2018.01.16

大人の科学 -活版印刷機-

オモシロ~イ!!

ワタシの顔じゃなくて、活版印刷機のことです。

ネットで学研の「大人の科学」の付録が卓上の小さな活版印刷機なのを見つけて、即座にアマゾンでポチッ。フォルムがいかにもな感じで懐かしいし、オブジェとしてもカッコイイ。

昔々、リースの営業をやっていました。ちょうどその頃、街の小さな印刷屋さんでも活版印刷機からオフセット印刷機へ切り替えていた時期でした。
印刷屋さんに行くと、まだまだ活版印刷機も現役のことが多く、棚に活字がずらりと並んでいました。職人さんが組版に手際よく仕上げるの見せて貰ったものです。

さてさて届いた小さな活版印刷機、プラスチック製で手順書に従って組立てると1時間ほどで完成。自他共に認める不器用なワタシでも迷うことなく組み立てられました。

ジャ~ン! 小さいながら活版印刷機です。
Photo

付属の活字もプラスチック製、活字組台に差し込んで組版の完成。
Photo_2

活字組版と名刺大の紙を本体にセット、インキローラーにインキを染み込ませてレバーをガッチャン!
Gif

アハ、ひと文字が横向いてますね。カスレもあるけど、これこそ活版印刷の魅力です。

Photo_3


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.01.11

アマゾンエコーが来た その2

ちょいとおバカさんです。

ワタシのことではなく、アマゾン・エコーのことです。

AIと会話を楽しむために購入してはいけません。はっきり言って会話はできません。
iOSのシリに何度も「愛しているよ」と言うと、たまに「他でも言ってるんでしょう」なんて洒落たことを言いますが、そんなことを期待してはいけません。
グーグル・アシスタントのように名前や生年月日も覚えてくれません。名前を知らないのだから会話は成り立ちませんよね。

また札幌の人口は?福岡の人口は?と聞くとそれぞれに答えますが、札幌と福岡の人口はどっちが多い?と聞くと「分かりません」になります。
日本で一番高い山?と聞くと「富士山で3776mです」と答えますが、二番目に高い山?には「分かりません」になります。答えは高村薫の「マークスの山」で有名な北岳なんですが。
概して1番目は言えるけど、2番目以降はサッパリです。

素で使える機能は、天気予報やタイマーを含む時間、今日のトピックとスケジュール管理です。スケジュールはGoogleスケジュールと連携ができ、スケジュールの確認および登録が声でできます。これは便利です。

使える機能を拡張するにはスマホのアプリみたいなスキルというものを有効にします。
スキルにはradikoやニュース、金融機関、鉄道関係の他に変ったものでは百人一首なんてものもあります。

スキルは全て無料で、ワタシが有効にしているものは、

 ・radiko
   関東のFM局を含むほとんどのラジオ局が聞けます。
   ただワタシはカープの試合中継を聞くため有料のエリアフリーにしてますが、
   エコーでは地域のラジオ局しかきけません。
 ・ニュース
   NHK、TBS、テレ朝、Yahoo!ニュースを有効にしています。
   ニュースを聞きたいというと順番にニュースが流れます。
   TBSニュースが聞きたいと指定することも可能。
 ・みずほ銀行
   みずほの口座の残高と直近5件の入出金明細が聞けます。
 ・ジョルダンライブ
   各鉄道の運行状況が聞けます。ただし時刻表は×
他にも何件か有効にしてますが、あまり実用的ではありません。

エコーで音楽を聴くためにAmazon MusicかドコモのDヒッツへの加入が前提になります。ワタシの場合はプライム会員なので100万曲と言われるAmazon Musicが無料で聞けます。
しかしエコー専用の音楽配信サービスAmazon Music Unlimitedが月額390円で利用可能とのことで早速加入しました。ジャズ、フォークなどのジャンルやアーティスト名、曲名で指定できます。対象が4000万曲とのことでかなりマニアックな曲もありました。バックグラウンドミュージックには最適です。

さらにさらに、テレビやエアコンなどの架電製品をエコーから操作できる家電コントローラーなるものを購入。
ラトックシステムのスマート家電コントローラーリモコンREX-WFIREX2(6380円)という製品です。
スマホに専用アプリをインストし、テレビやエアコン、証明の赤外線リモコンを学習させることでスマホおよびエコーからそれぞれの機器を操作できるようになります。
我が家のエアコン、テレビ、照明は10年以上前の製品ですがなんとか登録できました。

エコーに向かって「エコー、家電リモコンでエアコン(テレビ)をつけて」というとエアコンやテレビがつきます。温度調節、チャンネル変更なども声で操作可能でとっても便利です。

エコーの隣がスマート家電コントローラーリモコンREX-WFIREX2です。
Echo4

またエコーに関係なく、専用アプリが入っているスマホがあれば、外出先からもエアコンを操作できるのもグッドです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.01.06

ダイヤモンド富士2018

ガッカリ!!

今日は我が家からのダイヤモンド富士の日。
朝から快晴で期待していたのだが、元旦の荒川土手と同じく富士に雲がかかりダイヤ富士にならず。
次回の12月初旬に期待。気長に待ちましょう。

雲に隠れ再度見えたところが多分山頂?

2018dia


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.01.01

謹賀新年2018


あけまして

おめでとうございます。

今年も富士山、アニメーション、デジタルガジェット、キャンピングカーなど楽しいことを書いていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

今年最初のダイヤモンド富士です。
場所は自宅近くの荒川土手からです。富士山の左側に雲がかかっていたのと、カメラを据えた場所を少し間違えました。ちょっと間抜けなダイヤ富士になってしまいました。
6日(土)は我が家からのダイヤ富士。テルテルぼ~ず。テルぼ~ず!

Gif_fuji2018_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.12.30

アマゾン・エコーが来た

キィ~タァ~~!!

何が来たかって?
アマゾンのスマートスピーカーAmazon ECHOです。思えば11月8日の発表日に即座に申し込んだんだった。すると数週間の内に招待メールを送るとの返信メッセージ。

スマートスピーカーとは今流行りのAIを搭載したスピーカー。既に日本でもGoogleのGoogle HomeやLINEのクローバ(CLOVA)が発売されています。
エコーはアマゾンのAIのアレクサ(ALEXA、androidのグーグル・アシスタントやiOSのシリと同じ)を搭載し、ユーザーの質問(東京の人口は?)や命令(天気が知りたい、音楽をかけて)をスピーカー(女性の合成音)で応えるものです。

プライム会員だし、毎年結構な金額を購入している。直ぐに招待メールが来るだろうと思っていたのだが、待てど暮らせど一向に招待メールが来ない。さすがに温厚なワタシも怒髪天!(髪の毛ないけど)
何が数週間だ?こうなったらライバルのGoogle Homeを買ってやると思っていた矢先の26日に突然の招待メール。もちろん直ぐに購入手続き。すると翌日には届いた。

ワタジが購入したのは3種類あるうちの真ん中のエコー。定価11,980円のとこプライム会員は招待メールから4日以内に購入すれば4千円の値引きということで7,980円。高さ15cm、直径8.5cm、重さ約820gで思ったより小さい。

セットアップはAmazon Alexaというアプリをダウンロードし、エコーを電源に繋ぐと音声案内とスマホの画面に従って、15分ほどであっけなく完了。これでエコーを使えるようになった。

本体を包むカバーは3種類で我が家はサンドストーン。
Echo1

AIにはウェイクワードという起動用の言葉があって、グーグル・アシスタントはOk Google。アレクサはアレクサ・アマゾン・エコー・コンピューターの4種類から選択できて、我が家は一番短いエコーを選択。

エコーと呼びかけると、上部のリングが光って準備ができたことを知れせてくれます。これに続き質問や命令を言うと数秒後に応えてくれます。
分からない場合は「今は分かりません」「情報がありませんでした」などと答えます。2日ほど使った感想はグーグル・アシスタントの方がちょっぴり賢いかな。これから成長するそうなので期待しましょう。

割と小さな声でも反応し、活舌の悪いワタシでもかなり聞き取ってくれます。
Gif_echo

アマゾンエコーの利用に必要なものは、バッテリーを搭載していないので電源、通信するためのwifi環境、それとスマホです。
我が家の車はキャンピングカー仕様で家庭用の100V電源が使えるし、wiifiはモバイルルーターがある。
ということでエコーを車に持ち込んで試してみました。エコーを車のコンセントに繋ぎ、スマホでwifi接続をモバイルーターに切り替えると、いとも簡単に車の中で使えた。
車で遠出する時に持って行って、音楽を聞いたり、出先の観光スポットや温泉などの情報を知ることができるかも。楽しみ。

Echo2

詳しい使い方はまた後で。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.12.25

バーニー・フュークス展

大感激だった。

先日、東京の代官山ビルサイドフォーラムで開催中のバーニー・フュークス展を見てきた。
バーニー・フュークスは60年代から90年代に活躍した著名なアメリカのイラストレーター。特に80年代にスポーツ・イラストレイテッド誌に描いたスポーツイラストが有名。

高校生の頃、着飾ったカップルが派手な黄色のアメ車の横に立っているイラストを見て一目惚れ。まさにアメリカングラフティの世界だった。

高校のとき見たイラストとは違うが、こんな感じ。(イラストは全て画集から)
Bernie_fuchs03

その作者がバーニー・フュークスという名前だと知ったのは結構後だ。社会人になって大リーグに興味を持ち、アメリカのスポーツ誌をよく見ていた。そこでボストンのフェンフェイパークなどの球場を描いたイラストに魅了された。

レッドソックスの本拠地、フェンフェイパークのグリーンモンスター。
Bernie_fuchs01

ホワイトソックスの本拠地、コミスキーパーク。
Bernie_fuchs02

野球だけでなくゴルフを描いたイラストもそうだが、肝心のプレイヤーが小さく描かれているのが特徴。それなのにプレイヤーの緊張や観衆の歓喜があふれ出る不思議な絵なのです。

展覧会では車やスポーツ以外にも肖像画、絵本、風景画など初めて見る絵が多かった。特にイタリアを描いた風景画は印象派のような独特の絵でさらに好きになった。

今回の展覧会のポスター。
Bernie_fucks04

展覧会には阪神タイガースが82年にアリゾナでキャンプした時の絵があった。縦縞のユニフォームの背に背番号6や8が見えている。藤田平や後に横浜でスーパーカートリオになる加藤のようだ。何だか得したような気になった。
展覧会はこの後、全国各地で開催されるようです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.12.16

Windows10 Fall Creatos Update @Yoga Book

やっとできた!!

Windows10の4回目となる大型アップデートFall Creators Updateがマイクロソフトから提供開始されたのが10月17日。順次対応マシンを拡大していくとのこと。

我が愛機はLenoboのYoga Book。CPUがATOM、記憶容量も64Gの弱小マシンなので遅くなるだろうと思ってはいたが、1ヵ月以上経ってても何の通知もない。寛大なワタシもさすがに焦れてくる。

前回4月のアップデートの時は、ネット上でYoga Bookのアップデート成功の記事が結構出てた。でも今回は見つけられない。

ある日システム更新をポチッとすると、何かアップデートできそうなメッセージが。早速データをダウンロードしてインストールの段になると6時間以上経っても1%のまま。
数回試したが結果は同じ。しようがない弱小マシンだしなあ、と若干諦めモードに。

そして数日後、何とはなしに試してみると、あれれ?不思議。3時間ほどかかったが何の問題もなくアップデート完了。バージョンが1709になっていた。

Windows10

アップデート前19Gあった容量が6G程に。少し経つと「古いWindowsを削除しますか?」通知が出るように。もちろん「はい」を選択。直ぐには削除されず数日後にアップデート前の19Gに戻っていた。

今のところアップデートによる不具合はなし。ただ起動時に下のメッセージが表示されるようになった。いささか面倒だが、実用に支障ないので毎回「いいえ」をポチッ。

Win10

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.12.09

ダイヤモンド富士2017@成増

ガッカリなのである。

12月6日は板橋の我が家からのダイヤモンド富士の日だった。

それに合わせ、天気予報も確認し、この日に振替え休日を取った。朝起きると予報どおり快晴。

我が家からの朝の富士山。WOW !! 期待どおり
1512779762091.jpg

日中はウトウトしたりしながらグータラ過ごす。14時過ぎに富士山が見える屋上に上がると快晴で富士山も見えている。これはこれはとニンマリ。ここ数年期待はずれだったからなあ。

さてさて、16時14分のダイヤ富士に合わせて再度16時に屋上に上がると、あれれ?
周りは雲がないのに、眩しくてはっきりしないけど、富士山の周辺にだけ雲が。

結局富士山は見えず!! 今回もお預け。トホホ(;´д`)
Gif_diafuji_long3

次は1か月後の1月6日。ちょうど土曜日で仮病使わずに済む。次回期待。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.11.29

スマート・スピーカー

めっきり夫婦の会話が少なくなった。

別に不仲というわけでもない。まあ夫婦になって30年、そんなものかもしれない。子供やペットがいれば少し違うのかもしれないが、どちらもいない。
それにワタシが生きものが苦手ときている。そこでソニーのaiboでも買おうかと提案したら、ヨメサンに即却下された。何すんの?

そこでヨメサンとの会話の代わりに目をつけたのが、スマート・スピーカーというわけ。iOSのsiriやAndroidのGoogleアシスタントのようなAI搭載のスピーカーですね。

既に日本でもグーグルのGoogle HomeやラインのClova WAVEが発売中。そして11月15日にアマゾンのAmazon Echoが発売された。
天気やニュース、電車の時刻を聞いたり、ラジオや音楽も要求したものが聞ける。対応製品なら家電製品のオンオフや明るさ、ボリュームの調整もできるらしい。

3種類あるうちの標準タイプ11,980円
1512003919046.jpg

アマゾンのプライム会員だし、プライム会員だと値引き(標準タイプの場合4千円?)があるとのこと。ただこのEchoは購入が招待制ということで、事前に購入のリクエストが必要とのこと。早速、発表のあった11月8日にリクエストを送った。

1511938015941.jpg

すると上記のメールが直ぐに届いた。
でもそれっきり。ネットでは発売直後から届いたという記事を見かけるが、多くの人はワタシと同じ待ちぼうけのようだ。

いつ届くんだ!アマゾンさん。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.11.23

スマート・キーボード

指が太いのだ。

しかも手先が不器用ときている。したがってスマホの文字入力は遅い!
電車で隣に座ったお姉さんがキビキビと入力しているのを見るとうらやましい。

昔のPDA(Pearsonal Digital Assistant)はキーボード内蔵型が多く好きだった。特に永年愛用したのがシャープのW-ZERO3シリーズ。通話はもちろんPHSによるデータ通信もできた。

でもそれも今は昔、iPhone登場以来スマホの入力は指先で。昔は良かったなんて言ってもいられない。
それで以前から我が家にはBluetooth対応のモバイル用キーボードがいっぱい。でもそれぞれの機種で携帯性や操作性で一長一短。

そして今回見つけたのが、これ。Woorin Wekey Pocket Keyboad PN301。(5780円)

暑さ6mm、オープン時は3mm。重さ95g。薄くて軽い
1511418627423.jpg

1511418629813.jpg

開くと自動的に電源オンに
1511418628704.jpg

長さ260mm、幅86mm
1511418632004.jpg

Bluetoothマウスも繋げばカフェが書斎に
1511418630831.jpg

軽くて薄いのでカバンに入れて持ち歩いている。上の写真のようにマウスも繋げば、カフェでこのブログの記事の編集も軽快にできる。
ただ薄いのでキーストロークがなく、少し強めにキーを打たないと反応しない。またマニュアルでは日英の入力の切替えがCtrl+Spaceキーとなっていたが、実際はAlt+Spaceキーだった。
日英の入力切替えはメモアプリなどでは問題なくできるが、モバイル・エクセルでは何故か上手くいかず、ソフトキーボードで切替えしなければならなかった。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«名作パロディ劇場 -シェーン編-