491540573028.jpg
ユキヤナギ@わが家
1491542074132.jpg

この他にもコブシ・ミツマタ・サンシュユ・何とかイチゲなどなど咲いて、春爛漫でした。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.04.03

パソコン購入 -YOGA BOOK- その3

YOGA BOOKの記事がさらに続きます。

前回はキーボードの話題でしたが、今回はYOGA BOOKの使用モードについてです。
YOGA BOOKにはウォッチバンドヒンジという特殊なヒンジが採用されており、ディスプレイ部とキーボード部を自由に折り曲げていろんなモードで使うことができます。ヒンジは見た目も変わっていますね。
Yogabokk00

◆タイプモード
Yogabook01
通常のノートパソコンの使用スタイルですね。

◆ウォッチモード
Yogabook03
名前のとおり動画などを見るときにいいかも。

◆ブラウズモード
Yogabook04
ディスプレイ部とキーボード部を360度曲げます。タブレットとして使用するときに。

◆クリエイトモード
Yogabook02
キーボード部をデジタイザーとしてペンでお絵描きするときに便利そうです。

カフェなどでウォッチモードで動画なんか見ていると、隣の人が興味深々で見ます。
YOGA BOOKは性能的には劣るけど、ユニークなキーボードやスタイルなど久しぶりに買ってよかったと思える買い物でした。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.03.26

パソコン購入 -YOGA BOOK- その2

さてYOGA BOOK with Windows LTE購入の続きです。

YOGA BOOKの最大の特徴はキーボードにあります。Halo(ハロー)キーボードと呼ばれています。
1490361155602.jpg

見たところ普通のキーボードに見えますが、実はこれ物理キーボードではないんです。表面に凹凸がありません。平らな面にLEDでライトアップしたソフトキーボードです。
キーを押すと押されたところがブルッと震えてビープ音がします。静かなところではいいんですが、カフェなどで打つといちいち音がして迷惑極まりありません。それでこの機能はオフにして使っています。
タブレットのソフトキーボードよりはずっと打ち易いですが、慣れるまで少し時間がかかるかも。

ところで何故YOGA BOOKのキーボードはソフトキーボードなのか?それはキーボードの表示を消すと、なんと言うことでしょー!、キーボード部分がデジタイザーに大変身! ペンモードと呼ばれています。

左:ペンモード 右:タイプモード 右上のペンアイコンで切り替え
1490361699625.jpg
ペンモードでイラスト作成中
1490361700105.jpg

付属のペンでHalo(ハロー)キーボード上に線を描くと画面に表示されます。Halo(ハロー)キーボードの上1cmぐらいにペン先を持っていくと、画面上にペン位置が丸く表示されるので複雑な線を描くことができます。上記のようにイラストを描くことができます。

紙に描いた内容が画面に表示される
P_20170326_144757picsay

また付属のペンのペン先を通常のデジタイザーペンからリアルペンと呼ばれるボールペンのペン先に代えることにより、紙に書いた内容が画面上に表示されます。つまり画面と紙に同じ内容を残すことができます。
BOOK Padという固定用のマグネットがついた台紙と5ミリ間隔の点が印刷されたB5より少し大きい用紙が付属でついてきますが、もちろん市販の普通紙でもOKです。

高性能でなくていいから、持ち運びができて気軽にイラストが描けるPCが欲しかったので、いい買い物でした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.03.20

パソコン購入 -YOGA BOOK-

久しぶりにパソコンを購入した。レノボのYOGA BOOK with Windows LTEだ。またもや中国メーカー!
我が家はデスクトップは別にしてノートPCは、ちょうど結婚した頃に衝撃のデビューを果たした初代Dynabook以来、Dynabook一筋だったのに。

ワタシもヨメさんもそれぞれスマホとタブレットを持っていて、大概のことはスマホやタブレットで事足りて、最近めっきりパソコンの出番がない。動画編集もブログの更新も今やスマホでやっている。

ワタシがパソコンでやりたいこと(あるいはPCでしかできないこと)は、
 ①カシミール3D(フリーの3D風景作成ソフト)
   山座同定が趣味で必須のソフト
 ②Inkscape(フリーのIllustrator風のお絵描きソフト)
   Illustratorが欲しいが高くて手がでない
 ③Shade3D(3Dモデリングソフト)
   何回か挫折しています。再挑戦
 ④簡単Webアニメーター(Flash作成ソフト)
   アニメ作成用。ただし最近はFlashが再生できない環境なのでビデオ出力してます
 ⑤筆ぐるめ(年賀状の宛名書き)
   年1度の年賀状作成と「富士ポップ」というフォントが欲しくて

左:YOGA BOOK 右:Dynabook Tab
1489975703817.jpg

現在所有のDynabook Tab VT484/26kと購入したYOGA BOOK with Windows LTEの主な仕様の違いは以下のとおり。

項  目 YOGA BOOK with Windows LTE Dynabook Tab VT484/26K
OS Windows 10 Home 64bit Windows 8.1 32bit
CPU Atom Z8550 Atom Z3740
ストレージ 64GB 64GB
メモリー 4GB 2GB
ディスプレイ 10.1型 1920×1200 8.0型 1280×800
重量 690g 445g
Office Office Mobile Office Home and Business 2013

・OS
  DynabookもWindows10にバージョンアップ済み
・CPU
  同じAtomプロセッサー。やりたいことが上記なのでAtomで充分
・ディスプレイ
  最も違うのがここ。10.1型と大きくなり、解像度があがった
  イラストやアニメやるにはこれくらい欲しかった
・重量
  Dynabookの方が軽いが、キーボード付きのYOGA BOOKに対し
  キーボードを考慮するとDynabookも似たようなものか

LTE対応を除いて、一般的なWinTabであるDynabook Tabとディスプレイ以外は大して違いはなさそうなYOGA BOOKであるが、実はYOGA BOOKには驚きの仕様が。
続きは次回で。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.03.12

沈丁花 -イラスト-

我家の庭に蕾の状態が長かった沈丁花の花がやっとほころび始めました。庭に芳香を漂わせています。
我が家の庭にはギンモクセイもあって、秋はギンモクセイの、春は沈丁花の香りが季節の訪れを感じさせます。

フリーソフトのInkscapeで沈丁花を描いてみました。
470

高校の教科書に森茉莉の随筆が載っていて、縁先の暗闇にほのかに沈丁花の白い花が咲いていて、沈丁花が妖しく香っている、みたいな描写があった記憶がある。
花に全く興味なかったし、かしこい生徒でもなかったのに梶井基次郎の檸檬とこの随筆は覚えている。何故だろう。でも同級生は誰も覚えていないらしい。記憶違いかも。
 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.03.06

赤塚梅まつり2017

荒川沿いの土手沿いを車で走ったら、土手の斜面が菜の花でまっ黄色。しかもどこまでも続いていて春が近いと思わせる。

そんな春めいた週末(4-5日)、赤塚溜池公園とその上にある赤塚城址公園で赤塚梅まつりが開催されていた。ご近所でもあり毎年ブラブラ出かける。

しかし3月の第1土日が開催日と決まっているようで、毎年のように梅の開花時期とうまくマッチしない。今年も城址公園の方はまあまあ咲いていたが、溜池公園の方はサッパリ。

それでも人出は多く、多くの屋台や城址公園での太鼓の演舞や火縄銃の実演等のイベントに多くの人が集まっていた。梅の開花時期に合わせて開催したらと思うけど、開花時期の見極めや準備が大変なんだろうなあ。

動画にまとめました。ご覧ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.02.26

モバ絵

昔からモバ絵を描いていた。モバ絵とはMobile Paintingで、スマホなどのモバイル端末で絵を描くことである。スマホの前のPDA(Personal Digital Assistant)の時代からだから20年以上だ。

PDAで描いた絵。
Flowers_2

PDAはもともとペン入力を前提にしていたから絵を描き易かった。通勤の途中や喫茶店(今時はCafeか)などで暇つぶしに、時には会議がつまんなくて出席者の似顔絵なんか描いて遊んでいた。ところが指入力が前提になるスマホの時代になり絵を描くのが難しくなった。
スマホでもペン入力は可能だが、下の左の写真の様にペン先が太いペンで思ったような線が引けなくて、しばらくご無沙汰していた。

Pen

でもつい最近ペン先が極細1.5mmのペンを発見。早速アマゾンでポチった。翌日届いたのが上の写真の右のペン。
早速久しぶりにモバ絵に挑戦。昔のPDAのペンの様にはいかないけど、それでも今までと比べると雲泥の差。最近映画を見たこともあり、大好きなポール・ニューマンを描いてみた。似てねーか。

映画「動く標的」のハードボイルド探偵役のポール・ニューマンのつもり。
1488066846720.jpg

使ったアプリは、レイヤーも備えた本格的なお絵描きアプリLayerPaint HDと写真の編集アプリPicSay Proの2つ。
またどしどしモバ絵に挑戦しようかな。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.02.12

スマホで動画編集

早くからデジカメやPDA(今のスマホの前身でPersonal Digital Assistant)を購入していました。
デジカメは95年頃発売されたカシオQV-10と富士フィルムのクリップ・イットDS-7をいち早く購入しました。特にQV-10はレンズ部が回転し、ローアングルなどの面白い撮影ができて、みんなに見せびらかせていました。

電子手帳類にも目がなく、Appleのニュートンには手を出さなかったものの、90年代中頃から次々に各社のPDAを購入。ただし今のスマホと同じ音声通話・ネット接続・カメラ機能がついたのは2005年の年末iPhone発売の1年以上前!に発売されたウィルコム今のY!mobileですのW-ZERO3。ただし画面は3.7型のVGA(480×640)でカメラも130万画素と今では見向きもされない性能でした。それでもこれ1台で何でもできると大層重宝してました。

こうして20年以上デジカメやPDAを含めたスマホ、ビデオで撮りためた写真・動画が相当溜まっています。時折PCで編集したりしますが、重たいし面倒くさいし、撮ったまま見返すこともなくタンスの肥やし状態となってました。

しかし最近スマホの性能が目覚ましくよくなり、PCでしかできなかった動画の編集も難なくこなすようになりました。PCだとトランジションに凝ったりテキストにアニメーションを加えたりして却って面倒になってました。でもスマホだと使える機能が限られている分、余計な事を考えることなくスイスイと編集しています。
私がスマホでの動画編集に使っているアプリは以下の3つ。

◆インショット 動画にテキストをつけるのに使用
1486524222596.jpg

◆ビデオ・スピード 再生スピードの調整に使用
1486524224089.jpg

◆アドビ・プレミア・クリップ 最終的な編集に使用
1486524225572.jpg

まずインショットでビデオにテキストを入れます。次に再生スピードを遅くしたり早くしたい場合はビデオ・スピードで調整。そして最終的にあのadobeのプレミア・クリップで動画のカットや挿入、音楽の追加など最終的な編集を行います。
この3つのソフトともナント!無料です。なんていい時代になったんでしょう!

下の動画は11月から12月にスマホ(ASUSのZenfone Zoom)で撮った写真・動画をスマホだけで編集からYoutubeへのアップまで行ったものです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.02.05

歩いていける富士山 その2-下赤塚富士-

歩いていける富士山の第2段は板橋区大門5丁目の下赤塚富士です。前回が上赤塚富士で上と下の違い。つまり京都(朝廷)からどちらが近いかということになります。下赤塚富士は我が家からは直線で約1kmちょっと。googleマップでは歩行で23分とでます。
でもこの辺はタモリの大好きな段差がいっぱいある場所。我が家からは下って登ってを3度ほど繰り返します。しかも最後の登りは急坂。タイトルに反して原チャリで行っちゃいました。
場所は諏訪神社の境内。とは言っても本殿の場所からは300mほど離れた空き地(神社の管理地だそうです)にあります。すぐ横を大宮バイパス(地下)が通ります。高さ約4mで周りを高い樹木が覆います。ここも前回の上赤塚富士と同じで現在の新座市を発祥とする丸吉講が築造したもので、明治初期以前の築造とのことです。

さあ、一緒に登りましょう。

さて、下赤塚富士の山頂からはホンモノの富士山を見ることができます。ホンモノの富士山が見られる富士塚は珍しく、私も川口市の木曽呂富士と所沢市の荒幡富士でしか見たことがありません。
下の動画は2010年1月の下赤塚富士からのダイヤモンド富士です。

下赤塚富士の最寄駅は上赤塚富士と同じで東武東上線成増駅か地下鉄成増駅。
成増駅北口のバス停から[増17]高島平操車場行きに乗り、12番目の[大門竹の子公園]下車。少し戻って最初の信号を左折して大宮バイパスの側道沿いに200mほど歩くと左手に見えてきます。
同じ路線で高島平駅からも来ることができます。

◆関連記事
歩いていける富士山 その1-上赤塚富士-


| | Comments (0) | TrackBack (0)

«初めてのドローン・DOBBY その3 -フライトモード編-