2017.12.16

Windows10 Fall Creatos Update @Yoga Book

やっとできた!!

Windows10の4回目となる大型アップデートFall Creators Updateがマイクロソフトから提供開始されたのが10月17日。順次対応マシンを拡大していくとのこと。

我が愛機はLenoboのYoga Book。CPUがATOM、記憶容量も64Gの弱小マシンなので遅くなるだろうと思ってはいたが、1ヵ月以上経ってても何の通知もない。寛大なワタシもさすがに焦れてくる。

前回4月のアップデートの時は、ネット上でYoga Bookのアップデート成功の記事が結構出てた。でも今回は見つけられない。

ある日システム更新をポチッとすると、何かアップデートできそうなメッセージが。早速データをダウンロードしてインストールの段になると6時間以上経っても1%のまま。
数回試したが結果は同じ。しようがない弱小マシンだしなあ、と若干諦めモードに。

そして数日後、何とはなしに試してみると、あれれ?不思議。3時間ほどかかったが何の問題もなくアップデート完了。バージョンが1709になっていた。

Windows10

アップデート前19Gあった容量が6G程に。少し経つと「古いWindowsを削除しますか?」通知が出るように。もちろん「はい」を選択。直ぐには削除されず数日後にアップデート前の19Gに戻っていた。

今のところアップデートによる不具合はなし。ただ起動時に下のメッセージが表示されるようになった。いささか面倒だが、実用に支障ないので毎回「いいえ」をポチッ。

Win10

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.12.09

ダイヤモンド富士2017@成増

ガッカリなのである。

12月6日は板橋の我が家からのダイヤモンド富士の日だった。

それに合わせ、天気予報も確認し、この日に振替え休日を取った。朝起きると予報どおり快晴。

我が家からの朝の富士山。WOW !! 期待どおり
1512779762091.jpg

日中はウトウトしたりしながらグータラ過ごす。14時過ぎに富士山が見える屋上に上がると快晴で富士山も見えている。これはこれはとニンマリ。ここ数年期待はずれだったからなあ。

さてさて、16時14分のダイヤ富士に合わせて再度16時に屋上に上がると、あれれ?
周りは雲がないのに、眩しくてはっきりしないけど、富士山の周辺にだけ雲が。

結局富士山は見えず!! 今回もお預け。トホホ(;´д`)
Gif_diafuji_long3

次は1か月後の1月6日。ちょうど土曜日で仮病使わずに済む。次回期待。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.11.29

スマート・スピーカー

めっきり夫婦の会話が少なくなった。

別に不仲というわけでもない。まあ夫婦になって30年、そんなものかもしれない。子供やペットがいれば少し違うのかもしれないが、どちらもいない。
それにワタシが生きものが苦手ときている。そこでソニーのaiboでも買おうかと提案したら、ヨメサンに即却下された。何すんの?

そこでヨメサンとの会話の代わりに目をつけたのが、スマート・スピーカーというわけ。iOSのsiriやAndroidのGoogleアシスタントのようなAI搭載のスピーカーですね。

既に日本でもグーグルのGoogle HomeやラインのClova WAVEが発売中。そして11月15日にアマゾンのAmazon Echoが発売された。
天気やニュース、電車の時刻を聞いたり、ラジオや音楽も要求したものが聞ける。対応製品なら家電製品のオンオフや明るさ、ボリュームの調整もできるらしい。

3種類あるうちの標準タイプ11,980円
1512003919046.jpg

アマゾンのプライム会員だし、プライム会員だと値引き(標準タイプの場合4千円?)があるとのこと。ただこのEchoは購入が招待制ということで、事前に購入のリクエストが必要とのこと。早速、発表のあった11月8日にリクエストを送った。

1511938015941.jpg

すると上記のメールが直ぐに届いた。
でもそれっきり。ネットでは発売直後から届いたという記事を見かけるが、多くの人はワタシと同じ待ちぼうけのようだ。

いつ届くんだ!アマゾンさん。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.11.23

スマート・キーボード

指が太いのだ。

しかも手先が不器用ときている。したがってスマホの文字入力は遅い!
電車で隣に座ったお姉さんがキビキビと入力しているのを見るとうらやましい。

昔のPDA(Pearsonal Digital Assistant)はキーボード内蔵型が多く好きだった。特に永年愛用したのがシャープのW-ZERO3シリーズ。通話はもちろんPHSによるデータ通信もできた。

でもそれも今は昔、iPhone登場以来スマホの入力は指先で。昔は良かったなんて言ってもいられない。
それで以前から我が家にはBluetooth対応のモバイル用キーボードがいっぱい。でもそれぞれの機種で携帯性や操作性で一長一短。

そして今回見つけたのが、これ。Woorin Wekey Pocket Keyboad PN301。(5780円)

暑さ6mm、オープン時は3mm。重さ95g。薄くて軽い
1511418627423.jpg

1511418629813.jpg

開くと自動的に電源オンに
1511418628704.jpg

長さ260mm、幅86mm
1511418632004.jpg

Bluetoothマウスも繋げばカフェが書斎に
1511418630831.jpg

軽くて薄いのでカバンに入れて持ち歩いている。上の写真のようにマウスも繋げば、カフェでこのブログの記事の編集も軽快にできる。
ただ薄いのでキーストロークがなく、少し強めにキーを打たないと反応しない。またマニュアルでは日英の入力の切替えがCtrl+Spaceキーとなっていたが、実際はAlt+Spaceキーだった。
日英の入力切替えはメモアプリなどでは問題なくできるが、モバイル・エクセルでは何故か上手くいかず、ソフトキーボードで切替えしなければならなかった。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.11.16

名作パロディ劇場 -シェーン編-

プロ野球の日本シリーズも終わり夜が暇なのだ。
レギュラーシーズン中は毎夜カープの試合を見ていた。それが終わり夜が暇。
テレビも見るのは「ブラタモリ」と「サラメシ」ぐらい。暇を持て余している。
人間暇だとろくなことしか考えない。いわゆる妄想だ。
宝クジ7億円に当たったらどーしよう?とか、オイラがアイアンマンだったら?とか。
映画シェーンのラストで遥かなる山の呼び声と共にワイオミングの荒野の彼方に去っていったアラン・ラッドが戻って来たら?とか。

Gif_480

さらに妄想は続く............
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.11.07

3連休

先週末は3連休だった。
現役時代はいきなり仕事に呼び出されることもあったが、今はそんな心配もない。
秋真っ盛り、しかも3連休ってことで、どこも混雑するだろうと何の予定も立ててなかった。

初日の朝起きるとどこの高速も大渋滞とのこと。ほらね。でも天気がいいからと午後から川越にあるファミマへコーヒー飲みに。ここのファミマ、目の前が広大な田んぼで、奥秩父から奥多摩、南は丹沢の山々までの大パノラマ。もちろん富士山も正面にきれいに見える。条件が良ければ浅間山も。お気に入りの場所でちょくちょく来ます。ファミマのカフェラテも大好きだし。

あれれ?入間基地で航空ショー?
Autumn1


2日目も予報に反して天気がいい。で、どっか温泉行こうかということで。佐久のあさしな温泉穂の香乃湯(500円)へ。
自宅を9時過ぎに出て、関越が少し混んだものの12時過ぎに到着。今まで2,3回行ってるけど、広い露天もあって景色もいいのに、何故か混んでなくてゆっくりできる。今回も露天をほぼひとり占め。ノンビリできました。

あさしな温泉穂の香乃湯
Autumn2

広い露天風呂からは浅間山も望めます
Autumn3

入り口はドウダンツツジが真っ赤に紅葉
Autumn4

途中で見つけた今年できた道の駅ヘルシーテラス佐久南
Autumn5

駐車場からは浅間山や高峰山などが目の前
Autumn6

売り場は地元の新鮮野菜がいっぱい
Autumn7

帰りも関越が少し混んだものの17時に自宅に帰りつきました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.10.28

お楽しみはこれからだ

和田誠さんのファンになったのは、映画の名セリフを集めた「お楽しみはこれからだ」を読んだのがキッカケ。

高校時代から映画が好きで、授業をサボってはよく鹿児島の騎射場にあった名画座に通っていた。愛読書はスクリーン、ロードショウ、キネマ旬報の映画専門誌。購入していたのではなく貸本屋で借りて読んでました。

「お楽しみはこれからだ」はキネマ旬報に連載されていて、毎週楽しみにしていた。最終的には7冊まで出た。
文章は勿論だがあの簡潔な線で本人より似ている?イラストに魅了された。その影響でドロン、マックイーン、ブロンソンなんて映画俳優の似顔絵ばかり描いていた。ヘタクソな絵だったが、友人たちにウマイなんて言われ調子に乗ってました。生来お調子ものなんです。

また大学時代は女の子のデートでこの本のセリフをよく使わせてもらった。で効果は?
「サメちゃんには似合わない」とほぼ不発に終わった。
お楽しみはこれからだ、とはいかなかった。(;´д`)トホホ

自分の名前で「お楽しみはこれからだ」
Gif_480

やっぱりボガードに続いてモンローも購入
Monroe

モンローの映画では「帰らざる河」が好きかな。
♪ノーリターン、ノーリターン♪

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.10.21

霧島山

PLOTAGRAPH用の写真を探していたら、6年前に母親の米寿の記念に家族で台湾旅行した際に、台湾へ行く飛行機の中から霧島を写した写真を見つけた。
ところで母親と飛行機と言えば思い出すことが。ワタシが小学生の時、東京からの帰りに初めて飛行機に乗った母親。帰ってきた母親に初めての飛行機の感想を聞くと、紀伊半島が地図と同じだった!
でもそれはまた別の話ですね。

ポッカリ穴の空いた火口が複数並んだ写真で、月面のクレーターの様でなかなかに面白い。
火口付近が白くなっているのが、最近また噴火した新燃岳ですね。

Kirisima1

まあ地形図や山の形から大体の山の名前は分かるが、一応毎回山座同定でお世話になっているカシミール3Dで確認。高度9000Mで描画。さすがカシミール3D、上の写真とピッタリです。
Kirisima2

一番個性的な山容の高千穂峰(1574m)。
Kirisima3

高千穂峰には2度登っています。小学校の修学旅行の時と高校3年の時。
高校3年の時は仲のいい友人たち10数名と大学合格祈願&初日の出登山。大晦日の夜、鹿児島市内の繁華街の天文館に集合。たまり場だった喫茶店で盛り上がり、そのままバスで霧島に向かい、真っ暗な中で登山開始。
ヘッドランプなんて洒落たものはなくて、家の懐中電灯で足元を照らしながら登る。着ているものも普段着で寒かったこと!手袋代わりの軍手の先が凍ってしまった。
山頂から見る初日のではまあまあ感動ものだったのだが、ワタシを含めほとんどの友人が第1志望に落ちた。天孫降臨のご利益はなかったのだ!

多分、鹿児島空港。滑走路が1本?
Kirisima4

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.10.17

和田誠と日本のイラストレーション展

昔から憧れの人は手塚治虫さんと和田誠さん。

おふたり関連の書籍やDVD、フィギアなどグッズもたくさん持っている。和田さんには著書にサインもしてもらった。My宝ものなのだ。
おふたりの映画も全て観てるし、手塚さんの「おんぼろフィルム」や和田さんの「殺人Muder」などの短編アニメーションも全て観ている。多分。特に手塚さんの「ジャンピング」と和田さんの「怪盗ジゴマ音楽篇」は大好き!

おふたりに共通するのはやわらかな曲線と簡素にして的確なフォルム。だから手塚さんが時代の波にのまれ?絵が劇画調になった時はショックを受けた。

今、たぼこと塩の博物館で「和田誠と日本のイラストレーション展」を開催中(10/22まで)。
先日大雨の中出かけてきた。この博物館には和田さんファンの学芸員でもいるのか、たびたび和田さん関連の企画展を開催する。今回は新聞でヨメさんが見つけてくれた。さすがヨメ、ダンナの好みを承知している。ヨイショ。

和田さんと横尾忠則さんら友人達の60年代からのイラストレーションの歴史の展示。和田さんのイラスト制作中のビデオもあって非常に興味深い展示でした。
Wadamakoto1

渋谷から墨田区に引越ししてた。目の前にスカイツリー。
Wadamakoto5

入口の前には和田さんが担当する週刊文春の表紙が壁一面に。
Wadamakoto6

お客さんは同年齢が多かったが、結構若い女性もいた。
Wadamakoto7

売店で、和田さんの木版画を売っていた。ボガード、チャップリン、ルイ・アームストロング、モンローなど5人のイラスト。ちょいと高額だったので、迷いに迷ってボガードを購入。モンローも欲しかったなあ。
Wadamakoto2

Here's looking at you , Kid.

君の瞳に乾杯! ボギー、カッコ良すぎ!!

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.10.14

三夕の歌 -さんせきのうた-

秋口の今頃になると思い出すことがある。

Kyoto2

ひとつは、小林亜星作曲の♪モクセイの花咲く頃はふるさとのこと思いだす~♪で始まる日生のCM。秋になると必ずこのCMが流れた。♪日生のオバチャン自転車で笑顔を運ぶふるさとよ♪日本各地の町を日生のオバチャンが自転車に乗って駆けめぐる。またこのオバチャンがふっくらと優しげでいかにもという方だった。今でもモクセイの香が漂うと必ずこの曲を思いだす。

もうひとつが三夕の歌(さんせきのうた)。三夕の歌とは、

  こころなき身にも あはれは知られけり
               鴫立つ沢の 秋の夕暮れ(西行法師)
  さびしさは その色としもなかりけり
               槙立つ山の 秋の夕暮れ(寂蓮法師)
  見渡せば 花も紅葉もなかりけり
               浦の苫屋の 秋の夕暮れ(藤原定家)

新古今和歌集にある結びが「秋の夕暮れ」で終わる和歌のことです。

高1の古典の授業で、サコー先生が「三夕の歌を誰か知っとるか?」とのた申うた。
教室シーン。そこにワタシが恐る恐る手を挙げると、サコー先生が意外な顔に。
そりゃそうだろー、東大をも目指そうという生徒がいるクラスで、成績なら後から数えた方が早いワタシが手を挙げたのだから。
でもすらすら3つの歌をワタシが答えると、教室中が拍手喝采!たまにはサメちゃんもやるじゃん。グッ、ジョブ!

何故、三夕の歌を知っていたのか。それは中学校の校長先生のおかげ。
ユニークな校長先生で、教科の先生が休みで自習になったりすると、フラリと教室にやって来て古典や映画の話をしてくれた。それがとても面白くて楽しみにしていた。三夕の歌もこの校長先生から教えてもらった。

山路来てなにやらゆかしすみれ草(芭蕉)はなんとなく分かるが、骨拾う人に親しき菫かな(蕪村)は中学生相手にどんな話したんだろう。残念ながら思い出せない。東大を目指さなかったわけだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«動く絵 その2